世界遺産マイスターとして最高のパフォーマンスを!

世界遺産マイスターとして何らかの活動を行っています。かつては『パチスロで最高のパフォーマンスを!』目指していました。勝利に徹しつつも熱く打ったパチスロの記録と小説、2006年の日本一周の記録、継続しつつも成果の全く出ない株式投資の記憶、そして目指すべき世界一周への思い、読んだ本や見た映画、飲んだ酒などの雑多な記憶。半島や岬の先端と灯台の記憶も忘れ難い。

『門』

著作権切れの本なら無料

これも電子書籍なら無料だった。
電子図書だと本の厚さが解らないので、意外と長いなと思いながらダラダラと読み進めることになった。何%既読と表示が出るのだが、通常の本に慣れ過ぎていてしおりを目印にどのくらいストーリーが進んでいるかを把握する癖がまだ抜けていないのだろう。

入門することと自分で門を開けることは違う

"長く門外に佇立(たたず)むべき運命"
入門を許されたからと言って、新たな門をくぐったという訳ではないのである。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

門改版 [ 夏目漱石 ]
価格:432円(税込、送料無料) (2017/5/12時点)


『鼻』

"傍観者の利己主義"
短いストーリーの中に人間の心根が描かれている。これも電子書籍だと無料だった。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鼻 [ 芥川龍之介 ]
価格:178円(税込、送料無料) (2017/5/12時点)


『セロ弾きのゴーシュ』

動物をいたわると良いことが?むしろ自分の姿勢次第ということだろうか。
実はこれも電子書籍なら無料で読めるのである。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セロ弾きのゴーシュ改訂新版 [ 宮沢賢治 ]
価格:561円(税込、送料無料) (2017/5/12時点)


三国志(四)

第4巻は『臣道の巻』、“運命は皮肉を極む。時の経過に従って起るその皮肉な結果を、俳優自身も知らずに演じているのが、人生の舞台である”
英雄たちの最高のパフォーマンスの結果が三国鼎立だったのである。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三国志(4) [ 吉川英治 ]
価格:820円(税込、送料無料) (2017/5/4時点)


『三国志(三)』

第3巻は『草莽の巻』、"曹操の戦は、要するに、曹操の詩であった。詩を作るのと同じように彼は作戦に熱中する""早々の戦は、曹操の創作である。非常な傑作があるかと思えば、甚だしい失敗作も出る"
黄巾賊やら董卓が出てくる間は、まだ序盤のような気がするのだが、呂布が暴れだして気付けば官渡の戦い、すぐに赤壁がやって来て、目の前に麦城が迫ってくる。時の流れは一瞬である。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三国志(3) [ 吉川英治 ]
価格:820円(税込、送料無料) (2017/4/16時点)


『三国志(二)』電子書籍でお得なのだが

第2巻は『群星の巻』、今回は楽天koboで1〜8巻まで入った全巻完全版で99円というべらぼうにお得なバージョンを購入した。
ただ流石に何千ページにもなるので、毎回最初の読み込み時の処理は遅い。あとは地図や解説などは未収録なのである。
"勝てば皆、軍(いくさ)は自分ひとりでしたように思い、負ければ、皆負けた原因を、他人に向けて考える"
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三国志(2) [ 吉川英治 ]
価格:820円(税込、送料無料) (2017/4/12時点)


『三国志(一)』

年末に楽天koboで『蒼天航路』の再読を終え、3周目か4周目となる吉川英治版『三国志』へ突入してしまった。第1巻は『桃園の巻』、登場人物の話し口調が古代中国人というよりも日本の時代劇チックなのだが、これは気にせずに読み進めるしかない。
"腐れる者ほど自己の腐臭には気づかない。また時流のうごきは眼に見えない"
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三国志(1) [ 吉川英治 ]
価格:820円(税込、送料無料) (2017/4/11時点)


microSDカード

妻の携帯のmicroSDカードの容量が1GBだったようである。
数日後に写真をたくさん撮る必要があるので、慌てて購入する。

古いカードのデータをPC経由で新しいカードに移動させて、携帯にザクっと挿せば完了という認識で良いのだろうか。
やってみれば解ることである。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東芝 マイクロSDカード 64GB 90MB/s U3対応 (143903)
価格:3038円(税込、送料無料) (2017/4/9時点)


『シン・ゴジラ』

数日前に届いたソフトをようやく視聴、見ていて思い出すのはエヴァのことばかりである。

ネタバレ↓








[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組【Blu-ray】 [ 長谷川博己 ]
価格:3991円(税込、送料無料) (2017/3/26時点)



やはり無人在来線爆弾の破壊力が凄まじい。
「ゴジラ、完全に沈黙」
劇場で見たとき同様に、この2点が心に残る。
ラストシーンでゴジラの尻尾から人間形状のものが生まれてきているのは、劇場で見たときは死体がくっついているのかくらいにしか思っていなかったのだが、実際は槍を抜かれる前のリリスの下半身のような感じなのだろうか。大陸を越えて拡散していく群体、お互いに拒絶するしかない悲しい存在、ゴジラが人類の悲しい性を象徴しているのかも知れない。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組【Blu-ray】 [ 長谷川博己 ]
価格:3991円(税込、送料無料) (2017/3/26時点)


三葉の松、食後に何食わぬ顔

元旦に初詣に行ったのだが、臨時駐車場に車を停めるまでに参拝客の渋滞に陥る。ようやく車を停めたあとも、境内に至るまで既に長蛇の列である。妻が身重であったこともあり、元日は退散しておく。そして今日1月3日、妻が出産のため入院したのだが(AM11:43)、まだまだ様子見ですよという雰囲気だったので、入院荷物を取りに行きがてら再度1人で同じ神社に初詣へ行く(PM15:00)。実は安産祈願をして貰った神社なので、大きな看板が掲げられている臨時駐車場以外にも裏手に駐車場があることを知っていた。ものは試しと裏手のローカル駐車場へ行ってみたのだが、車が1台も停まっていない。元旦もこっちへ来れば少なくとも渋滞に巻き込まれることは無かったのかも知れない。境内も元旦とは打って変わって適度な人の流れ方である。

参拝を済ませて帰ろうと神社の裏手へ周ると、どうやら神社の裏側は公園になっているようだった。日本庭園の池にかかるような三日月型の橋が遠くに見え、ふらふらと近づいてみる。安産祈願のときは夏日で、目的もなく散歩するような気候ではなかったのだ。遠目に見ても意匠を凝らした和風のデザインであることは明らかなのだが、おそらく文化財の類では無さそうだし、今日は時間もない。この公園の奥には私が以前から行きたかった何とか記念館があるので、そこへ行くときでよかろうと踵を返す。ちょっとした回り道になってしまったのだが、車を停めた駐車場へ向かう。この迂回の結果、私はとあるものを拾うことになったのである。

それは足元に落ちていて、一旦は通り過ぎたのだが、
「んん?」とUターンして拾い上げる。(PM15:35)

image

三葉の松である。通常の松は二葉なのだが、珍しい三葉である。かの弘法大師ゆかりの三鈷の松と似ているが、実は種類も違うし、結構生えている所もあるらしい。四つ葉のクローバー的なものである。ただ初詣帰りだし、今晩にも妻が出産を控えているので、縁起物として持ち帰り、妻に見せて産室にでも置いておこうと思ったのだった。自宅に帰り、妻の荷物などをまとめる。その後に日々の日課などをこなし、そろそろ行くかと出かける。(PM17:30くらいか?)

今晩はおそらく妻の産室に泊まり込みになりそうである。腹ごしらえをすべく近所のとんかつ屋へ行ってみる。『勝つ!勝つ!勝つ!』と店頭に書いてあった。普段は何言ってやがんだ状態だったが、こういう日だとこういったものさえ、あてにしたくなる。いざ、ヒレカツ&カキフライ定食。しかし駐車場が満車寸前でチラリと店内を覗くと行列が出来ている。1人で行列に並ぶのも迷惑だろうと、外食は諦めることにする。さらばカキフライ。妻に頼まれていた飲み物を買うついでに、コンビニで何か買って産婦人科の駐車場で食べようと車を走らせる。妻は病院の夕食が出るので、それが終わりそうな頃合を狙っていたのである。

しかし妻の入院している病院の近くまで来て思い出したのが、とあるカレー屋である。以前からちょっと気になっていたので、いい機会だと向かってみる。さっきのとんかつ屋とはうって変わって、外から見ても解るウェルカム状態である。私で2人目の客だった。即座に提供されたカレーを美味い美味いと食べ、妻に頼まれていたチルドコーヒーをコンビニで2本買って(PM18:24)、産婦人科へ。2人で食後のコーヒーである。

産婦人科の受付で名前を告げると
「あぁヤギさん、おめでとうございます。今案内します」と産室へ連れて行かれる。午前中にも何度か出入りしていたので1人でも行けたのだが、受付の人について行く。それにしても「おめでとう」は気が早いなと思う。4時間も病院を離れていないのである。婚礼業界の人々に何度も言われた”この度はおめでとうございます”ということなのだろうかと思いながら受付嬢についていくと、産室の前で待つように言われる。
「ちょっと今綺麗にしていますんで」ということだ。
体でも拭いて貰っているのだろうかと頭をひねっていると、それを否定するかのように産室の中から男性スタッフが足早に出てくる。昼間入ったときはあんなにのんびりと暖かで平和だった産室に、血だらけのガーゼだか包帯だかが満載されたカートが見える。白地に真っ赤な血の色は明らかに何らかの事変を象徴している。ただスタッフの異常な穏やかさだけが心の支えである。

“おめでとうございます”の前兆があったので、どうやら産まれたのかとようやく頭の整理が出来たところでようやく入室を許される。部屋に入ると、既に誕生していた新たな生命体が妻と並んで穏やかな顔で、吞気にカレーを食ってきた私を出迎えていた。(PM18:40)ノミの心臓の私に心配をかけまいと、私がいなくなったあとの2時間半で決着をつけたようである。妻曰く、何気なく私を送り出した後で強烈な陣痛が始まり、いざと医局スタッフが揃って15分ほどで勝負がついたということだった。(PM17:36)連絡しようにも疾風怒涛の有り様で、ちょうど落ち着き始めた頃に食後の私が”何食わぬ”顔で現れたという訳である。夕食抜きで大勝負に挑んだ妻には、頭が上がりませぬ。言い訳がましく三葉の松を妻に見せ、初詣に行ってきたことを告げると、
「そのおかげかもね」と妻、そういうことにして頂けますか?
livedoor プロフィール
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:



ギャラリー
  • 三葉の松、食後に何食わぬ顔
  • 行動展示?
  • 行動展示?
  • 行動展示?
  • 行動展示?
  • AYU
最新コメント
マクロミルへ登録

月別アーカイブ