先日、Kali Linux 2.0がリリースされました。
isoイメージをダウンロードしてVMware Fusion 7.x にインストール。
言語は日本語を選択、あとは基本的にデフォルトのまま。

まずは最新にアップデート
root@kali: ~# apt-get update
root@kali: ~# apt-get dist-upgrade

VMware Tools (Open VM Tools) のインストール
これは普通にメニューから「VMware Toolsのインストール」としてもうまくいかない。
詳細は http://docs.kali.org/general-use/install-vmware-tools-kali-guest を参照のこと。
root@kali:~# cd ~
root@kali:~# apt-get install git gcc make linux-headers-$(uname -r)
root@kali:~# git clone https://github.com/rasa/vmware-tools-patches.git
「仮想マシン>VMware Toolsのインストール」でCDをmount
root@kali:~# cd vmware-tools-patches/
root@kali:~/vmware-tools-patches# cp /media/cdrom/VMwareTools-9.9.3-2759765.tar.gz downloads/
root@kali:~/vmware-tools-patches# ./untar-and-patch-and-compile.sh

ホームディレクトリ配下のフォルダを、日本語表記から英語表記に変更
root@kali:~# apt-cache search xdg-user-dirs-gtk
xdg-user-dirs-gtk - tool to manage well known user directories (Gtk extension)
root@kali:~# apt-get install xdg-user-dirs-gtk
root@kali:~# LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update 
Gtk-Message: GtkDialog mapped without a transient parent. This is discouraged.
Moving DESKTOP directory from デスクトップ to Desktop
Moving DOWNLOAD directory from ダウンロード to Downloads
Moving TEMPLATES directory from テンプレート to Templates
Moving PUBLICSHARE directory from 公開 to Public
Moving DOCUMENTS directory from ドキュメント to Documents
Moving MUSIC directory from 音楽 to Music
Moving PICTURES directory from 画像 to Pictures
Moving VIDEOS directory from ビデオ to Videos

デスクトップ周りの設定変更(個人的な好み)
Tweak Tool
トップバー>「日付を表示する」「秒を表示する」両方にチェックを入れる
設定
電源>ブランクスクリーン「5分」から「しない」に
 
日本語入力対応
root@kali:~# apt-get install uim uim-anthy -y
reboot後、「Shift+スペース」キーで日本語入力できる。
※なぜかアイコンが表示されない。継続調査。