Twitterはじめました

日曜日のG1阪神ジュベナイルフィリーズの予想です。






阪神JF
◎クロノジェネシス
◯ビーチサンバ
▲レッドアネモス
★プールヴィル





本命はクロノジェネシス。
新馬、前走と高いパフォーマンスで相手が弱かったとはいえ余裕のある勝利。
まだまだパフォーマンスを上げる可能性もあってこのメンバーでも期待できるはず。

対抗はビーチサンバ。
前走はハイペースを早めに仕掛けての2着で着順以上に評価できる内容。
ただ前走、早仕掛けで終い甘くなった分を考慮してもう少し後ろからの競馬を選択する可能性が高く、今の阪神の馬場を考えると中団〜後方からの競馬は危険ですし全幅の信頼を置ける様な馬ではないかと思います。

そうなると先行できる馬というのが大きなアドバンテージになると思うのですが、その中でもレッドアネモスを高く評価してます。
新馬、前走共に緩いペースでしか競馬してませんが、競り合った相手を抜かせないという勝負根性は素晴らしいものがあります。
調教もかなり速いタイムで走るんですが、まだまだ余裕がある雰囲気でもう一つくらいギアがありそうな印象を受けます。
実は本命まで考えていましたが、左手前が得意で左手前を多用することと右手前にややぎこちなさがあるということで、ここまではそういう面を見せてませんけれどもその辺りが3番手まで評価を下げた要因です。


プールヴィルは内枠を引いたことで距離延長を克服してくれれば。一週前追い切りで強く負荷をかけたことでかなり良化した印象。前残りの展開と内をロスなく立ち回った上でどこまでというところですが、人気薄ではこれを買いたいですね。



ダノンファンタジーはファンタジーS前までは一番高く評価をしていたんですが、前走ファンタジーSがあまり強い内容ではなくて、適距離のマイルに距離延長すれば大幅にパフォーマンスを上げるという様には見えなかったのが大きく評価を下げた要因です、
それでも人気するならば他に買いたい馬がいるので印は回せませんでした。

もう一頭の人気馬シェーングランツは最後の脚は素晴らしいものがありますが、前走の勝利は展開が向いたという内容で、それでいてあの着差なら2着のビーチサンバを評価したいというのが正直なところです。
出遅れも心配な点でおそらく後方からの競馬になりそうで、まず出遅れないこと。そして4コーナーの時点である程度先団を捉えられる位置取り、つまり縦長の隊列ではなく馬群が詰まった展開でないと届かないと思っています。かなり好走する為に越えなければいけないハードルが多いという印象で厳しいかなと思いますので消しました。


日曜日のG1チャンピオンズカップの予想です。







チャンピオンズC
◎ルヴァンスレーヴ
◯サンライズソア
▲ウェスタールンド
★ミツバ






本命はルヴァンスレーヴ。
スタート次第ではありますが、包まれないよう先行するはずでいい位置は取れるでしょう。
能力は高いと評価してますので押し切ってくれると期待しています。



対抗はサンライズソア。
この馬にとって前走はかなり厳しい競馬で、それでも3着に残したというのはかなり高い評価をしていい内容。
対抗にしたのはモレイラ騎手が中京ダートでどうかという点だけが不安材料です。


▲はウェスタールンド。
前走は明らかな距離不足と他馬との接触ありで度外視でいいと思います。
決め手はありますが、軽い馬場の方が良いですし、展開の助けがないとやや足りないかなという印象の為3番手です。


★はミツバ。
近走は試行錯誤しながらなんとか成績不振を打開しようとしている印象ですが、今回この馬を買うタイミングがようやく来たという感じでしょうか。
外枠からスムーズな競馬が絶対条件でいいポジションさえ取れれば面白い一頭。
今回はブリンカーを外すということで、その効果にも期待してというところ。

日曜日のG1ジャパンカップの予想です。




ジャパンカップ
◎スワーヴリチャード
◯ミッキースワロー




本命はスワーヴリチャード。
前走はスタートで失敗してしまい後方からの競馬になりましたが、中間はゲートも練習して今度は大丈夫と思いたいですね。
左回り云々は何度も書いてますので割愛しますが、ちょうど1年前くらいから来年のJCが目標ということを陣営は明言していて、ここが全力というのは明らかです。
前走走ってない分、中間の乗り出しも早い時期から始められていて最終追い切りも時計を出さないというこの馬のパターンに当てはまるので、本命にしました。



対抗はミッキースワロー。
この馬の前走も直線でスペースがなくなりジョッキーが追うのをやめてしまったので着順通りの評価はしていません。
2走前大阪杯のパフォーマンスはなかなか優秀。揉まれ弱い面があるのでそこだけ不安ですが馬群はバラけると思いますので期待を込めて対抗に。



1番人気のアーモンドアイも買っても良いんですが、秋華賞時点での脚元の状態がやや気になります。
あの時点ではおそらく年内は休養で、JCか有馬記念出走なら消しだと思ってたんですが、ちゃんと状態を維持してここに出走させてくる辺り、ノーザンファーム外厩の調整力というのは流石だなと思います。
これまでのアーモンドアイのパフォーマンスを出す事が出来れば間違いなく馬券になる馬なんですが、今回はそれ以外の2頭を狙うという馬券で勝負することにしましたので印は打ってません。



サトノダイヤモンドは復調気配は見せてはいるものの、凱旋門賞挑戦以降、パワーにやや寄りすぎていて一般的なペースの東京2400mのレースで勝ち切れるタイプではなくなってきていると思います。先行馬が引かないでスタミナ勝負のハイペースになればチャンスはありそうですが、その可能性はそれほど高くないと見ています。



シュヴァルグランの前走は3着馬から1馬身差4着。この時点では上積みあるならJCで勝負になると考えていたんですが、2着レッドジェノヴァのエリザベス女王杯と3着アルバートのアルゼンチン共和国杯の結果を見て改めて考えるとピークアウトしてる可能性が高いというのが個人的な見解です。


↑このページのトップヘ