すぐなくなるコテツダイ餃子と餃子の壁紙鶏もも肉炒めのアトにキャベツ炒め

February 07, 2010

未来の自分プロデュース講座「夢をカタチにする方法〜ビストロパパのチャレンジ〜」レポート

多摩区講義3b


未来の自分プロデュース講座

夢をカタチにする方法 〜ビストロパパのチャレンジ〜

2010年1月24日(日)in 川崎市多摩区市民センター

10:30~12:30



全数回にわたって開催される講座の1つを担当しました。

30数名の幅色い年齢層の皆さまの前で、現在の「パパ料理研究家」の活動を通した、私の考え方や、やってきたことの話をさせていただきました。

多摩区講義1b


プロフィール

パパ料理とは

ビストロパパ活動内容

一澤信三郎帆布コラボエプロン誕生秘話

ミッション/ビジョン/バリュー

ワークライフ&ソーシャルバランス

キーワード×キーワード=オンリーワン

パーソナルPR



など。


料理もつくらず、料理の話も一切なし。

けれど、なぜか信三郎帆布コラボエプロンつけて授業。


多摩区講義2b


特に、「パーソナルPR」についての話をしっかりしました。


「想い」と「伝える」2つの大切なこと。




「想い」 

自分は何をしたいか。

何を大切にしているのか。

何か好きなのか。

何度も何度も考える。

何度も何度も想い続ける。

その中で、ほんとの「想い」だけが残っていく。

人によって、すぐ見つかる人もいれば、10年ぐらいたってじわっとでてくる人もいる。

やったり、やめたりぐるぐるまわることもあるでしょう。

どれが正解で、どれがゴールでもない。

その時の「想い」でいいと思う。


それを、「伝える」ことをする。

「伝える」ことを繰り返すことで、相手に伝わったか、共感を得たか、反応があるか。

質問対して答えられるか。

毎日毎日話していてもぶれないか。

だんだんそぎ落とされて、シンプルに「想い」が整理されるようになってきたか。


そんな繰り返し。

たぶん、ずっとし続けるのかもしれません。



みなさんと一体となって楽しく講義させていただきました。

これからは、「個人」としてのブランディングがとても大切です。

「未来の自分プロデュース講座」

というのは、とても大切な授業だと思います。


そして、さらに重要になるのが、プロデュースした「自分」をどうPRしていくのか。

それがとても大切。

チャンスだと思うこと、思えることが大切です。

受講いただいた皆様、ありがとうございます。


ともに頑張りましょう!



パパ料理研究家 

パーソナルPRコンサルタント

滝村雅晴







一澤信三郎帆布×BistroPapa コラボエプロン 

 

子供のお手伝いエプロン kotetsudai Apron 

Mサイズ × 8カラー

Sサイズ × 8カラー
 

Bistro Papa Online Shop



tuckeym at 23:12│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ビストロパパ10 | パパ料理講座・セミナー

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
すぐなくなるコテツダイ餃子と餃子の壁紙鶏もも肉炒めのアトにキャベツ炒め