Twitterはじめました

日曜日のG1チャンピオンズカップの予想です。




チャンピオンズカップ
◎チュウワウィザード
◯ゴールドドリーム



今回はメンバーも揃って、チャンスのある馬が数多くいる中で安定感のある2頭を本命対抗にしました。

左回りの広いコースで本領発揮といきたいチュウワウィザードが本命。左回りならばオメガパフュームよりもこちらを評価。出負けしなければ問題無いはず。

対抗はゴールドドリーム。こちらも大きく負けはしない馬。抜け出すとソラを使ったり競り合いには強くないので、勝ち切るのはどうかという印象。
主観ですが近走を見てもピークアウトとは考えにくいので今回も上位争い出来るはず。
過去にこのレースを差し・追い込みで好走したのは内を通ってきた馬ばかり。中京は4コーナーで外を回すと大きなロスになりますので枠だけが気がかり。


三連系の馬券を買うならば、クリソベリル・インティの頭というのも考えなければいけないと思いますが今日は三連系以外の馬券でいきます。


日曜日のG1ジャパンカップの予想です。





ジャパンカップ
◎スワーヴリチャード
◯レイデオロ
▲ユーキャンスマイル




本命はスワーヴリチャード。
前走天皇賞7着。休み明け叩いての上積み見込めますし、距離延長で左回りの今回はベストの舞台。
上がりの速い高速レースよりも、今回の様なタフな馬場での力勝負の方が力を発揮できるでしょう。


対抗はレイデオロ。
今年の成績を見ると全盛期は過ぎた感じはありますがまだまだやれるはず。道悪もこなせるでしょうから対抗評価。

三番手はユーキャンスマイル。
近走は速い上がりで好走している馬ですが道悪もこなせるとみて三番手評価。他馬が馬場を気にして内を避けて通るならば、この枠でも問題ないでしょう。

日曜日のG1マイルチャンピオンシップの予想です。





マイルCS
◎ダノンキングリー
◯ペルシアンナイト
▲インディチャンプ
★フィアーノロマーノ



本命はダノンキングリー。
3走前皐月賞では、比較的荒れていた馬場の内側をやや踏み遅れた形で進み3着。
2走前ダービーは良い形で進めて直線伸びてきたが、前を行くロジャーバローズを僅かに捉えられず2着。
前走毎日王冠は、10頭立てということもあり道中隊列スンナリ決まって折り合い面も何ら問題なく追走できたことで持てる力を全て出し切って完勝という内容。
今回も折り合いの面が一番の不安要素な訳ですが内で上手く立ち回れるならば勝てると思います。

対抗はペルシアンナイト。前走毎日王冠では直線向いてからイマイチ伸びず4着。坂が影響したとの陣営コメントから、距離短縮と直線平坦替りならば。
札幌記念も後方マクりからの外を回してあの着差なら悲観する必要はないですし、安田記念も先行勢有利の馬場状態の中、スタート直後に前をカットされ後方からの競馬で万事休す。
良いポジション取れればまだまだやれるとみて対抗評価です。



3番手はインディチャンプ。安田記念の内容は展開が嵌っただけという訳ではないと思います。能力はあると判断していいでしょう。
ただ安田記念は、抜け出すとソラを使う癖を上手く制御しながらゴール板直前で差し切るという、継続して騎乗してきたからこそ出来る好騎乗があった事は事実です。
好走できるかどうかは、急遽乗り替わりとなった池添騎手がどこまでこの馬の能力を引き出せるかが最大のポイントだと思います。


あとは前にポジションを取りに行く馬の中でもフィアーノロマーノに注目。
この馬外国産馬ですがスピードはあります。前走は馬群での競馬をせざるを得ない状況で、道中も他の馬を気にする様な追走で最後は伸びず惨敗。
今回は先行策でという陣営の話ですが、個人的には思い切って逃げて欲しいですね。
この馬は逃げて競馬出来れば、もうワンランク上のパフォーマンスが出せる馬だと思います。
マイスタイルはマイル戦で逃げるのは難しいと思いますし、グァンチャーレは自在性が出てきたのでそこを活かしたいとのコメント。チャンスは大いにあると思います。


1番人気ダノンプレミアムは天皇賞からの連戦ローテがどうか。元々続けてレース使えるタイプではないですし、ここにきて最終追い坂路というのも気になります。

↑このページのトップヘ