そうめんの具だくさんつけダレに何が入っているか|飛騨唐辛子工房「うまっ辛」朝日新聞8月28日朝刊「休日料理 継続は力なり」ビストロパパ掲載|記事内レシピ公開

August 28, 2010

パブー作家発掘プロジェクト第1回絵本コンテストby paperboy&co.

パブー絵本コンテスト

パブー作家発掘プロジェクト

第1回 絵本コンテスト

by paperboy&co.

ビストロパパ審査員協力




21世紀は、「個」の時代。本当にそう思います。

「想い」を「カタチ」に。

是非チャレンジしてみてください。




*以下、発表されたリリースより



株式会社paperboy&co. 電子書籍作成販売プラットフォーム「パブー」

『パブー作家発掘プロジェクト#1 第1回 絵本コンテスト』を開催〜

大賞受賞者に賞金50万円、大賞作品はiPad・iPhoneアプリ化〜


GMOインターネットグループの株式会社paperboy&co.(代表取締役社長:佐藤健太郎 以下、paperboy&co.)は、「ブクログ」が提供する電子書籍作成販売プラットフォーム「パブー(URL:http://p.booklog.jp)」において、電子書籍を通じて新たな才能を発掘する『パブー作家発掘プロジェクト#1 第1回 絵本コンテスト』を2010年9月1日(水)より開催いたします。                    



「パブー」は、現在約30万人のユーザーにご利用いただいている国内最大級のブックレビューコミュニティ「ブクログ」が提供する電子書籍作成販売プラットフォームです。「パブー」ではユーザーが自身の手で直接、作品を電子書籍として公開・販売することができます。

執筆や販売手続きといった作業はすべてブラウザ上の「パブー」管理者画面から行えるため、特別なソフトや専門知識は必要ありません。また「パブー」で作成された書籍は、「パブー」サイト上での公開に加え、iPad、Amazon Kindle(アマゾン・キンドル)などの電子書籍リーダーや、iPhoneなどのスマートフォンでも閲覧できるよう、電子書籍用フォーマットePub、PDF 形式に自動変換されたファイルも同時に公開されます。 

ブログを更新する感覚で操作できる本の作成画面や、難しい手続きなしでオンライン販売が始められる決済機能など、初心者にも扱いやすいインターフェイスで、電子書籍出版をサポートします。  

「パブー」はサービス開始から約2ヶ月でユーザー数は10,000名を突破しており、現在約3,500作品の電子書籍が公開されております。(2010年8月26日現在)




■電子書籍を通じて新たな才能を発掘する『パブー作家発掘プロジェクト』

電子書籍という新たな出版の形が生まれた現在、「パブー」では、個人による電子書籍出版という新たな潮流を活性化させることを目的に、従来発表の場がなかった個人の才能を発掘する『パブー作家発掘プロジェクト』を立ち上げます。そして、その第1弾としてこの度開催する第1回 絵本コンテストを皮切りに、このプロジェクトでは、小説・漫画・写真・絵本など、ジャンルを問わず様々な分野で活躍が期待される作家の発掘を積極的に行ってまいります。


■パブー作家発掘プロジェクト#1 第1回 絵本コンテスト』の概要

『パブー作家発掘プロジェクト』第1弾として開催する第1回 絵本コンテストは、「パブー」で出版された絵本作品を2010年9月1日(水)〜9月30日(木)の期間に募集し、応募作品の中から、一般投票および審査員による厳正な審査により、大賞1作品を選出するものです。 受賞者には賞金50万円が贈られ、大賞作品は後日、iPad・iPhone用のアプリケーションとして「パブー」にて公開いたします。  「パブー」では既に200作品以上の絵本や童話が公開されており、当サイトの中では主要なコンテンツの一つとなっております。絵本は、誰もが初めて出会う“本”であることからも、今回のプロジェクトの第1弾としてふさわしい題材であると考えております。



■応募方法および審査員紹介

第1回 絵本コンテストへの応募方法は、「パブー」でユーザー登録後、本を作成・公開した上でコンテスト特設サイトからご応募ください。コンテストに応募された全作品は、コンテスト特設サイトで公開されます。審査は30万人を超えるブクログユーザーおよびTwitterのつぶやきによる投票数と応援コメントを元にした一次審査、特別審査員による二次審査を経て、大賞作品が決定いたします。



【特別審査員】

高田延彦さん:高田道場主宰。元総合格闘家で二児の父。

家森幸子さん:フリーアナウンサーとして活躍する二児の母。

滝村雅晴さん:二人の娘と一緒に料理をするパパ料理研究家。

伊藤高さん :多数の絵本を出版している(株)プチグラパブリッシング代表。

佐藤健太郎 :(株)paperboy&co.代表取締役社長。一児の父。  


今後も「パブー」では電子書籍を通じて、個人の方に創作の楽しみや自己表現する喜びを感じていただくとともに、電子書籍出版市場を活性化させるべく『パブー作家発掘プロジェクト』をはじめとする個人の才能を発掘する様々な企画や機能を提供してまいります。



■「パブー作家発掘プロジェクト#1 第1回 絵本コンテスト」応募要項

コンテスト名: パブー作家発掘プロジェクト#1 第1回 絵本コンテスト

URL     :
http://p.booklog.jp/contest/01 

募集内容  :オリジナル絵本の募集

募集期間  :2010年9月1日(水)〜9月30日(木)

応募資格  :プロ・アマを問いません。共同制作可。応募作品は商業未発表作品に限ります。

審査日程  :
9月1日〜10月3日 一次審査 ブクログ、Twitterからの投票・応援コメント       
10月前半 二次審査       
10月後半 結果発表 

賞     :大 賞(1作品): 賞金50万円 / iPhone・iPadアプリ化

特別審査員 :
高田延彦 (タレント・元格闘家)(敬称略)  
家森幸子 (フリーアナウンサー)       
滝村雅晴 (パパ料理研究家 / 株式会社ビストロパパ 代表取締役)       
伊藤高 (株式会社プチグラパブリッシング代表)       
佐藤健太郎 (株式会社paperboy&co.代表取締役社長)


主催    :株式会社paperboy&co.


以上



katanaセミナー 

「小さな会社でもこれだけできる!広報PRで成功する10の方法」
日時:9月7日(火) 19:00~21:00+ミニ懇親会

内容:
・人に伝える
・プロフィールを書いてみる
・リリースを書いてみる
+具体的事例紹介+ワークショップ+質疑応答+ミニ交流会

*主に、具体的に自らのプロフィールやリリースの書き方を理解し、書くことで、「想い」がこもった「社会性」を意識した情報発信力を学びます。

*1回目の模様はこちら

詳細/申込はこちら







ひろがれ!パパ料理レシピ!応援クリックお願いします!



tuckeym at 08:49│Comments(3)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 ビストロパパ10 | イベント・行事

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. iPadはなぜ失敗に終わったのか  [ 中学生でもできる。ブログメルマガアフィリエイトで毎日稼ぐ秘密の方法 ]   August 29, 2010 08:16
iPadはなぜ失敗に終わったのか

この記事へのコメント

3. Posted by ビストロパパ   September 17, 2010 08:00
>crayonさん
読んでいただきありがとうございます!
家族の笑顔のために是非お料理を!

>まっちゃんさん
ご返事大変遅れました。
親子料理教室いいですね!!
応援していますよ!
これからもよろしくお願い致します。
2. Posted by まっちゃん   August 28, 2010 14:35
初めてコメントします。
小1息子をもつ「まっちゃん」と申します。
今日の朝日新聞読ませていただきました。
さっそくブログにおじゃましました。
とても勉強になりました。
私も秋に子育てサークルで親子料理教室を
やらせていただけそうなので勉強してます。
料理を通して家族があたたかい気持ちに
なれたらいいですよね。
私も頑張りたいと思います。
またブログにお邪魔したいと思います。
お忙しいとは思いますが、お体を大事に。
1. Posted by crayon   August 28, 2010 14:32
今日の朝日新聞生活ページで拝見しました。男性が料理できるって、素敵だなぁって思って、アクセスしてしまいました。


料理は得意では、ないです…やっと作ってます…

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
そうめんの具だくさんつけダレに何が入っているか|飛騨唐辛子工房「うまっ辛」朝日新聞8月28日朝刊「休日料理 継続は力なり」ビストロパパ掲載|記事内レシピ公開