世界遺産マイスターとして最高のパフォーマンスを!

世界遺産マイスターとして何らかの活動を行っています。かつては『パチスロで最高のパフォーマンスを!』目指していました。勝利に徹しつつも熱く打ったパチスロの記録と小説、2006年の日本一周の記録、継続しつつも成果の全く出ない株式投資の記憶、そして目指すべき世界一周への思い、読んだ本や見た映画、飲んだ酒などの雑多な記憶。半島や岬の先端と灯台の記憶も忘れ難い。

出発

いよいよ挙式のため、グアムに出発する。荷物を詰めていて、家人のスーツケースが容量は同じ60リットルでメーカーも同じなのに、一回り小さく軽いことに衝撃を受ける。

中部国際空港までは自車で、そこからはユナイテッド航空の便でグアムへ。空港で両替をしておくのと、免税店で既に予約済のタバコを受け取るのを忘れないようにしなければならない。タバコは免税だと通常4600円の所3000円になり、事前予約しておくと何故か謎の10%OFFとなった。国内の法律が適用されないからなのか、タバコで値引きされるってことがありえるのですな。とりあえず免税範囲限界の1人1カートンを予約して計2カートンで5700円ということだった。

皆月再訪びっくりポン

仕事で輪島へ行ったので、帰りに行きたい所リストを消化する。まずは千枚田へ。
image

この時期になるとライトアップは終わってしまっている。続いて皆月へ。皆月の間垣は大沢地区の間垣とは違う形状であるというメモが私のリストに記されていた。間垣というは冬の日本海の強風から家屋や生活を守るため、そして夏の西日を避けるという効果がある、竹で作られた垣根のようなものである。
大沢地区の間垣はこれである。↓
CIMG1224

そして、今回訪れた皆月の間垣はこういった感じである。↓
image

素人目に見て、簡単に言うと上部の笹の部分が有るか無いかの”ほうき”型構造か否かということだろうか。

皆月に向かう途中から何だか気になっていたのだが、初めて来たような気がしない。小さい頃に両親と一緒に来たことがあるのは確定していて、尋常じゃない夏の海の綺麗さ、高速で泳ぐ魚が見える海水の透明度は記憶していたのだが、そんな昔では無いような気がするのだ。こういった世界中何処でも行ってみようという活動を始めてからのような気がするのである。徹夜の仕事明けを利用しての行ってみようリスト消し込みだったので、再訪となると、ちと想定外なのである。

とりあえず、皆月を徘徊してみる。子供の頃に海を見た場所と一緒なのだろうか。
image

もうちょっと行くと猿山岬灯台という看板があり、この灯台に来ているのは確実である。秘境の灯台と言われるだいぶ歩かないと行けない灯台に、真夏の祭りのあとで行ったのは確実である。2011年のことで、散々キリコを担いだ挙句に、よりによって猿山岬灯台に行っていたとは、あの頃はまだ無尽蔵に体力があったものだと感心したのである。
皆月集落を挟んで猿山岬の反対側に位置する丘に上がってみることにした。その先に旧海軍望楼跡という日本海軍の施設の痕跡があれば再訪確定である。それを見に行ったのは覚えているのである。狭い道を車で上っていく。対向車が来たらどうするのかという狭さだ。日本中にこんな道は割とあって、いつも気にもせずに車で突っ込んでいく。携帯の電波も無さそうだし、崖から落ちたら終わりだなと思う。でも最近だと意外な場所でもLTEの表示が携帯の画面に出るし、もしかすると携帯電話のサービスエリア圏内なのかも知れない。そんなことはいちいち確認せずに平常心で車を走らせる。そして見覚えのある旧海軍望楼跡のある公園に到着した。まさかの再訪が確定し、体力だけでなく記憶力も減っているのかも知れないと思う。

皆月集落は猿山岬と旧海軍望楼跡のある岬の間に位置する。双方の岬は平坦な陸地ではなく、急峻な山になっている。それに両腕のようにして抱かれているのが皆月という場所である。地図で見ると月のようになっているのが、地名と関係しているのかも知れないと思いながら帰路につく。

image
2011年に来た時には既に風力発電用(おそらく)の風車があったのだが、流石に子供の頃に来た時には無かったのだろう。

帰り道でメルヘンな家を発見する。
image

いやバス停だった。
image

能登無料道路(のと里山海道)を走ると、メロデイーロードというのがあって「まれ」の主題歌が流れるのだが、本編を見たことが無いので何の音楽なのか全く解らない。最近よく能登へ来ているので、念のため、「まれ」未視聴であることをアピールしておく。まとめてテレビでやってくれたら見るのだが、総集編だと何だか物足りない気がするし、毎日15分ずつというのもちょっと苦手なのである。今回の「あさ」をずっと見続けることが出来たのはびっくりポンである。

最後に気になったことがあって、この辺りのコカコーラの自販機の横に付いている倉庫のようなものは何なのだろうか?正式なコカコーラの表記がされているようだし、幾つか見かけたので気にはなったのだが、写真は撮り忘れたのだった。

『すべてがわかる世界遺産大事典』

世界遺産検定の教本が新しくなった。世界遺産の数は年々増え続け、遂に1000件を超えたし、日本の世界遺産の数も20件に届こうとしている。教本の刷新も必要なのである。世界遺産アカデミーの会員になって会費を払うと、こういった本は貰えるらしいのだが・・・。世界遺産マイスター認定後は1年間のみ会費無料でアカデミー会員になれたのだが、地方都市に住む私にとってそんなに世界遺産アカデミーの会員になるメリットが感じられなかったので、今年は申込をしなかったのである。

旧福浦灯台

とある会報誌から寄稿を求められたので8年ぶりの再訪となる旧福浦灯台へ、取材のついでに出かけてみる。日本最古の西洋式木造灯台である。西洋式ということについては曖昧な認識だったのだが、灯台付近にある金刀比羅神社にその説明書きが貼ってあった。金刀比羅神社は海上交通の神様を祀っているので、海を望むこの場所に立地しているのだろう。旧福浦灯台とともに幾多の船の安全な航海を支えてきたのである。結局、何が西洋式なのかというと、西洋式の機具を備えているということだった。これは行ってみなければ解らないことだったので、はるばる出かけて良かったのだった。
DSC_0089
DSC_0090
DSC_0092
DSC_0101
DSC_0110

『陽気なギャングの日常と襲撃』

続編。車の中に置いておいてコツコツと読んでいた一冊。
“世の中を動かしているのは、法律じゃなく、イメージ”(310P)

渡航、電源、電圧

5年ぶりに海外に行くことになったので準備を始める。まずは電源の確保から。5年前も調べた気がするのだが忘れていたので、いろいろ調べてみる。国によってコンセントの形が違うのだが、5年前に購入していた全世界対応の変換プラグがあったのでこれば問題なし。

あとは電圧が国によって違うので変圧器が必要とガイドブックに書いてあったのだが、5年前はそんなもの持って行っていなかったのでどうだっただろうかとさらに調べてみる。ノートPCやスマートフォン、デジタルカメラなどは電源部の記載や説明書で調べてみるとAC100-240Vとなっている。これは100〜240Vに対応しているユニバーサル仕様ということだった。周波数も日本国内では東西でうどんの出汁の如く50/60Hzと分かれているので日本製の家電なら世界中で周波数も問題がないようだ。

あやうく3000円〜4000円もする変圧器を買ってしまう所だったのだが、家人のドライヤーを調べてみるとAC100Vという表示になっている。これは100Vにしか対応していない製品なので変圧器が必要となる。家人はドライヤーを持参すると言っているのでやはり変圧器が必要かと購入しそうになったのだが、コンパクトな4000円弱の変圧器は35W(ワット)くらいまでしか対応していないことが分かる。ちなみに家人のドライヤーのW(ワット)数は1200W!!だった。このワット数に対応した変圧器となるとかなり高価なものになり、私の予測では筐体も大きなものとなると見込まれたので変圧器の購入は止めて、100〜240Vに対応しているユニバーサルドライヤーを購入することに決めたのだった。

一旦は購入を検討していたUSB充電ポート付きの変圧器だが、120Vの国でワット数の最大が75W、230Vの国で35Wという説明だった。確かワット数は電圧(V)×電流(A)と学生の時に習った気がするのだが、国によっては電流も違うということなのだろうか?これを深く考え続けると、とある天才の友人のように半日は思考を続けることになるのでこの辺りでやめておく。電圧という話なら私のスロ師匠の北西さんは、電圧の高い日はよく当たるとか言っていたような気がする。雨の日は電圧の関係で連チャンがとか言っていたような気もする。オカルト好きな師匠を持った時点で私のパチスロ人生は既に終わっていたのかも知れない。

アルゼ?いやユニバ

自宅のインターネット回線はGMOのWiMAXを利用していたのだが、2年間の縛り期間が終わったのと、WiMAX2+への緩やかな移行に伴う現状のWiMAX 減速の通達に苛立ちを覚えたため、WiMAXは解約した。WiMAXのモバイルルータを持ち歩くことでほぼWiFi端末となっていたスマートフォンを屋外でも普通に使うことが出来ていたのだが、外出時にモバイルルータを持ち出したりすることや、モバイルルータを持っていない時にコンビニに行く度にコンビニのWiFiに接続するという手間が煩わしくなってきたことも理由の一つである。スマートフォンの方はMVNOへ移籍ということで円満に解決したので、自宅の方は完全固定回線で検討する。

キャンペーンや2年間利用時の最安料金など検討した結果、auひかりへの加入を決定する。携帯端末の方はソフトバンクを解約してMVNOへ移行、固定回線の方ではauに加入というのは矛盾があるように感じるのだが、現状はこの組み合わせがベストと判断した。MVNOの方は家人と私の2人分で1800円弱×2、自宅の光回線が4000円ちょっととなる。どっちも初月無料だったので、まだ請求が来ておらず正確な料金は解らないのだが、これにユニバーサルサービス料の数円が加算されるだけだろう。ユニバーサルサービスという名目であまねく国民の通信ラインから数円集めることで、たかが数円といえども莫大な金額になっているのではないだろうか。

ちょっと調べてみたのだが、このユニバ料金は公衆電話や加入電話の維持に使用されているということだった。しかし今どき、公衆電話って要るのだろうか?あまり街中で見かけなくなったけど、必要としないので視界に入っていないだけなのかも知れない。山間部で電波や光が駆け巡っておらず、ご近所付き合いや古いしきたりが消えて無くなるほど情報化されていない過疎っている地域などでは、あの緑の電話機のある透明なボックスは必要とされるのだろうが、繁華街などに極度の需要があるとは思えない。年間の緊急通報や通常の利用率、付近での携帯事業者の電波の有無等を調べて、利用率の低い電話ボックスは公衆電話を撤去して何らかのアンテナを立てる、もしくは充電スタンドにしてしまう、そんな利用法もあるのではないだろうか?

“企業のネットが星を被い、電子や光が駆け巡っても
国家や民族が消えてなくなる程
情報化されていない近未来”(1P)
攻殻機動隊 [ 士郎正宗 ]

攻殻機動隊 [ 士郎正宗 ]
価格:1,048円(税込、送料込)

何でも疑いたくなるのが僕の悪い癖

家人が本日発売日の何がしを欲しがったので朝一で某デパートへ。ついでに催事場で行われていた相棒店へ行ってみる。相棒”展”ではないのでグッズが販売されているだけだった。
image

1月2日となると初売りやら福袋やらのために朝3時から並ぶ人もいるらしい。こういう人たちはやっぱり転売目的で並んでいるのだろうか。

時に、西暦2015年

今年の大河ドラマの放送はとっくに終わったのだが、まだ4話ほど消化しておらず、年内に何とか見てしまいと思っているのである。大河ドラマの最終回が表すことは文字通り一年の終わり、そしてひとつの時代の終わりを象徴しているのかも知れない。

今年は大河ドラマの前半部分の舞台となった萩に行くことは出来ず、その代わりに日光の社寺、富岡製糸場と絹産業遺産群という国内の世界遺産を訪ねることが出来た。開業したばかりの北陸新幹線で東京へ、またEVA 4Dを体感するために大阪へも行った。今年の前半には家人が会社の資格試験に合格し、12月1日にその家人と入籍することになった。またスターウォーズの新作が公開された年でもあった。

スターウォーズの新作を見た翌日、関東から来た観光客のふりをしてホームタウンの金沢観光へ。わざわざ入場券を購入し新幹線のホームへ侵入、脳内でスタートブザーを鳴らし標準語ツアーがスタートする。同行した将軍曰く「この儀式必要?」

地下鉄と間違えたふりをしながら浅野川線の時刻表を見つめる。見つからない地下鉄を諦め、バスでひがし茶屋街を目指す。「金沢、地下鉄無いんじゃん」
標準語を話すことで、会話の中身がスカスカになり知能指数まで大幅にダウンしてしまう。ともかくひがし茶屋街で昼食に大麦で打たれた小松うどんを食べる。
image

その後、長町武家屋敷跡へ向かおうとしたのだが、知能指数が大幅にダウンしているためか、それともリアル観光客となりきっているためなのかバスにもまともに乗れない。結果的に主計町と金沢城公園を徒歩で抜けることになった。
金沢城の石垣の石、切り出した人が刻んだ目印だろうか。
image

モザイクアートのようなカラフルな石垣。
image

いわゆる池泉回遊式の玉泉院丸庭園が整備されている。
image

武家屋敷跡に到着するも、移動に時間をかけ過ぎたせいで目的の施設は閉まっている。半年前も同じようなことになった気がする。とりあえず抹茶を頂き、体を温め夜の部に備える。

夜の部は洋食居酒屋へ。ビールを飲み続け、場も締まりかけた所でいきなりケーキが運ばれてくる。私と家人へのサプライズ入籍祝いである。知能レベルはだいぶ下がっていたが、フォースが高まっていた所なので予測の範疇、とは言えミサイルの手紙をガジリが朗読という場面ではさすがに号泣しそうだった。かゆいのと涙を抑えるのに苦労しつつもありがたくミサイルの手紙を傾聴する。

ミサイルの入籍の時は爆笑していた私がガンドの時は羨ましく思うというような僕の手紙を書いていたという話、またその手紙の中で私の親父の話、この歳になると友達が出来ないと言っていたけどオレにはいて良かったというような内容を書いていたらしい。若気の至りか。閑静な大人の旅館やガンド個人宅で夜な夜な繰り広げられる私とミサイルのもはや様式美と化した、盛大な湯もみやビールのプルタブを豪快に開けたあとのボソボソ会話。「滑ったー!」を連呼した衝撃的なミサイルとのほぼ初対面、ミサイルの嫁さんを病院送りにした件など。

私の悪行の数々を列挙された手紙だったが、感涙を禁じえない。こうして祝ってくれる友人と家人がいて、この世に生を受けた価値はあったのだと思ったのだった。マストメが悪行のついでに原付をぶっ壊した件を持ち出してくる。この場を借りて謝罪する。

夜の部は時間にシビアなグザカ待ちとなったのであるが、全員が時間通りにグザカが来ることを信じて疑わなかった。予定通りのグザカ到着まで小一時間あったので、こっそり一杯やっていたのもこの場で謝罪しておこう。

この日、もしも地球が球体じゃなかったらという禅問答を将軍が午後からずっと思案していた。球体だから地平線が見える訳で、球体でなければ地平線はどう見えるのか?視界の端でぼんやりかすむのか、それとも地面が天まで遡るように見えるのか?

ガンドが歌ってくれた歌。『Body Feels EXIT』
Body Feels EXIT [ 安室奈美恵 ]

Body Feels EXIT [ 安室奈美恵 ]
価格:1,048円(税込、送料込)

『CAN YOU CELEBRATE?』ではなく。

格安SIM

楽天モバイルからSIMカードが届くまでに、新しいGmailの連絡先を知人友人に伝えたり、電子マネーの移行、現状使っているアプリを設定したりと新端末の準備をする。新端末が届いた数日後に楽天モバイルからSIMカードが届く。届いたSIMカードを端末に挿入し、軽く初期設定をする。特に問題なくデータ通信などが出来るようになった。

楽天モバイルは初月無料なので、12月1日にタイミングを見計らっての申込だったのだが、本人確認書類の送付を私がミスったため、届いたのが12月2日くらいになってしまう。そのためソフトバンクの方の端末が停まったのが12月1日だったので、12月分の料金がソフトバンクの方で発生してしまった。これは一部日割りにならないオプションプランやデータプランがあるので請求されてみないと解らない。

余裕を持って申し込みし、月初の1日にSIMカードが届くようにすれば、旧端末の方は月末に停止するので、料金は前月までとなり、新端末の方は初月無料となるのでまるまる1ヶ月無料となるのかも知れない。ただどっちにしろMNPの場合、1晩は携帯電話が使えなくなるという覚悟が必要である。ホームページなどでは2日〜3日と書いてあるが私の場合は到着日を指定したためか1晩で済んだ。私の場合はそもそも古い端末がWi-Fi環境下にあったし、会社貸与のガラパゴス携帯があったので、特に問題なかった。
livedoor プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



ギャラリー
  • 皆月再訪びっくりポン
  • 皆月再訪びっくりポン
  • 皆月再訪びっくりポン
  • 皆月再訪びっくりポン
  • 皆月再訪びっくりポン
  • 皆月再訪びっくりポン
最新コメント
マクロミルへ登録