2018年07月12日

 2年の長縄です。7/7に行われた最終土曜練について報告いたします。

 朝は少しだけ天気が心配されましたが部活が始まる頃には晴れ渡り、Sセメ最後の土曜練も代々木公園を走ることができました。
 今回のお題は「好きな映画」でした。洋画からアニメまで様々なジャンルのタイトルが飛び交い、新しいジャンルの開拓に繋がった人もいたようでした。今度部員で映画鑑賞会をするのも面白そうですね。ちなみに旧作DVDはツタヤで2泊3日100円で借りられるそうです。
 土曜練後は昼食、プラン確認会などの後、部会を行いました。最終土曜練ということで議題が多く、かつてなく長い部会となりました。1年生は例によって穴埋めプリント式で安全講習会を受けましたが、昨年の自分達よりもしっかり答えられており夏合宿への期待が高まりました。
 18:00からは最終土曜練コンパが行われました。4年生の方も久しぶりに来てくださり楽しい部会となりました。また1年生と上級生の親交も随分深まったようでした。
以上で報告を終わります。


(19:08)

2018年07月09日

2年小堺です。

本日はトレラン、すなわち日帰りサイクリングを行いました。
我が班は千葉の保田駅から勝浦駅までの房総半島先端部の横断をする予定でしたが、さまざまなトラブルに見舞われ上記の行程を達成できませんでした。輪行に不慣れな下級生が準備に手間取り、平地なのになぜか牛歩の如く進行速度で、プランを作成した上級生の過失によって道を誤り、筆者のタイヤがバーストして処置に時間がかかり、上級生のタイヤもバーストして処置に…。結局ほとんど見どころも回収できず途中の安房鴨川駅で解散のはこびとなりました。今回はじめてのトレランだった1年生は気の毒です。本来トレランは楽しいものなので秋学期のトレランではぜひとも楽しんでいただきたいです。

以上です。

(08:22)

2018年06月28日

2年岡崎です。6/9に行われたダート月例について報告させていただきます。

今年のダート月例は秩父で開催されました。プランナーは東京近郊で部の公式行事で走るのにふさわしい良いダートを見つけるのに苦労していたようです。プラン作成お疲れさまでした。

8:30に西武秩父線正丸駅に集合し、5つの班に分かれて順次出走。4年生も来ていて非常に賑やかでした。刈場坂峠まで登ってその後は尾根伝いに進み、昼食場所である堂平山へと向かいました。パラグライダーをやっている人がいました。快晴だったので非常に気持ちよさそうでしたね。

昼食をとったあと、本日のメインディッシュ・ダート区間へと突っ込みました。昨年のダート月例に参加していなかった私にとって初めての本格的なダートでしたが、思った以上に楽しむことができたというのが個人的な感想ですかね。メカトラや転倒などもあり、全員での月例完走が危ぶまれましたが、なんとか皆で解散地の小川町駅にたどり着くことができました。

安全確認を徹底することの重要性を再認識させられた月例でした。皆さんお疲れさまでした。

以上で報告を終わります。

(22:54)
2年冨田です。
本日は午前中に夏合宿の班決めや6/30に実施予定のトレランの班決めを行い、土曜練として代々木公園まで往復でランニングや筋トレを行いました。副将の大嵜が不在であったため、自己紹介の際堀川の提案により「夏休みにやりたいこと」について話すことになり、部員皆充実したプライベートの予定を語っていました。その後1年生向けに安全係の堀川によるパンク講習会を実施し、一部の2年生の引率で1年生と苗場での昼食となりました。自分は引率に参加しなかったのでよくわからないのですが皆大盛りのカツカレーやラーメンチャーハンセットを平らげていたようです。その後OB総会を実施し、解散となりました。
以上6/23の活動報告とさせていただきます。

(12:37)

2018年06月23日

副将の大嵜です。6/2,6/3で行われた六月月例について、報告させていただきます。今年の六月月例では神奈川県の県道75号、椿ラインを走りました。幸いにも天気に恵まれ、一年生初めての本格的な旅行班活動として良いスタートをきれたのではないかなと思います。
椿ライン自体はずっと斜度も5%ほどで、登りやすい道でしたが一年生の皆様はいかがだったでしょうか。僕自身は、去年の六月月例で足柄峠に行った時とは疲労の度合いが全然違い、去年と比べて体力、脚力がついたんだなぁと感慨に耽っていました。展望台では、眼下に芦ノ湖を綺麗に望めました。宿は近年改装がされたようで、コスパ水も設置されているなど、設備が整っており名門でした。夜はプラン発表会を行いました。どの班も良く考えられていて良いプランだったと思います。大嵜班は予想通り強度面で指摘がありましたね…。ただ付近に宿泊場所がないため、強度はどうしようもないという結論に至りました。下級生をprに連れて行くなどして対策をしようと思います。プラン発表会の後は宴会を行いました。一年生とコヨーテをして親睦を深めました。三年生とは(自主規制)をやって盛り上がりました。デリカシーの無さを発揮してしまい、大変申し訳ありませんでした。特に池田が激おこだった…。(自主規制)では、冨田が非常に強かったのが印象的でした。やはり将棋で培った読みの技術が強さの秘訣でしょうね(適当)

2日目は下り基調の走りやすい道でした。途中で富士山が綺麗に望めました。何度見ても富士山は良いものだなぁと改めて思いました。まあそんなこんなで御殿場駅に着いて、プランナーの岩本をいのこして解散しました。

以上です。


(16:14)

2018年06月22日

2年岩本です。

午前中にNSRfrom富山の反省部会・安全講習会を行った後、代々木公園まで走って自己紹介と筋トレをしました。二部練は今学期入ってからまだ無いので、そのまま土曜練を終了しました。みんなが楽しめる二部練、なんか無いかなあ・・・
その後1年生に向けて、輪行解除の仕方を説明して、1年生に付き添ってゴアや寝袋を購入しに行きました。
以上で5/26の活動報告を終わります。


(13:20)

2018年06月03日

2年磯崎です。
今回の土曜練は新1年生を迎えてから初めての土曜練で、新しい年度が始まったことを感じさせるものでした。次週に控えたNSRfrom富山の直前部会を行った後、いつものように代々木公園まで走って自己紹介と筋トレ。その後バレーコートの工事のせいで滅び去った2部練バレーに代わりフリスビーを使ったゲームをしようとしましたが、人数が多すぎたせいかよくわからないまま終わりました。土曜練終了後は1年生に付き添って自転車を購入しに行きました。早く1年生のみんなと自転車に乗りたいものです。
以上で5/12の活動報告を終わります。


(23:19)

2018年05月28日

2年の池田です。
本日は午前中に代々木公園までのランニング・筋トレを行いました。1年生が入部する前なので2、3年のみの寂しい土曜練となりました。特に自己紹介では4年生のギャグセンスの素晴らしさを痛感致しました。昨年通りならランニング後にバレーボールをするところなのですが、コート跡に建物が入るということでお取り潰しにあってしまいました。2部練はこれからどうなってしまうのでしょうか...
というように内容の薄い土曜練だったので以上で活動報告とさせて頂きます。
今年度も旅行班一同、活動に励んで参ります。


(14:07)

2018年01月31日

一年森です。
この日は盛り沢山でした。まず午前の部会では安全講習会が開かれました。
各々自分の事故状況でウケを狙ってこられるのが印象的でした。面白かったです。
午前の部会で春合宿の班を発表する予定だったのですが、部屋を取っている時間ぎりぎりまで部会がもつれてしまったので、班発表は代々木公園でやることになりました。
代々木公園での班発表では、いつも筋トレをしているところにある謎のオブジェクトから次々とプランナーが出てくるという方式でした。悪い茶番と良い茶番があるとしたら、あれは多分いい茶番だと思います、多分。
最終土曜連コンパでは4年生の先輩も来られて、学年の垣根を超えて盛り上がりました。
土曜連もこれで最後かと思うと寂しいですね。来年は上級生として後輩を引っ張っていきたいです。


(23:38)

2017年12月22日

こんにちは。1年の小堺です。
最近寒くて自転車に乗るのが辛くなってきました。そんな現在と比べたらまだ大分暖かかった1ヶ月以上も前の頃の話ですが、11月3日に行われた東慶ランについてご報告いたします。

9時30分西武秩父駅に集合しました。この日は2〜3週間ぶりの晴れとなり東慶ラン日和(?)の天気となりました。鉄道で集まった東大勢に対して慶応勢が車で来ていたことが印象的でした。参加者が集まったのちttスタート地点まで移動しました。
今回のコースは最大斜度15パー超の激坂峠、釜伏峠です。あらかじめ割り当てられていた順番に従い、2人1組のペアが次々と出走していきました。残るところ数組のみとなり、私もついに出走しました。少し進むと自分の心拍数を十分にあげる間も無く激坂区間へと突入しました。ギアをインナーローにいれ、中高の陸上部で鍛えた心肺能力を頼りに漕いで行くと先に出走した方々をごぼう抜きできて爽快でした。東大勢はランドナー中心のため自転車のギア比が低い人が多いのですが、対照的に比較的ギア比が高いロードバイク中心の慶応勢はとても苦労しているように見受けられました。最初の登りの後、1回の下りを挟んで再び登板し、そしてゴールです。
約5キロのコースでタイムは23分でした。私の陸部時代の5000mベストタイムが17分台後半であったことを考えると、このコースの勾配がいかにきつかったかがわかると思います。数名が道を間違えて余計に登ってしまったり、ある人はメカトラにみまわれたり、慶応のロードが斜度がきつすぎるあまりバランスを崩して転倒したりと様々な苦労があったようですが、一応全員完走できました。その後峠で歓談したり昼食をとったりし、その後表彰と景品の授与が行われました。私も景品としてmont-bellのコンパクト輪行袋をいただきました。
最後に来た道を引き返し、西武秩父駅にて解散しました。

来年の東慶ランはttなんかにせずただの交流ランにしようといった意見が上級生から聞こえて来ましたが、もしそうなるなら寂しいような気がします。やはりこのように強度が高い運動をするとアドレナリンが出て楽しいですから。普段のゆるい活動の中に今回のttのような変わり種があると活動にメリハリがついてよいと思います。是非とも来年もttであって欲しいものです。

何はともあれお疲れ様でした。以上です。

(17:52)