記事翻訳

PYH2018051618200006300_P4
溶接中に爆発事故が起きた韓電原子力燃料の建物内部
16日、溶接作業中に爆発事故が発生した大田儒城区の韓電原子力燃料で警察関係者が建物内部を調べている。この日の事故で怪我をした作業員6人は病院に運ばれて治療を受けている。


AKR20180516129253063_10_i
爆発事故の鑑識
16日、爆発事故が起きた大田儒城区の韓電原子力燃料で国立科学捜査研究院の関係者らが現場を調べている。


原子力燃料を生産する施設で爆発事故が起きて、作業員など6人が重軽傷を負った。

16日午後2時22分頃、大田儒城区の韓電原子力燃料の部品棟1階にあるレーザー溶接室で集塵(ほこり・ガスを集める施設)設備を増設する際に爆発事故が発生した。

この事故でA氏が両手などに2度のヤケドをするなど、6人が怪我をして病院に搬送された。このうち3人は重傷に分類された。

爆発後、火災に繋がらなかったことが把握された。

AKR20180516129253063_08_i
爆発事故が発生した韓国電力原子力燃料
16日午後、集塵機爆発事故が発生した大田儒城区の韓電原子力燃料で関係者が取材陣の接近を統制している。


爆発は集塵装置を増設する過程で作業員が配管を切断して発生した。

爆発が起きた集塵装置は溶接作業後に生じる『ヒューム(※Fume・有毒ガス)』を集める場所だ。

増設のためにグラインダーで配管を切断したところ火の粉が飛んで、この火の粉が配管の中にあったヒュームと反応して爆発したことが把握された。

韓電原子力燃料関係者は「溶接する際に発生するガスなどを集めて保存する場所に送る管があるが、その管を切断する作業中に爆発事故が起きた」として「溶接をする際に引火物質である『ヒューム』'が発生するが、これに火花が飛んで爆発したことが把握された」と説明した。

この関係者は続いて「爆発が起きた場所は原子力燃料であるウランなど、放射性物質とは関連が無い施設」としながら、「事故直後に放射能の測定をしたが、自然放射能の数値と確認された」と付け加えた。

大田消防本部も事故直後に放射能の数値を測定した結果100nSv/hと出て、正常な水準であることを確認した。

韓電原子力燃料は軽水炉及び重水炉用の原子力燃料を生産している。

AKR20180516129253063_06_i
韓電原子力燃料の全景


警察関係者は「国立科学捜査研究院などと共に1次鑑識を終えて、近い内に追加鑑識を進行して事故の原因を明らかにするつもりだ」としながら「原因を確認次第、過失の可否も調査する方針」と話した。


大田消防本部も事故直後に放射能の数値を測定した結果100nSv/hと出て、正常な水準であることを確認した。

放射能(ベクレル)と放射線(シーベルト)がごっちゃになっているのが少し気になる。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

高校生からわかる原子力 (集英社文庫(日本)) [ 池上 彰 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2018/5/23時点)