映画「白ゆき姫殺人事件」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)
YouTube 映画『白ゆき姫殺人事件』予告編  動画
あらすじは惨殺されたOL三木典子(菜々緒)を取材する赤星雄治(綾野剛)と、殺人事件の有力容疑者としてマスコミに取り上げられる城野美姫(井上真央)をネット炎上や人の噂の怖さを通して描く推理サスペンス映画である。
mao inoue

実際の殺害現場に訪れてツイートする軽薄なディレクター役の赤星雄治(綾野剛)をストーリーテラーとして、人の話のいい加減さやマスコミやテレビ番組などの問題点を描いていく前半と、城野美姫(井上真央)の同級生、谷村夕子(貫地谷しほり)との小学生時代のエピソードや実際の種明かしが語られる後半 とではガラリと映画の雰囲気が変わる。

チョット屈折したキャラながらも実に魅力的な役を貫地谷しほりが好演、城野美姫(井上真央)をかばう大学生時代の同級生、前谷みのり(谷村美月)など人生においてこういう友人がいるという事が財産なんだなと思わせるあたりがなかなか巧い。

内容自体は冤罪をテーマにした昔のドラマから拝借している感がありストレートニュースやタブロイド、心療内科医涼子のトラブルメーカーの回などを思わせます。(ストレートニュースも米倉涼子や中越典子の出世作ですよね。ストレートニュースや女医とか再放送して欲しい。)

ストレートニュース 第3話 動画

同じ作者の湊かなえ原作の映画「告白」が色々ゴリ押しだったのに対して、こちらの「白ゆき姫殺人事件」の方が面白いのに評価が低いのが皮肉である。

予告編の動画を見ると物凄く重苦しい映画のように感じますが、後半は城野美姫(井上真央)の自虐的なコメディ映画になるので軽いノリで見ていい映画だと思います。