パチスロで最高のパフォーマンスを!

勝利に徹しつつも熱く打ったパチスロ、日本一周、株式投資、小説、世界一周

休み〜

一週間ぶりの金曜OFF。金曜の休みが自分にはしっくりきている気がする。家人は体調不良をものともせず出勤していく。外の顔と内の顔を誰でも持っているのだろう。

世界遺産マイスター

昨年受験した世界遺産検定のマイスター試験、今回は郵送で届く前にネットで合否を確認することが出来た。

結果は・・・

☆「合格」☆

無事にマイスターになれました。

ネットで確認した数日後、不自然に分厚い封筒が届く。認定証とピンバッジが同封されていました。
image
採点結果は明らかにされないようなので、点数が解らないのが残念ではある。もうがむしゃらに勉強することもないと思うと、少し寂しくもあるが今後は余裕を持って世界遺産に関する知識を深め、そして伝えていきたいと思う。

現実、欲求、価値

不覚にもちょっとうるうるとしてしまった一冊。
「成果とは百発百中のことではない。百発百中は曲芸である」
「まちがいや失敗をしない者を信用してはならないということである。それは、見せかけか、無難なこと、下らないことにしか手をつけない者である。成果とは打率である」(175P)

Ai

新年会という名目で友人たちと飲む。案の定飲み過ぎる。千鳥足だった。最後の別れ際に、「そこそこよいお年を」って言っていたような気がする。酔っ払い過ぎだ。

皆で酒量が少なくなったという話をしていたのだが、その状態を友人のガンド君の父上曰く、
「もうあいがない」ということだ。

「あい」とは何だ?という話になったのだが、
私の見解では「あい」とは「合間(あいま)」のことではないだろうか?
「合がない」タイムリミット間近というようなことなのではないだろうか。
もう時は少ないのかも知れない。

ebiT

年末に健康診断に行く。血圧を測るときに、何故かパーカーを脱いでTシャツ1枚になれと言われる。バーンと脱いだ私のTシャツの前面には友人のマストメ君がエビを食べて唇を腫らしたときの絵がプリントされている。そして背面には
「お前、王者か!お前、王者か!お前、王者か!」と言う意味不明な台詞が書かれている。友人に買わされたオリジナルTシャツである。健康診断にこんな謎のTシャツを着てくるなんて、致命的迂闊だった。

ヴーヴ・クリコ

image
年末に贅沢。

『本棚にもルールがある』

もともと一つ本棚が欲しいと思っていたのだが、もう一つ、合計二つ欲しくなってしまった。

四天王寺〜安居神社

電車で移動し四天王寺へ向かう。四天王寺は聖徳太子建立の日本仏法最初の官寺であり、宗派にこだわらない和宗総本山である。伽藍の西側にある石の鳥居は日本三鳥居の一つに数えられている。
CIMG6242
あとの二つは金峯山寺の銅の鳥居(かねのとりい)と厳島神社の大鳥居である。
CIMG6035
CIMG2576
四天王寺は「四天王寺式伽藍配置」という南から五重塔、金堂、講堂が直線上に並ぶ伽藍配置である。法隆寺西院伽藍の前身である若草伽藍もこの伽藍配置であったことが解っている。
CIMG6254
奥にマンションらしきものまで一直線に並んでいるがこれはこれで良いのかも知れない。中心伽藍は1945年の大空襲で焼失したため鉄筋コンクリート造りでの再建である。ただ伽藍配置や建築様式は飛鳥時代の創建当時の姿を再現したものである。この日は寒さのためこれで退散する。次回は空襲での焼失を免れた幾つかの境内の重要文化財をゆっくりと周ろうと思ったのである。

徒歩で安居神社という所へ向かう。ここは真田幸村の最後の地である。そして我々の大阪ツアー最後の地となった。
CIMG6271
CIMG6273
大阪駅付近に戻り遅めの昼食を食べ、世界のビール博物館という店へ。ビールで時間をつぶし、高速バスで帰宅する。



ジャパニーズビジネスマンはグリコを食べて育ったんだ

ホテルへ戻り、夕食へ。家人が既に出発前に予約していた「酒菜や いしもん」という居酒屋へ。旨い日本酒と刺身などを頂く。そしてこの日も早々に就寝したのだった。大阪最終日となる翌日、朝食は出勤のビジネスマンの群れに逆走しパン屋併設のカフェへ。地面に矢印が引いてあるわけでもないのに大阪人は駅のコンコースなどを左側通行で歩く。暗黙の了解なのだろうか。対面する人を避けるにも本来は車同様に左側に避けるのが正しいようで、大阪人は洗練された都会人だと感じた。

朝食後は家人の希望で道頓堀へ。朝の早めの時間だったのとあいにくの雨と寒さで歩く人もまばら。グリコのネオンサインがやたらと綺麗になっていると思ったら、今年の10月にリニューアルされた6代目なのだそうだ。多分私の記憶の中の古くさいのは4代目のものなのだろう。
image

ディープ大阪

家人と合流し結局は大阪城へは行かないことになり、ねぎ焼きを食する。ねぎ焼きを食べていると軽くデジャヴを感じたのだが、おそらく有名な店だったので本当に以前に仕事で来たときに訪れた店なのだろうと思う。ねぎ焼き発祥の店「やまもと」という店である。とりあえずビールを飲みたくなるが我慢しておく。確か前回は斜向かいの席で飲んでいたはずだ。

その後は家人の要望で通天閣へ。通天閣は電波塔とかではなくただの展望塔で、観光収入がメインなのだろう。展望フロアへ行くにも、そこから出るにもお土産コーナーを通らざるを得ないようなルート構成となっている。実は通天閣も登録有形文化財に登録されている建造物である。帰宅してから作った公式パンフレットを兼ねたペーパークラフトである。
image

通天閣やジャンジャン横丁のある新世界は観光客が思うディープな大阪といった雰囲気である。そこからあべのハルカスを目指し歩く。都市計画道路をはさんだ新世界の反対側には大きな質屋の看板が幾つか立ち、いかにも古めかしい町並みである。かつての飛田遊郭やあいりん地区などがある所である。そこから目と鼻の先にまさに天を突くかのような高層の複合商業施設がそびえ立つ。この雑多な同居感が大阪の凄いところだと、特に用も無く訪れたので、他に行くあてもなく入ったあべのハルカスのコーヒーショップで一服しながら思ったのだった。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 世界遺産マイスター
  • ヴーヴ・クリコ
  • 四天王寺〜安居神社
  • 四天王寺〜安居神社
  • 四天王寺〜安居神社
  • 四天王寺〜安居神社
最新コメント
マクロミルへ登録

  • ライブドアブログ