大好きな手羽元のスパイシーグリル焼き|初佐世保バーガー朝食べると元気になる豚汁の法則

January 05, 2010

日本初の育児雑誌「赤ちゃんとママ」ビストロパパ掲載|赤ちゃんからの報告

赤ちゃんとママb

赤ちゃんとママ 2010年1月号

赤ママ1チャンネル ビストロパパ掲載



日本で初めての育児雑誌で創刊43年。

すごいことですね。

その時掲載されていた赤ちゃんは、すでに僕よりも年上です。


赤ちゃんとママ中面b

「お父さんが作る家庭料理を文化にしたい」


自分がそうだったように、赤ちゃんが産まれるタイミングは、男性の働き方や生き方を自分の理想に変えるチャンスだと思っています。

女性は、妊娠/出産をすることで「ママ」へと意識が変わりますが、男性は自ら積極的に意識し、行動しないと変われません。

パパ料理も、ユリ蔵やマオ助が産まれたことで始めだした料理。

「パパ」料理ですから。


「パパ」になったら、「料理」をはじめる。

このタイミング。


そして、パパになって家族のために料理を始め、それが次第に文化になっていく。

ビストロパパのビジョンです。





この雑誌は定期購読などで購入できますが、健康保険組合等を通じて、赤ちゃんが産まれるともらえたりするらしいです。


そんな経由で雑誌を見て、すぐにメールをいただいた方がいました。

京都で食品関連メーカーで活躍されている大学時代、京都ロイヤルホテルのアルバイトでお世話になったG先輩という男性です。

なんと、待望の赤ちゃんが産まれ、「赤ちゃんとママ」の雑誌をもらって初めて読んだら僕が掲載されていたというわけです。

連絡をいただき驚きましたが、この話には続きがあります。


G先輩は、同じホテルでアルバイトをしていたYさんと結婚されたのですが、きっかけをつくったのが僕でした。

10数年ぶりに3人で京都で食事をする場をつくったのが縁だったとのこと。

創刊43年の雑誌に僕が掲載されたのが初めて。

偶然目にしたG先輩が僕に連絡をしてきたのは、産まれてきた赤ちゃんが、「赤ちゃんとママ」の雑誌を通して僕に報告したかったんだなと思いました。


「あの時の再会がきっかけで、パパとママが結婚して、僕が産まれてきたんですよ。ビストロパパさん。」


そんな感じです。

G先輩、Yさん、おめでとうございます!

次回会うことを楽しみにしています。


パパ料理研究家 滝村雅晴







 
ひろがれ!パパ料理!応援クリックお願いします!


ひろがれ!パパ料理スタイル!応援クリックお願いします!





パパになった方への贈り物。

一澤信三郎帆布×BistroPapa コラボエプロン 

 

子供のお手伝いエプロン kotetsudai Apron 

Mサイズ × 8カラー

Sサイズ × 8カラー
 

Bistro Papa Online Shop



tuckeym at 11:00│Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ビストロパパ10 | 取材・メディア

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by ビストロパパ   January 06, 2010 23:20
>あかしんママさん

コメントありがとうございます!
とてもうれしいです。

旦那様が先輩なんですね。
その世代は少数派でしょうね。
作れる人は、思いっきり本格的にはまるか極端な世代じゃないかと。

父の日のパパエプロンまで見ていただいたありがとうございます。

これからもがんばります!

本当にありがとうございます!

滝村雅晴
1. Posted by あかしんママ   January 06, 2010 14:44
はじめまして。
神戸市在住の主婦です。
主人(50歳)が立命館大のOBのため自宅に届いた「りつめい」を拝見し、ブログをみました。
将来、こんなパパが増えるといいですね。
主人も休日はよく「思いつき料理」(!?)を作ってくれますが、友人には「いいな〜」とうらやましがられるので、彼の年代ではまだまだ少数派なのでしょうね。
もうすぐ弟がパパになるので、父の日には「パパエプロン」をプレゼントしようかな。
これからも、ますますのご活躍を期待しています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
大好きな手羽元のスパイシーグリル焼き|初佐世保バーガー朝食べると元気になる豚汁の法則