マイナポイント申し込み開始

マイナポイントの申し込みが始まった。マイナポイントとはマイナンバーカード普及のために総務省が行っているポイントのばら撒き政策のことである。
マイナンバーカードを何らかのキャッシュレス決済に紐づけると20000円利用で最大5000円キャッシュバックされる。
マイナポイントの申し込みが2020年7月1日から始まったので、お得にポイントを貰うための注意点を3つにまとめた。

マイナポイントをお得に貰うための注意点3つ

  1. まだ申し込むな、チャージするな
  2. マイナポイントの申し込みが7月1日に始まっただけで、まだ還元期間ではないことに注意。期間は9月1日のチャージ・利用以降になる。還元されるのは10月末頃。慌ててチャージしても無効である。

  3. 上乗せ事業者を狙え
  4. ふるさと納税と同じで脱法手順があり、5000円以上還元されるケースがある。爺サマーばりの上乗せシステムが存在するのだ。通常は20000円利用で5000円バックなのだが、各事業者がマイナポイント紐づけに躍起になって上乗せ倍プッシュ状態になる可能性がある。
    現状は下記の通り、2000ゲーム上乗せしているWAONに軍配が上がる

    ★各事業者上乗せ額
    • WAON
    • 2000円
    • suica
    • 1000円
    • メルペイ
    • 1000円
    • auペイ
    • 1000円
    ※2020/7/2現在筆者調べ

  5. 申し込めるのは一つのサービスだけ
  6. 前述のとおり、消費者は上乗せがどこまでもエスカレートするのを待てばいい。ここで大きな注意点。誰もがたった1枚しか持てないマイナンバーカードだが、紐づけることが出来るキャッシュレス事業者も1つだけである。
    WAONはチャージ額に応じて2000WAON上乗せなのだが、suicaはマイナポイント紐づけだけで1000ゲーム上乗せされる。ということはsuicaで紐づけと少額チャージで1000円ゲット、WAONに満額に近い金額チャージして2000円弱還元という二重取りが一見出来そうに見える。これが落とし穴。選べるキャッシュレス事業者はたった一つだけなのだ。
    還元開始の9月1日までじっくり待って、最大上乗せしてくる事業者に1択のMAXBETしよう。

マイナポイントまとめ

という訳で、まだ申し込まずにマイナンバーカードだけは用意しておこう。総務省の回し者みたいになったがマイナンバーカードの発行には時間がかかるので。

マイナポイントをお得に貰うための注意点3つ
  1. まだ申し込むな、チャージするな

  2. 上乗せ事業者を狙え

  3. 申し込めるのは一つのサービスだけ