もう少し前に。放浪息子第9話の感想です。

千葉さんと仲直りしてからの高槻さんは柵から解放されたように自分の気持ちに素直に行動してるようです。律儀に二鳥君と遊ぶ許可を安那ちゃんにもらったり、男子の制服で登校したりとこれまでの彼女から感じられなかった生き生きとした描写が印象的でした。

これにはただでさえ、安那ちゃんと付き合うことで生じた高槻さんとの距離とは別に、自分の気持ちに正直に行動しようとしている姿も二鳥君が彼女を遠くに感じる要因なんでしょう。

きっかけは土井さんかも知れませんが、そんな高槻さんをみて二鳥君を女子の制服で登校することを決心をしたのは容易に想像できます。いくら彼女がいても二鳥君にとって高槻さんは、単なる好意をもってた女の子以上に同じ悩みを共有している特別の存在ということを改めて実感しました。ここへきてようやくといったところでしょうが、それは同時に千葉さんのターンが終了してしまったということみたいですね。

とても残念。

いずれにしても二鳥君の踏み出した一歩で状況が変わることは確かです。幸いにも彼の周りに理解ある友達がいることが救いですが、まこちゃんの最後の言葉からとても好転するような感じがしないのがきついですね。

一体どのように結末へもっていくのか非常に気になります。

放浪息子 もふもふミニタオル 二人柄
放浪息子 もふもふミニタオル 二人柄
クチコミを見る

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村