自分の人生史上

 (-身体的に-
   こんな不便を強いられているとはいえ

  ‥それを加味しても)
 独居生活をしている、この今が
  一番幸せなんじゃないか、と思うときは多い


 (ということは)

 オイラの これまでの

 (何故か 
   意味不明の=まるで突然発狂したかのような?


   悪行/奇行/愚行の)数々の所業は
 こんな生活が欲しかったがための
         (止むにやまれぬ)策略ではなかったか

 (決して、“後付け”の理由なんかじゃなくて)

    と思っていいのかもしれない