「日本」88ブログトーナメント

 全国高校サッカーの決勝を
      テレビ中継している画面を(目を凝らして)
                     よく見ると “第96回”
 ‥ということは
  サッカーにも
   (何を隠そう?)野球と同じくらいの歴史があったのだ

 驚いた


 今や
  人口、人気共に国技と言ってもいいくらい
       老若男女に浸透している野球の方は、すでに
    世界でも 1.2を争うくらいの実力があるというのに
 ‥サッカーの方は、いまだに
      せいぜい、ワールドカップに出場出来るかどうか‥

 野球と比較したら 「そいつは、心外/失敬/(あまりに)可哀想」
        と言いたくなってしまう方も多いかもしれないが‥
 (実際にサッカーの一翼を担っている彼らや
   特に熱烈なサッカーファンの方々には‥?)

 それで、(オイラは)思ったのだ
   あの王/長嶋の出現が、いかに日本野球を強くし
            世界の野球先進国に押し上げたか、を‥
 もちろん、二人の力だけで
      出来得たものではないだろう
    数えられないくらいの たくさんの人たちの力が
             あればこそ、とは思ってはいるが‥

 それにしても、やっぱり彼ら二人が
          野球の人気に火をつけたことには間違いなく
 (-巨人・大鵬・卵焼き- の “いわれ” の
   一つになっているのは、事実だし?)
 あらためて
 その
  存在-貢献度の大きさを思い知らされたのだった