ただなんとなく・・・・・

跡地です。アニメ感想は下記のURLでジャンプ http://ttyuasa.blog69.fc2.com/

2011年01月

こちらのブログでアニメ感想など書いております。よかったどうぞ。   http://ttyuasa.blog69.fc2.com/       

放浪息子 第3話の感想

倒錯劇に込められるそれぞれの思い。放浪息子3話の感想です。

文化祭の出し物で倒錯劇を提案したのは千葉さんでした。この提案には彼女の二鳥君に対する好意が含まれていると思います、千葉さんが二鳥君に好意を持っていることは以前から表現されてましたが、まだその思いは消えていないということです。それに二鳥君が女性の服を着ることにも抵抗がないというところは少し意外でしたね。むしろ服を進めているときの彼女のテンションの上がった感じから彼女が後押ししてるようにも見えます。まあその姿はかわいかったんですが。高槻さんと二鳥君との関係がギクシャクする前はもしかしたらあんな感じの女の子だったのかもしれません。だとすると今の彼女の心は嫉妬でかなりの荒んでしまったみたいです。それでもこのギャップを見せたことで千葉さん株が急上昇してるのも事実で今ではあのツンケンした態度もかわいくみえしまいます。

ここでちょっと思ったのは千葉さんの好きという気持ちは男としての二鳥君に向けれたものなのかということです。確かに優しそうな感じでく可愛い容姿なので女子受けはよさそうな気はしますが、女装までありというのがよくわからないんです。彼のすべてを受け入れられるほど大人だとも思えないし、このあたりは表現されたりするのかな。それとも女性の服を着る、かわいいものが好きなことは普通のことなのかな。あの笑顔を見るにただ単に高槻さんに対する嫉妬や意地だけではないとは思いますが。

それにしてもなんとも表現しづらい作品ですね。二鳥は女の子になりたいのか単にかわいいものが好きなだけなのか。高槻さんを好きなのは女の子してそれとも男の子として。たまたま今回の劇のテーマみたいに女の子になりたい男の子が男の子になりたい女の子に好意をもってしまっただけなのか、このテーマになるとわかるようなわかならいような感じになります。

それでも思春期の淡い雰囲気が味わえるので楽しんではいますが、いろいろと複雑ですね。

放浪息子 1 [Blu-ray]
放浪息子 1 [Blu-ray]
クチコミを見る

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

魔法少女まどか☆マギカ  第4話の感想

さやかの願いは恐怖を超えた。魔法少女まどか☆マギカ第4話の感想です。

マミの死が魔法少女の残酷な現実を二人に突き付けました。まどかはまだ悲しみの真っただ中で彼女を思い出しては涙してます。この出来事だけでまどかの思いを動かすのは十分なようで魔法少女になりたいという願望に表れた、力に対する憧れと少しの正義感は心の奥にしまわれました。それにあの場面を見て揺るがないほどの叶えたい願いなど彼女にはないのです。それくらい平穏で楽しい生活送っているようにみえました。

一方さやかの場合は少し違います。彼女には実際に叶えたい願いがあるのです。マミの死を受けてまどかと同じように魔法少女になることを一旦はあきらめようとしますが、上條さんの弱さを目の当たりにして彼女の思いは自分の命を上回ってしまいました。誰かのための願いはある意味自分の願いより厄介なものなのかもしれません。自分の願いならあきらめることも簡単ですが今回のような場合上條さんを好きでいる限りこのつらい現実から抜けられないのです。さやかも自分を嫌な子だというように心の中には手を直すことで彼に感謝されて好意を持ってもらいたいと期待したのも事実だとしても、それでも彼に好きになってもらうという願いでなく、手を直してほしいというところに彼女が本当に彼を好きだという思いが伝わります。

ついに契約を結んでしまったさやかですが、他の魔法少女登場で何やら魔女だけでなく彼女たち同士の殺伐とした展開もありそうな感じがしてますね。他人の願いのために戦う異質な彼女が悲しい結末を迎えなくてすむ方がよいのですが、この契約の経緯を見るに悲劇には格好の餌食になりそうです。依然すべてを知っていそうなほむらの発言やキュウべえの不気味さが気になりますが、まどかが恐怖を超えて決意する理由にも注目です。

もしかして契約しない展開もあるのかな。次回も楽しみです。

魔法少女まどか☆マギカ マイクロファイバーミニタオル 美樹さやか
魔法少女まどか☆マギカ マイクロファイバーミニタオル 美樹さやか
クチコミを見る

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

「今期終了アニメ(12月終了作品)の評価をしてみないかい?11」

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人のピッコロさんの企画。「今期(12月終了アニメ)を評価してみないかい?11」。に今回も参加させていただきたいと思います、ピッコロさんお誘いいただきありがとうございました。評価項目はいつも通りなのでそれでは参りましょう。


○ そらのおとしもの f <<フォルテ>>

そらのおとしものf (フォルテ)第1巻 [Blu-ray]
そらのおとしものf (フォルテ)第1巻 [Blu-ray]
クチコミを見る

ストーリー  3
キャラクター性 5
画 4
演出 5
音楽 4
総合的な評価 4
合計 25
智樹のエロに対するどん欲さを余すことなく活かした作品になっていて、その終始ブレない姿勢は素晴らしいと思います。時折見せるシリアスな展開が余計におバカなシーンを引き立てる存在になって、新しく登場したエンジェロイドやますます暴走する智樹の欲望に1期を超えるパワーを感じました。ぜひともまたみたい作品ですね。

○ 屍鬼
屍鬼 4(完全生産限定版) [Blu-ray]
屍鬼 4(完全生産限定版) [Blu-ray]
クチコミを見る

ストーリー  5
キャラクター性 4
画 3
演出 4
音楽 4
総合的な評価 4
合計 24
とても見ごたえのある作品です。キャラデザに癖がありますが、田舎の閉塞感と得体のしれない死の蔓延が恐怖を煽ります。話が進むにつれて恐怖の対象がいろんな広がりを見せますがその中に人間に対する恐怖が含まれているのがおもしろいですね。多少画的にきついシーンをありますが、それを前面に押し出すようなホラーものとは違う話のおもしろさが味わえるアニメだと思います。

○ 伝説の勇者の伝説

伝説の勇者の伝説 第1巻 [Blu-ray]
伝説の勇者の伝説 第1巻 [Blu-ray]
クチコミを見る

ストーリー  3
キャラクター性 4
画 4
演出 3
音楽 4
総合的な評価 4
合計 22
主人公のライナとフェリスの掛け合いや戦闘シーンの残酷さなどは迫力があり良かったと思います。、2回ほど入ったギャグ回も個人的に良かったのですが、原作がかなり長く続いてる作品らしいので仕方ない部分もあると思いますが、後半の展開が特に終わり方はわかりにくかったのが少し残念です。それでも久しぶりに冒険ファンタジ―の王道をみた気がしましてけっこう楽しめる作品でした。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

君に届け 2ND SEASON episode.3 忘れて の感想

焦る気持ち。それなのに口にした言葉は。君に届け 2ND SEASON episode.3 忘れての感想です。

風早の焦る気持ちの大きな原因は健人にあります。彼は今まで自分が一番仲のいい男子だと思っていたのは前回の言葉から明らかですよね。でも2年生になって自分と同じように隣の席の健人と爽子が仲良くしているのをみてきがきでない状態です。そんなもやもやした気持ちのことを龍としゃべっているときは、そろそろ気持ちを伝えるんじゃないかというくらい我慢の限界にきているように見えました。そんな風早の真剣さとは裏腹に龍の爽子に対する印象がこけしというとこはおもしろいですね。おそらく風早を除いてほとんどの男子は龍と似たり寄ったりな感じなのでしょう。しかし案の定、爽子の良さにあの男が気付いてしまったのです。

そんな折、貞子ノートのうわさを聞きつけてまた爽子の放課後講習会が開かれて、風早のお膳立てもあり多くのクラスメイト他が集まりました。とても雰囲気のいいクラスと人の役に立てたこと、頼ってもらったことがうれしい爽子も自然に笑顔がこぼれます。これにはいつも不気味な笑顔ばかり見てた健人がドキッとするのには十分でした。彼がいつも爽子に はい笑顔 と話しかけてますが、女の子の一番可愛い表情が笑顔だと思ってるからなのかもしれません。風早とはなんか違う種類ですが、健人も最初から普通に接してきたので爽子もけっこうなついているようにも見えますし、もしかしたら健人ルート的展開も可能性としてはありな状況なのかなと少しばかり感じました。さらに風早の忘れての言葉に爽子の戸惑った表情をが追い打ちをかけます。おそらく風早は彼女を困らせたのをダメだと思っての言葉なんでしょうけど、爽子の頭の中では、もしかして好意を持たれてるというほんの少しの希望さえ打ち砕くきつい言葉になったんじゃないでしょうか。

もどかしい気持ちいっぱいで、前回より余計にこじれてしまったような気がしますが、このあと爽子ではなく風早を待っていた健人の真意が気になりますね。もしかしてライバル宣言なんかしたりするんでしょうか。次回も楽しみです。

「君に届け 2ND SEASON」 Vol.1 [DVD]
「君に届け 2ND SEASON」 Vol.1 [DVD]
クチコミを見る


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

これはゾンビですか?  第3話の感想

織戸が引き合わせた女子に歩の熱が上がっていく。これはゾンビですか? 第3話の感想です。

ついに歩のハーレムが織戸君にばれてしまいました。ばれるまでけっこうな女子に対するモテなさぶり、かわいそうな感じを十分見せて置いてからでしたので、彼のショックの受け方が余計伝わります。織戸君のようなキャラはこんな感じの作品にはよく見かけられますが、廃れることなく出続けられるのは定番ながらのおもしろさがあるからなんでしょう。実際おもしろいですしね。それに今回は歩家居候の3人の日常を小気味いいテンポのギャグとお色気シーンを混ぜてほのぼのとした感じでみれたのはなかなか良かったです。

ところで肝心の犯人探しの方ですがいきなり進展しそうな雰囲気をだしてきました。織戸の知合いで連続通り魔の被害者京子ちゃん。彼女が目撃した犯人の特徴はユーとそっくりだというように聞こえますが、そのまま単純にいくわけありませんよね。
もしユーが犯人なら歩をゾンビにしてまで生かしておく意図がわからないし、一緒にも住んでもいないでしょう。まあ間違ってやっちゃった。ごめんなさい的なノリならなくもないような気がしますが。

さて新たに登場したツインテ巨乳の妹キャラに歩も興奮いや彼女の犯人の話にボルテージも上がってきたようですが、ユーが犯人とは思えないようです。今後ユーに対してどのような行動を取るのかが気になるところですね。

これはゾンビですか? ハルナ スムース 抱き枕カバー
これはゾンビですか? ハルナ スムース 抱き枕カバー
クチコミを見る


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
最新コメント
pixiv blogparts - Daily Ranking
  • ライブドアブログ