オリンピックシーズンの、開催日近く
 (今回の -この平昌でいえば- ちょうど “今頃”?)
    になってくると
 (毎回)各競技の代表選手に決まった選手が、続々と
    各マスメディアから、“金メダル候補” として
               賑々しく紹介されるようになる
  
 ‥と (そういう話を総合すると)
    いかにも、我が日本は
 (この大会では、さぞかし)
    金・銀ザックザックの大会になるような気がしてきて
   イヤが応にも?、じき開催されるオリンピックに対する期待が
                              異様に脹らみ
   ‥いつも、ウハウハ気分で観せられてしまうのだが

 ‥が゛
 (始まってみれば
  何ということはない)
  結局
 金メダルを手にするのは、ほんの僅か数人
 銀メダルも、数人
 銅メダルですら、せいぜい両手で数えられる程度で‥

 ‥で、なにか裏切られたような
      あるいは、‥あの盛り上がりは 一体何だったんだろう
   もしや、騙されたのでは、‥などと思ったりすることになる
 (騙された方が悪いのか?  勝手に
   自分で盛り上がっただけなのか?)

 今
 (オイラは、ここで)
  何を言いたいか、と言うと
 つまり よその国でも、参加選手となれば
                (どこの国でも) みんな
 (ヤッパリ)
    “金メダル候補” として紹介されているのだろうし‥
 そんな選手たちが世界中からゴロゴロ集まるような
                       そんな国際大会では
 ‥幾ら、国内で “金メダル候補” と騒がれていたとしても
     (高値の花の)金のメダルは
          そう易々とは取らせてくれないもの、‥なのだろう

 それだけ、「世界は広い」 ということなのだ‥