記事翻訳

20180516000387_0

自分の町内に障害者学校が建てられるのに反対するデモを行う住民たちを記憶しているでしょうか。典型的なニンビー(※NIMBY・迷惑施設)現象です。海の向こうのアメリカでも韓国式ニンビーをして現地の地域社会で反発を招いています。

米LAコリアタウンの住民たちは地域メディアでコリアタウンの中心に24時間運営するホームレスシェルターが建てられるという報道を見て、大規模な反対デモをしました。

アメリカはホームレス問題に頭を痛めています。特にLAでは最近コリアタウンにホームレスが集中して、僑民たちが通りで脅威を感じるほどに問題が深刻であると言います。このような中でホームレスシェルター建設のニュースまで聞こえると僑民たちが実力行使に乗り出したのです。

地域のコリアン団体と僑民たちはオンライン請願サイトに反対文を上げて、通りで大規模プラカードデモに乗り出しました。

このようなコリアンの姿が米社会で良くなく映って見えるようです。現地の市民団体を中心とした市民たちがコリアタウンの通りでホームレスも人間というプラカードを持って、コリアンに対して抗議デモに乗り出しました。

「女性ホームレスは貴方の母・娘のように安全になる資格は無いのか」、「コリアタウンは忘れたのか?ホームレスも人間だという事実を」、「女性ホームレスの大多数が家庭暴力の犠牲者だ」などの文が書かれたプラカードを持ってサイレントデモを続けています。



「忘れたのか?ホームレスが人間だという事実を」

女性ホームレスシェルター設立に反対する米LAのコリアタウンが現地で袋叩きに遭っている。

去る2日、LAタイムズなど現地メディアは「LAコリアタウンの中心に24時間ホームレスシェルター(emergency homeless shelter)が建てられる」と報道した。

報道以降、コリアン団体と住民たちはホームレスシェルターが教育上子どもたちに良くないと大規模反対デモをした。

20180515182431196235_6_710_359

オンライン請願サイト(www.change.org)には『LAコリアタウン内のホームレスシェルター建設計画に反対する」という文が上げられたりもした。

請願者は「コリアタウンの中心部にホームレスシェルターを設置することがホームレス問題に対する最上の解決策にはならない。その上にエリック・ガルセッティLA市長は住民の意見収斂の過程無しに建立を独断的に決定した」と明らかにした。この請願は15日午後5時現在8,608人(1万人目標)が署名した。

このようなコリアンの動きは米社会の反発に直面した。

アメリカ人はホームレスシェルター設立に反対するコリアンに対して対抗デモをしている。

対抗デモを主導する団体は、女性ホームレスシェルター用意のために活動するハッシュタグ・シーダズ(#Shedoes)。

この団体は去る14日、老若男女が参加した中でコリアタウンの通りでプラカードを持ってサイレントデモをした。

20180515182652115211_6_710_473

プラカードには「女性ホームレスは貴方の母・娘のように安全になる資格は無いのか」、「コリアタウンは忘れたのか?ホームレスも人間だという事実を」、「女性ホームレスの大多数が家庭暴力の犠牲者だ」などの文が書かれていた。

この団体の関係者は「去る2月23日、女性ホームレスのアディがコリアタウンの通りで低体温症で死亡した。3日後、私たちはアディのためにロウソク追悼式を開いた」として「このような悲劇が再び起きないように女性ホームレスシェルター設立を求める運動を続けて行く」と明らかにした。

この団体が女性ホームレスに集中する理由は、男性ホームレスシェルターに比べて女性ホームレスシェルターが非常に不足なためだ。

関係者は「女性ホームレスは(性)暴力のような危険に慢性的に露出している」とした。LAのある女性ホームレスは「(路上での生活は)悪夢だ。決して終わらない映画のようだ」と首を振った。

LAホームレス管理局(LAHSA)が2017年に発刊した報告書によれば、LA全体のホームレスの数は57,150人(男39,268、女17,882人)だ。女性ホームレスの比率は31%に達するが、女性に割り当てられたホームレスシェルターのベッドの比率は17%(3,371個中586個)に過ぎない。


海の向こうアメリカでも韓国式ニンビーをして現地の地域社会で反発を招いています。

これはもうロウソクデモするしかないんじゃない?
あとは青瓦台に請願すれば、ムンがなんとかしてくれるよ。
NIMBY(ニンビー)とは、英語: “Not In My Back Yard”(我が家の裏には御免)の略語で、「施設の必要性は認めるが、自らの居住地域には建てないでくれ」と主張する住民たちや、その態度を指す言葉である。 日本語では、これらの施設について「忌避施設」「迷惑施設」 「嫌悪施設」などと呼称される。


日本語版

詳しくはレコードチャイナ【米ロサンゼルスのコリアンタウンがバッシングの的に、その理由は?=韓国ネットからは擁護の声も


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルポ貧困大国アメリカ (岩波新書) [ 堤未果 ]
価格:799円(税込、送料無料) (2018/5/23時点)