パブー作家発掘プロジェクト第1回絵本コンテストby paperboy&co.カリフラワーのポタージュスープでレパートリー増|今日は阿佐ヶ谷でパパ子料理教室

August 28, 2010

朝日新聞8月28日朝刊「休日料理 継続は力なり」ビストロパパ掲載|記事内レシピ公開

朝日新聞パパを磨く (2)b

朝日新聞 8月28日(土)朝刊(北海道・東北・関東甲信越エリア)

パパを磨く 下

休日料理 継続は力なり

ビストロパパ掲載



本日の朝刊に掲載されました。

稲垣記者がつくられたレシピは掲載されていませんので、せっかくなのでご紹介しておきます。


<アマトリチャーナ>
材料:
パスタ(1.6mm 250g)
玉ねぎ(1個)
エリンギ(1パック)
ベーコンブロック(280g)
ホールトマト(1缶)
オリーブオイル(小1)
塩(小1/2~ *味見しながら)
粗引きコショウ(少々)
パセリ(大1)
バジルの葉
パルメザンチーズ(適量)

タバスコ 水(2リットル)

茹でる塩(大2)

作り方:
1・水に塩を加えて沸騰させる。玉ねぎはみじん切り。エリンギは横2等分、縦2等分して薄切りに。ベーコンは7mm角ぐらいの棒状に切る。

2・フライパンに、オリーブオイルを加えて1のベーコンを加えてカリカリになるまで弱火で炒める。玉ねぎ、エリンギを加えて中火で炒め火が通ったら、果肉をつぶしたホールトマトを汁ごとすべて入れて煮詰める。

3・パスタを1の熱湯にいれ表示時間の1分30秒前にゆで上げる。途中、150CCほど茹で汁をとり、2のフライパンに加えて煮詰める。

4・茹で汁を加えたフライパンの味を確かめつつ、塩を加えて味を調え、粗引きコショウ、パセリを加えて煮込みつつ、茹であがったパスタを加えてソースをからませながら煮詰め、軽くパルメザンチーズをかけて出来上がり。軽くみじん切りのバジルの葉をかける。


アト辛おとな味:
・タバスコ

子手伝い:
・ ホールトマトの果肉をつぶす/パルメザンチーズかけ



<香味野菜たっぷりチャーハン>
材料:
卵(2個)
ネギ(1本)
オリーブオイル(大2)
ソーセージ(3本)
ご飯(茶碗3配分 180g×3 540g)
塩(3つまみ)
粗挽きこしょう(少々)
鶏ガラスープのもと(小2)
しょうゆ(大1/2)
にんにく(1かけ)
しょうが(1かけ)


作り方:
1・オリーブオイル、ネギ、生姜はみじん切りに。ソーセージは3mmの輪切り。卵は溶いておく。

2・フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくと生姜を加え弱火で火にかけ、香りたったら、卵とご飯を同時に入れ、強めの中火で炒め合わせる。

3・ネギとソーセージを加えて炒め、塩、こしょう、鶏ガラスープの素で味付けし、混ぜ合わせ、フライパン肌からしょうゆをながしかけして再び炒めて出来上がり。


アト辛大人味:
・島ラー油/食べるラー油

子手伝い:
・ソーセージ輪切り/卵割る/卵溶く


たくさんのパパが、日常の料理をつくる世の中になりますように。

そして、僕たちの世代のパパが料理をすることで、子どもたちが大人になったときに「オヤジの味」が文化になっていますように。






新聞ご覧いただき、ブログに来ていただいた皆様。

ありがとうございます。


これからも毎日楽しく情報発信していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ等は、
ビストロパパ社のホームページをご覧いただき、お気軽にご連絡ください。


パパ料理研究家 滝村雅晴



katanaセミナー 

「小さな会社でもこれだけできる!広報PRで成功する10の方法」
日時:9月7日(火) 19:00~21:00+ミニ懇親会

内容:
・人に伝える
・プロフィールを書いてみる
・リリースを書いてみる
+具体的事例紹介+ワークショップ+質疑応答+ミニ交流会

*主に、具体的に自らのプロフィールやリリースの書き方を理解し、書くことで、「想い」がこもった「社会性」を意識した情報発信力を学びます。

*1回目の模様はこちら

詳細/申込はこちら







ひろがれ!パパ料理レシピ!応援クリックお願いします!



tuckeym at 16:06│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 パパ料理・新作10 | 取材・メディア

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
パブー作家発掘プロジェクト第1回絵本コンテストby paperboy&co.カリフラワーのポタージュスープでレパートリー増|今日は阿佐ヶ谷でパパ子料理教室