「原さんでもか」‥と思った

負けが混むと

 (薄ボンヤリした)暗雲を呼び込んでしまうのは

    高橋さんだけじゃなかったのだ


すると

 どんなに負けが混もうと

  たとえアルマゲドンが来ようと 
(たぶん)

決して明るさを失うことの無さそうな "長嶋さん"は

   (今更ながら

     ヤッパリ)稀有なヒトなのだ‥
               am7:30