ブログネタ
あなたのオススメの「春の味覚」は? に参加中!
  室蘭も、いよいよ桜が咲き始めました。本当に「春到来」という感じになりました。来週あたりには、一挙に、ピンクに染まることでしょう。入り江の辺りの桜の花にも、うきうきします。5月になれば、測量山の山開きもあります。子供のころには、その山開きの行事が、待ち遠しかったものです。今は、あの当時のような「にぎやかさ」はありません。残念です。ジンギスカン、綿あめ、演芸大会、、、、アルバムには、そのときの写真があります。
  鉢植えの花も、植え替えの時期です。来週あたりに「一回り大き目の鉢」に植え替えをします。今日、イエローグローブに鉢を買い物に行きました。やはり、庭の手入れのための用具を購入するお客様であふれていました。腐葉土、栄養剤、虫除け、砂利、花用の鉢,、、等々。皆さん、なんとなく、うきうきしているように見えます。私が、今までで一番びっくりした花は「朝鮮朝顔」です。
  7月の札幌の街角で見ました。新道展に出品したため、その会場に行く途中で見ました。あの時は北田さんも一緒でした。二人で「何、これ!」と、、、。懐かしい思い出です。白い大きな鉄砲ゆりのような、、、。今も、あの店先で花を咲かせているのでしょうか。
  さて、話は変わりますが、このたびの日米首脳会談の日本の総理大臣に対する処遇は、かなり丁重な感じですね、、、。オバマさんになってから、日本より中国重視のように見受けられたのに、、、。あまりの変わりようで、びっくりですよ、、、。安倍総理も、内心、面映い、のでは、、、。これが、「政治の世界」なんですね。つい、去年までは中国重視のように見えたのに、、、。
  安倍総理も、戸惑ったのではないでしょうか。「なんじゃ、これは、、、」と。くれぐれも、勘違いしないようにして欲しいです。アメリカはアメリカの論理でしか動いていないのですから。 別に日本の対面を考えてのことではないのです。中国の海洋進出など、陸のシルクロードに平行して「海のシルクロード」の完成を目指す中国に共通の「危機感」を共有する、、、ということでしょう。
  それは、日本にとって「益」をもたらすのであれば、断る理由はありません。ただ、大国の論理や都合にふりまわされるのは、、、あまりに、主体性が無さ過ぎます。日本は日本の国益を、日本の正当な主張を、守るべきだと思います。70年も生きていると、大国の「ご都合主義」は散々見てきました。そして、喚起や失望、も。もう、この辺で大国に振り回される日本は卒業したいですよ、、、。
  このところのロシアを見ていると、かつての「ソ連」とは違っています。実に、うまく立ち回っているように見えるのです。プーチンさんは、案外、したたかな人なのでしょう。ソビエト連邦を分離独立させて、ロシアに集中なんて、考えてもみませんでした。すごいですよね、、。ただ、ソ連時代より、科学的にも、医学的にも、交代しているように見えます。
  安倍政権は、まだ、つつ””くのでしょうか?なんだか、面白くないなあ、、、、。