aamall

2022年11月24日

後半に戦術変更が当たった

日本2:1ドイツ。

サッカーは何が起こるか分からない。

前半、日本は防戦一方だった。
でも、PKの1失点のみでハーフタイムを迎えた。

正直、このゲームは、0-3、0-4ぐらいを覚悟した。

後半になると、「おやっ」と思った。

冨安が後半頭からピッチに出ると、FW陣がずいぶん前に出るようになった。

いわゆる、ハイプレスと言うやつだ。

ドイツゴール近くで積極的にボールを奪いに行くようになった。

この作戦は、プレスをかけるFW陣の背後にドイツ守備陣がうまくパスを通したら、たちまち日本はピンチになる。

結果的には、このハイプレスは成功した。

後半途中に投入されたFW2名が、得点を挙げ、勝利。

成功と失敗は紙一重。

祝、勝利。

ttt00689 at 12:48│Comments(0) サッカー | 政治経済

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Archives
麻衣コミュニケーション
RSS