世界遺産マイスターとして最高のパフォーマンスを!

世界遺産マイスターとして何らかの活動を行っています。かつては『パチスロで最高のパフォーマンスを!』目指していました。勝利に徹しつつも熱く打ったパチスロの記録と小説、2006年の日本一周の記録、継続しつつも成果の全く出ない株式投資の記憶、そして目指すべき世界一周への思い、読んだ本や見た映画、飲んだ酒などの雑多な記憶。半島や岬の先端と灯台の記憶も忘れ難い。

渡航、電源、電圧

5年ぶりに海外に行くことになったので準備を始める。まずは電源の確保から。5年前も調べた気がするのだが忘れていたので、いろいろ調べてみる。国によってコンセントの形が違うのだが、5年前に購入していた全世界対応の変換プラグがあったのでこれば問題なし。

あとは電圧が国によって違うので変圧器が必要とガイドブックに書いてあったのだが、5年前はそんなもの持って行っていなかったのでどうだっただろうかとさらに調べてみる。ノートPCやスマートフォン、デジタルカメラなどは電源部の記載や説明書で調べてみるとAC100-240Vとなっている。これは100〜240Vに対応しているユニバーサル仕様ということだった。周波数も日本国内では東西でうどんの出汁の如く50/60Hzと分かれているので日本製の家電なら世界中で周波数も問題がないようだ。

あやうく3000円〜4000円もする変圧器を買ってしまう所だったのだが、家人のドライヤーを調べてみるとAC100Vという表示になっている。これは100Vにしか対応していない製品なので変圧器が必要となる。家人はドライヤーを持参すると言っているのでやはり変圧器が必要かと購入しそうになったのだが、コンパクトな4000円弱の変圧器は35W(ワット)くらいまでしか対応していないことが分かる。ちなみに家人のドライヤーのW(ワット)数は1200W!!だった。このワット数に対応した変圧器となるとかなり高価なものになり、私の予測では筐体も大きなものとなると見込まれたので変圧器の購入は止めて、100〜240Vに対応しているユニバーサルドライヤーを購入することに決めたのだった。

一旦は購入を検討していたUSB充電ポート付きの変圧器だが、120Vの国でワット数の最大が75W、230Vの国で35Wという説明だった。確かワット数は電圧(V)×電流(A)と学生の時に習った気がするのだが、国によっては電流も違うということなのだろうか?これを深く考え続けると、とある天才の友人のように半日は思考を続けることになるのでこの辺りでやめておく。電圧という話なら私のスロ師匠の北西さんは、電圧の高い日はよく当たるとか言っていたような気がする。雨の日は電圧の関係で連チャンがとか言っていたような気もする。オカルト好きな師匠を持った時点で私のパチスロ人生は既に終わっていたのかも知れない。

アルゼ?いやユニバ

自宅のインターネット回線はGMOのWiMAXを利用していたのだが、2年間の縛り期間が終わったのと、WiMAX2+への緩やかな移行に伴う現状のWiMAX 減速の通達に苛立ちを覚えたため、WiMAXは解約した。WiMAXのモバイルルータを持ち歩くことでほぼWiFi端末となっていたスマートフォンを屋外でも普通に使うことが出来ていたのだが、外出時にモバイルルータを持ち出したりすることや、モバイルルータを持っていない時にコンビニに行く度にコンビニのWiFiに接続するという手間が煩わしくなってきたことも理由の一つである。スマートフォンの方はMVNOへ移籍ということで円満に解決したので、自宅の方は完全固定回線で検討する。

キャンペーンや2年間利用時の最安料金など検討した結果、auひかりへの加入を決定する。携帯端末の方はソフトバンクを解約してMVNOへ移行、固定回線の方ではauに加入というのは矛盾があるように感じるのだが、現状はこの組み合わせがベストと判断した。MVNOの方は家人と私の2人分で1800円弱×2、自宅の光回線が4000円ちょっととなる。どっちも初月無料だったので、まだ請求が来ておらず正確な料金は解らないのだが、これにユニバーサルサービス料の数円が加算されるだけだろう。ユニバーサルサービスという名目であまねく国民の通信ラインから数円集めることで、たかが数円といえども莫大な金額になっているのではないだろうか。

ちょっと調べてみたのだが、このユニバ料金は公衆電話や加入電話の維持に使用されているということだった。しかし今どき、公衆電話って要るのだろうか?あまり街中で見かけなくなったけど、必要としないので視界に入っていないだけなのかも知れない。山間部で電波や光が駆け巡っておらず、ご近所付き合いや古いしきたりが消えて無くなるほど情報化されていない過疎っている地域などでは、あの緑の電話機のある透明なボックスは必要とされるのだろうが、繁華街などに極度の需要があるとは思えない。年間の緊急通報や通常の利用率、付近での携帯事業者の電波の有無等を調べて、利用率の低い電話ボックスは公衆電話を撤去して何らかのアンテナを立てる、もしくは充電スタンドにしてしまう、そんな利用法もあるのではないだろうか?

“企業のネットが星を被い、電子や光が駆け巡っても
国家や民族が消えてなくなる程
情報化されていない近未来”(1P)
攻殻機動隊 [ 士郎正宗 ]

攻殻機動隊 [ 士郎正宗 ]
価格:1,048円(税込、送料込)

何でも疑いたくなるのが僕の悪い癖

家人が本日発売日の何がしを欲しがったので朝一で某デパートへ。ついでに催事場で行われていた相棒店へ行ってみる。相棒”展”ではないのでグッズが販売されているだけだった。
image

1月2日となると初売りやら福袋やらのために朝3時から並ぶ人もいるらしい。こういう人たちはやっぱり転売目的で並んでいるのだろうか。

時に、西暦2015年

今年の大河ドラマの放送はとっくに終わったのだが、まだ4話ほど消化しておらず、年内に何とか見てしまいと思っているのである。大河ドラマの最終回が表すことは文字通り一年の終わり、そしてひとつの時代の終わりを象徴しているのかも知れない。

今年は大河ドラマの前半部分の舞台となった萩に行くことは出来ず、その代わりに日光の社寺、富岡製糸場と絹産業遺産群という国内の世界遺産を訪ねることが出来た。開業したばかりの北陸新幹線で東京へ、またEVA 4Dを体感するために大阪へも行った。今年の前半には家人が会社の資格試験に合格し、12月1日にその家人と入籍することになった。またスターウォーズの新作が公開された年でもあった。

スターウォーズの新作を見た翌日、関東から来た観光客のふりをしてホームタウンの金沢観光へ。わざわざ入場券を購入し新幹線のホームへ侵入、脳内でスタートブザーを鳴らし標準語ツアーがスタートする。同行した将軍曰く「この儀式必要?」

地下鉄と間違えたふりをしながら浅野川線の時刻表を見つめる。見つからない地下鉄を諦め、バスでひがし茶屋街を目指す。「金沢、地下鉄無いんじゃん」
標準語を話すことで、会話の中身がスカスカになり知能指数まで大幅にダウンしてしまう。ともかくひがし茶屋街で昼食に大麦で打たれた小松うどんを食べる。
image

その後、長町武家屋敷跡へ向かおうとしたのだが、知能指数が大幅にダウンしているためか、それともリアル観光客となりきっているためなのかバスにもまともに乗れない。結果的に主計町と金沢城公園を徒歩で抜けることになった。
金沢城の石垣の石、切り出した人が刻んだ目印だろうか。
image

モザイクアートのようなカラフルな石垣。
image

いわゆる池泉回遊式の玉泉院丸庭園が整備されている。
image

武家屋敷跡に到着するも、移動に時間をかけ過ぎたせいで目的の施設は閉まっている。半年前も同じようなことになった気がする。とりあえず抹茶を頂き、体を温め夜の部に備える。

夜の部は洋食居酒屋へ。ビールを飲み続け、場も締まりかけた所でいきなりケーキが運ばれてくる。私と家人へのサプライズ入籍祝いである。知能レベルはだいぶ下がっていたが、フォースが高まっていた所なので予測の範疇、とは言えミサイルの手紙をガジリが朗読という場面ではさすがに号泣しそうだった。かゆいのと涙を抑えるのに苦労しつつもありがたくミサイルの手紙を傾聴する。

ミサイルの入籍の時は爆笑していた私がガンドの時は羨ましく思うというような僕の手紙を書いていたという話、またその手紙の中で私の親父の話、この歳になると友達が出来ないと言っていたけどオレにはいて良かったというような内容を書いていたらしい。若気の至りか。閑静な大人の旅館やガンド個人宅で夜な夜な繰り広げられる私とミサイルのもはや様式美と化した、盛大な湯もみやビールのプルタブを豪快に開けたあとのボソボソ会話。「滑ったー!」を連呼した衝撃的なミサイルとのほぼ初対面、ミサイルの嫁さんを病院送りにした件など。

私の悪行の数々を列挙された手紙だったが、感涙を禁じえない。こうして祝ってくれる友人と家人がいて、この世に生を受けた価値はあったのだと思ったのだった。マストメが悪行のついでに原付をぶっ壊した件を持ち出してくる。この場を借りて謝罪する。

夜の部は時間にシビアなグザカ待ちとなったのであるが、全員が時間通りにグザカが来ることを信じて疑わなかった。予定通りのグザカ到着まで小一時間あったので、こっそり一杯やっていたのもこの場で謝罪しておこう。

この日、もしも地球が球体じゃなかったらという禅問答を将軍が午後からずっと思案していた。球体だから地平線が見える訳で、球体でなければ地平線はどう見えるのか?視界の端でぼんやりかすむのか、それとも地面が天まで遡るように見えるのか?

ガンドが歌ってくれた歌。『Body Feels EXIT』
Body Feels EXIT [ 安室奈美恵 ]

Body Feels EXIT [ 安室奈美恵 ]
価格:1,048円(税込、送料込)

『CAN YOU CELEBRATE?』ではなく。

格安SIM

楽天モバイルからSIMカードが届くまでに、新しいGmailの連絡先を知人友人に伝えたり、電子マネーの移行、現状使っているアプリを設定したりと新端末の準備をする。新端末が届いた数日後に楽天モバイルからSIMカードが届く。届いたSIMカードを端末に挿入し、軽く初期設定をする。特に問題なくデータ通信などが出来るようになった。

楽天モバイルは初月無料なので、12月1日にタイミングを見計らっての申込だったのだが、本人確認書類の送付を私がミスったため、届いたのだが12月2日くらいになってしまう。そのためソフトバンクの方の端末が停まったのが12月1日だったので、12月分の料金がソフトバンクの方で発生してしまった。これは一部日割りにならないオプションプランやデータプランがあるので請求されてみないと解らない。

余裕を持って申し込みし、月初の1日にSIMカードが届くようにすれば、旧端末の方は月末に停止するので、料金は前月までとなり、新端末の方は初月無料となるのでまるまる1ヶ月無料となるのかも知れない。ただどっちにしろMNPの場合、1晩は携帯電話が使えなくなるという覚悟が必要である。ホームページなどでは2日〜3日と書いてあるが私の場合は到着日を指定したためか1晩で済んだ。私の場合はそもそも古い端末がWi-Fi環境下にあったし、会社貸与のガラパゴス携帯があったので、特に問題なかった。

『陽気なギャングが地球を回す』

自家用車内でのふとした待ち時間に読んでいたのだが、だんだんと続きが気になって結局自宅に持ち込んで読んでしまった一冊。

“人の上に立つ人間に必要な仕事は、「決断すること」「責任を取ること」の二つしかない”(157P)

フォースの覚醒

スターウォーズの新作をいよいよ見に行く。思っていたほど劇場は混んでおらず、そんなにお祭り騒ぎという感じでは無かった。そもそもネットでチケットを予約して席まで決めてしまう時代になったのだ。容量以上の数の人間が来るはずもない。とは言っても座席には空きも結構あった。変わり種としては客の中にチューバッカとストームトルーパーの格好をした人がいたことぐらいだろうか。二人とも普通にカウンターに並んでドリンクを購入していた。他の人は私も含めて脱個性的な日常の服装だった。

18:30からの全世界一斉上映ということで10秒前から寒々しくカウントダウンが始まり上映開始となる。カウントダウンくらいしてあげれば良かったかとも思ったのだが、利益が絡まない限り、皆で一緒に何かをするということが苦手なのでしょうがない。

作品は良好だった。感動して泣いていた人もいるという報道もあったが、所詮、報道は報道である。もともとエンターテインメント的な要素の強い作品なので、涙という感じにはなかなかならない。謎っぽいぼかした所もそんなにややこしくなく、しっかりと復習していったので、もう一回見るならソフト発売後で充分かなと思ったのだった。

Many of the truths we cling to depend greatly on our point of view.

12月18日のスターウォーズ新作公開に向けて旧作を復習してきて、ようやく公開の2時間前に6作目を見終わった。エピソード困詫集世気譴深圓フォースにバランスをもたらすという運命の話である。大団円で終わったので新作にどう続くのかという所である。

I love you. -I know.

前回のアナキン3部作が公開され話題になっている頃、ハリソン・フォードが何かのインタビューで「インディジョーンズには出るかも知れないけど、スターウォーズには出ない」というような話をしていた。その後ハリソン・フォードは2008年にインディジョーンズの新作に出演し、結局は今年のスターウォーズ7作目にも出演することになった。旧ルーク三部作の主要登場人物は全員、今年の新作に出演するという。

エピソード垢禄殿腓僻詭が明らかにされる。今回復習するにあたって時系列順にエピソード気ら順番に見たのだが、この順で見るとこの秘密が秘密でも何でも無くなるのである。それはそれで面白かったのだが、この秘密はストーリーの鍵となる部分なので公開する順番としてはルーク三部作→アナキン三部作の順番しか無かったのだろうと思うのである。

The circle is now complete.

エピソード犬魯侫ースが身近にない魔法が死に絶えたように見える世界である。エピソード気里茲Δ縫献Д瀬い溢れかえっていたりはしない。だがエピソード気販犹するように設定されているシーンがある。遠隔操作でドロイドに助けて貰うシーンや最後のシーンで主要キャラクターがヒロインに表彰されるところなどである。今回の新作もそんな点に注目して見てみたい。さっきまで落ち込んでいた主人公が次の場面では元気にならざるを得ない。若さが描かれる作品である。
livedoor プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



ギャラリー
  • 何でも疑いたくなるのが僕の悪い癖
  • 時に、西暦2015年
  • 時に、西暦2015年
  • 時に、西暦2015年
  • 時に、西暦2015年
  • 立山と相棒
最新コメント
マクロミルへ登録