ただなんとなく・・・・・

跡地です。アニメ感想は下記のURLでジャンプ http://ttyuasa.blog69.fc2.com/

2010年05月

こちらのブログでアニメ感想など書いております。よかったどうぞ。   http://ttyuasa.blog69.fc2.com/       

Angel Beats! 第8話の感想


天使大量発生なんだけど、なんか別にかわいいからありかな、なんて思い始めてるエンジェルビーツ第8話の感想です。

たちばなかなでの天使たる所以と思われるガードスキルなどの能力はPCで管理されているということでいいのかな。
ソフトを追加すれば使える能力が増えるし、逆もまたしかりみたいな感じのように見えたんだけど。そうなるとPCと連動しているの。
前はゆりたちと同じ人間だといってたみたいだし、う〜んまだよくわかりませんね。

展開としては2話と同じだったの今回もやる必要あったのかなとか思ったりもしたけど、音無に心を許しはじめているかなでを敵にするためには必要な回ということでしょうか。
まあ最後のひきだけではまだわかりませんね。
でも今回は目的地をギルドから変えたり、ギルドに行くくだりは違う見せ方をしたりしてもいいのかなとか思ったけど、ユイのおもしろさでカバーはできてたかな。

とりあえずあまり深く考えず、赤眼で攻撃的な天使もこれはこれでなかなかいいかもなんて思うことにしときますか。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

WORKING!!第7話の感想

新キャラ登場でますますおもしろくなったWORKING!!第7話の感想です。

久々登場の音尾さんが拾ってきた山田(偽名?)葵という新しいバイトの加入でワグナリアがより一層にぎやかになりました。
小鳥遊君のつっこむ相手も増えて大忙しのようです。彼女はあまり仕事のできるタイプでなく、おそらく家出中か何かなので、人恋しいようには見えますが、頭の中は昼ドラ系好きみたいだし、まだまだつかめないんだけれど、とりあえずはかわいいからいい感じです。

今回一通り騒がした中で一番の被害を受けたのはワグナリアの良心こと佐藤さん。
ついに八千代さんへの好意が本人にバレれてしまいました。
八千代さんの天然のおかげでなんとかごまかしきったようですが、かなり切ない。

報われない恋をしている佐藤さんが一番まともなキャラなんてなんか皮肉ですね。
まあ八千代を好きな時点で変わり者なのかもしれないけど、好みは人それぞれなので。

佐藤さんと八千代さんのくだりは今回で一区切りついたようなので、今後気になる展開としては伊波さんと小鳥遊君の関係がどうなるのかかな。
男性恐怖症克服をなんだか擬似恋愛っぽく見せてるので、本当の恋愛に発展するのか、ラブコメ要素が多くなることを個人的には期待してます。

それにしてもこの作品はテンポがいいし、キャラが魅力的なのでとてもおもしろいですなあ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Angel Beats! 第7話の感想

前回の出来事は一体なんだったのかというくらい、いつもどおりに始まったエンジェルビーツ第7話の感想です。

直井も普通にSSSメンバーに溶け込んでいて、これから先一体何とゆりたちは敵対するのかと思ったところで最後に新たな天使(おそらく)登場ですよ。
結局のところ状況的にはこれまでとなんら変わってないような気がします。
音無の過去の記憶が何らかの重要な要素を占めていると思っていたのですが、これもまた今まで語られたものとそれほどの違いもなく、かなしいものではあったけど案外すんなりと明かされました。

だとするとそれぞれの過去の記憶自体はそれほど重要でなく、志半ばでこの世界にきたり、理不尽な理由であきらめなければいけないものがあったりとそういった思いをもっていることが重要なんでしょう。

またそうでないとこの世界には来れないのかもしれません。

そうするとこの作品の終着点としては、それぞれのキャラに思いを遂げさせる、未練をなくさせるという方向にもっていくと考えるのが普通かな。
そのために今みえない何か、(神かもしれないし、別のものかもしれないけど)と戦っているのかなと思います。

直井の登場も結局音無の記憶を戻させるためだった気がするし、音無自身も今回の話で他のキャラと特別違いあるわけではなさそうだし、やはり重要な鍵を握っているのは たちばなかなで ということになりますね。

新たな天使登場で天使=彼女ではないようですが、ゆりたちと同じ人間らしいといってたわりには彼女自身模範的行動をしているのに消えなかったり、最後に登場した新たな天使もかなでと同じ姿していたりとわからないことが多々あります。

彼女の存在事由が明らかになることがこの作品が内容がわかるときかな。

ゆり自身はかなで(天使)についてなにか知っているような雰囲気がみて取れますし、音無がかなでに近づくのをあまりよく思っていないような気がするんですが、それは今まで敵として戦ってきたからだけなのか、また何か別の意味があるのわかりませんが、なんとなく後者のような気がしますけど・・・。

今回で作品もほぼ半分を消化した割にはまだまだわからないことだらけですが、今後はますます目が離せないものになることを期待したいですね。

最後にいい前フリにまんまと乗せられた感じがするAパートでした。まさに釣りの回ということですか。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Angel Beats! 第6話の感想

ようやく動きを見せ始めたエンジェルビーツ第6話の感想です。
とりあえず普通に天使の動きがかわいかったことはさておき、生徒会長代理直井の強行手段にSSSメンバーがけっこうあっさり倒れていきました。

彼もまたゆりと同じくこの世界で自分が神になろうとするものでした。まあゆりの場合は神に抗い消えるのを防ぐためにしているんですけど、神を倒すといっているので実質的には同じことかなとも思えます。

直井の場合は以前から天使の失脚を見越していろいろ準備していて、この時を待っていたみたいです。

まあ、NPCに攻撃できないとか今までの話でいってたっけとか思ったりもしましたけど、シリアスシーンににもっていくにはいきなりな感じはどうしても出ているような気がします。直井の過去の記憶や音無の説得シーンなどはそれほど目新しい感じではなく、唐突感もあっったせいか期待値が高い作品としては少し物足りない感じがしてしまいました。彼自体は今回の話でお役ごめんな感じですけど、直井みたいな存在はイレギュラーなのかとか、まだまだ分からないとこが多いので、やはりこの世界成り立ち、この物語の主題部分が明かされないかぎりと何ら分からないということになりますね。そこが狙いのなのかなとも思いますけど。

次回この作品の主要部分が明かされる見たいなのでそこで今までの回の役割や意味が分かると思います。

注目です。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

Angel Beats! 第5話の感想

天使のかなしげな表情が印象に残ったエンジェルビーツ第5話の感想です。

これでまた一つ新たな事実が判明しました。天使と呼ばれる生徒会長の橘奏はこの世界のほかの住人となんら変わらない存在だったいうことです。だとすれば今までのSSSの活動自体意味のないことだったいう可能性が出てきます。SSSの目的はこの世界にいるであろう神の使いである天使に抗うことで消えることを回避する。そもそも神などいないかもしれない世界でこの活動始めたこと自体もしかしたら無意味なことだったかも知れません。しかし最後の生徒会長代理の言葉を聞くと人物個人ではなくその立場自体が天使と考えることができそうなのでまだまだ神の使いである可能性は捨てきれませんね。今後話がどこに向かっていくのか、この5話でもまだ分からないんですが、おもしろくなってきているのは確かです。

それに今回の前半のテスト妨害の場面は非常に面白かった。今までこの作品のギャグのノリはあまり好きではないなあとか思っていたけど、前回のユイといい(これはユイ自体のキャラが良かったんだけど)今回のイスが吹き飛ぶときのスローと音楽といい、思わず吹いてしまいました。いよいよ本領発揮といったとこでしょうか。

今後もこんな感じで進んで行くなら別にシリアス方向に持ってく必要もなく、楽しめそうな気がするけどそれはそれでやはり物足りない気がすることになるんでしょうね。

それにしてもいつも無表情な天使がやけに切なげに見えた今回でした。
テスト後の彼女のみてるとちょっと後味が悪い気がしますな〜。次回からもまだ出番があるのかな。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

うー

「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新コメント
pixiv blogparts - Daily Ranking
  • ライブドアブログ