日曜日のG1高松宮記念の予想です。





高松宮記念
◎ダノンスマッシュ
◯アレスバローズ
▲ロジクライ
★デアレガーロ



本命はダノンスマッシュ。
前走予想時点で短距離路線の一線級と書きましたが、今回は苦手の左回り。
ただNHNマイル時点では馬体の緩さが問題だという話でしたのでそこが解消されている可能性も十分にあります。それに高速馬場でも問題ないと思いますので当然上位に評価します。

対抗はアレスバローズ。
ハイペース高速決着を想定した場合、最も適性の高い馬はアレスバローズだと思います。
昨年勝利したCBC賞のメンバーレベルだったり斤量54kgだった事など、気になる点はありますが条件の揃った今回は素直に買うべきかなと思います。


ロジクライは道中の追走さえ何とかなればチャンスあるのではと思います。ただおそらく後方待機から直線勝負となると思いますがそうなると突き抜けるまではないかなという事で三番手。

デアレガーロは気性的に難しい馬で直前の落ち着き次第ではありますが、1400〜1600mよりも折り合いを心配しなくていい1200mの方が乗りやすいでしょう。あとはゲートが下手なので上手くスタート決めてくれれば。高速馬場にも対応できそうなので期待。