November 04, 2006

チャーハンは作ってるときも、食べてるときも美味しい!

レタスチャーハン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休みの朝は、チャーハンか、パスタ。

気軽につくる一品として、冷蔵庫にあるものをベースにいつも考える。

今日はチャーハン。

ミレーさんから届いた、卵と、レタスがあるので、これをベースにつくろう!

生ハムも確かあった!

で、

レタスチャーハン

 

中華鍋に、サラダ油をあたため、溶いた卵と、白ネギみじん切り、わけぎみじん切り、ザーサイみじん切り、生ハムを炒める。

ご飯と、鶏がらスープのもと、塩コショウ、しょうゆを鍋ふちから流しかけで、しっかりいためる。

最後に、ざっくり切りのレタスと香り付けにごま油を加え、再び炒めて、

で、できあがり!!!

 

写真は、ユリ蔵仕様。

チャーハンって、作り方は定番になっても、完成品は永遠に新作でいきたいですね。

チャーハンは、一人暮らしのときからの持ちネタ。

でも、本当に美味しくなったのは、ビストロ・パパをはじめてからかな。

特に料理を習ったわけではないので、あらゆる本を読んで試して、そして自分流にアレンジされて今に至る。

もちろん、チャーハンの師匠は、

ケンタロウさんでしょうね。

ケンタロウのフライパンひとつでうれしい一週間!

ゴマ油と、ネギたっぷりは、ケンタロウさん流。

鉄の鍋(僕は中華鍋で、ケンタロウさんはフライパン)でつくるのもそう。

 

でも、実はチャーハンって作ってるとき、なぜか楽しんですよね!

 

このチャーハンのさらに、最高のおいしい食べ方がありました!

マジ美味!

明日ご紹介します!



tuckeym at 08:14│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote パパ料理・新作06 | ごはん

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字