ごめんなさいよりありがとうを。君に届け 2ND SEASON episode.9 告白の感想です。

ようやくここまで辿りつきました。自分のせいで風早君に何かをさせている。そんな申し訳ない気持ちが強すぎて口から出る言葉はごめんなさい。迷惑かけてごめんなさい、気を遣わせてごめんなさい。これは一見、自分の気持より相手のことを考えてるようにみえますが、ごめんなさいと謝られてもその行動をとった方はあまりうれしくありませんよね。風早が感じるようになった彼女との距離はこのような積み重ねが大きかったような気がします。だから自分のその時感じた素直な気持ちを正直にありがとうと伝えた爽子の入り方はとても良かった。

いつもみたくやのちんたちを探しに来たと勘違いする風早くんの変な気遣いもきちんと遮り、勇気をだしてよく自分の気持ちを言葉にしました。ゆっくりと流れる時間の中、風早に表情の見えないドア越しの告白は面と向かえない精一杯な感じを出していて、それもまた彼女らしくてよかったです。そのおかげで風早が抱き寄せたあとの彼女の表情はいつもより2割増しぐらいにかわいかった。いや今回は総じていつもよりとてもかわいい爽子でした。やはりこれは恋がなせる仕業なのですね。

ジョーの乱入には多くの非難がありそうですが、まだ10話なので今後もニヤニヤタイムが楽しめると考えれば、いい仕事をしたと思えるかな。ここでいきなりキスをされてもそれはなんかこの作品の流れとは違う気がするし、二人にはきちんと段階を踏んでほしいと思っていたのでこれはこれでいい気がします。

なんとなくお預けをくらった感じはしますが、風早にはきちんと爽子の気持ちが届いたようです。まだ彼女自身は勘違いしたままみたいですけど、それは次回彼が何とかしてくれるでしょう。

ピンのカッコ良さも際立ってましたし、またはじまりの時のような甘酸っぱい気持ちを楽しめそうなのは何よりですね。

君に届け 10 (マーガレットコミックス)
君に届け 10 (マーガレットコミックス)
クチコミを見る

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村