May 21, 2012

「母の日パパごはん」マエストロ2012発表!「パパごはんの日」プロジェクト主催「母の日に、赤いトマトソースパスタを作ろう!」作戦

母の日パパごはんマエストロ

「パパごはんの日」プロジェクト主催

「母の日に、赤いトマトソースパスタを作ろう!」作戦

「母の日パパごはん」マエストロ2012 発表


船山 光啓パパに決定です!(上記写真は船山パパの応募写真)

おめでとうございます!船山パパには、「母の日パパごはんマエストロ」2012認定証と、記念品としてビストロパパ社より、「一澤信三郎帆布×ビストロパパコラボエプロン」とパスタをお贈りします!


<船山さんの応募コメント>
「母の日に、赤いトマトソースパスタを作ろう!」応募用です。

シフト休日だった昨日作ってみました。

カーネーションの花(バラじゃないですよw)はパプリカとトマトと生ハムです。

パスタソースは普通にミートソースです。

カーネーションを切出した残りのパプリカとトマトを入れていつもより赤くなりました。

 娘には何を手伝ってもらおう? と考えていると 料理の様子を見ていた娘が・・・ 「あたしも自分で作る!」と、雑誌に載っていた子ども用母の日メニューを調べつつ、自分なりに工夫してチーズトーストを作ってました。

ちなみに・・・花に使ったパプリカとトマトはそのまま食べるにはちょっと大きく、取り分ける際に細く刻みました。


<主催者感想>
・母の日ではないけれど、お仕事の関係で作れる日にお祝いされて、記念日を家族で楽しまれたこと。

・生ハムとトマトでカーネーションをあしらい、作っているパパも母の日もコンテストも楽しまれたこと。

・娘さんがパパに触発されて自らオリジナルで料理を作られたこと

船山さんのご家族のあったかい雰囲気がとても伝わってきました。 これからも、家族みんなで料理を楽しんで、食卓が笑顔いっぱいな毎日になりますように。

応募ありがとうございます!そして、おめでとうございます!

「パパごはんの日」プロジェクト代表|パパ料理研究家 滝村雅晴



そして、船山さんの受賞コメントと、このパスタが完成するにあたってのメイキングが紹介されていましたので、ご本人の許可を得て掲載させていただきます。

<以下、船山パパより>

マエストロの称号をいただきました。

結構 気合を入れて応募作品つくったので、素直に『チョー嬉しい!!!』ですw

せっかくなので製作過程というか詳細裏話を書いてみようと思います。 

たまたま車中で聞いていたFM放送で知ったこのプロジジェクトに応募してみようと思ったのは、娘に作ってあげてたキャラ弁の技術wを応用してカーネーションの形をあしらったパスタを作れないかな? と、放送を聴いている最中に思い浮かび (作るならマエストロの称号狙えるようなヤツを・・)ひとつ作ってみよう!!と密かに心に決めちゃったからです。

・・・とはいえパスタな訳で、、 どんな食材で作ればカーネーションになるやら?

まずは食材の検討です。

赤い食材、で 薄いもの、、薄く加工できて、かつパスタに合う食材、トマト、パプリカ、紅生姜、ロースハム、サラミ、生ハム、ニンジン紫キャベツ・・・それともダイコンを食紅で染めてみようか??

仕事帰りにスーパーの食品売り場をうろうろします。

・・・とりあえずトマトとロースハムで試してみるか、、 と、試作癸院

トマトを大きめのイチョウに切りますが・・・厚い 

とても花びらになりません包丁で薄く切り出してみると、なんとかイケそうです。

しかし形を作ってみると、、ばらけて成型できません・・・orz 

そこでお弁当用の小分けカップ(8号)を使用!

カップの内側に沿ってトマトの花びらを重ねてみます。。 

おぉ〜いいカンジW しかし何か違う?

バラにも見えちゃう?

やはりカーネーションは花びらの端部がギザギザしてないと・・・

一旦トマトをばらし、白髪葱カッターで端部に細かい切り込みを入れ更にグレープフルーツ用のギザギザスプーンで切り取り、再び組み立て・・・

だいぶカーネーションっぽくなりました。(写真:試作癸院

試作1

 さて製作当日、このテの造型メニューは余り材が出るのでメインのカーネーションから製作にかかります。

試作でトマトだけでは色が単調で写真映えしなかったので、パプリカ、トマト、生ハムのコンビネーションに変更。

花びら素材を切り出し、さらにギザギザスプーンで1枚1枚薄く削ぎます。

端部はキャラ弁用彫刻刀の三角刀で切り、シャープさを増した加工にしました。

カップ(8号)の内側に花びらを置く際、パプリカとトマトを交互に配置して1周目と2周目を成型、 3周目は生ハム、

真ん中の芯の部分はプチトマトです。

カーネーション大が2つできました。(写真:花大)

花大


次にカーネーション小を作ります。

花1つに生ハム2枚使用生ハムの赤っぽい部分と白っぽい部分に切り分け、白っぽいほうを4つに分けます。 (写真:花小ステップ1)

花小ステップ1


カップ(5号)の内側に花びらを置きます、白いほうでまづ2周成型。
(写真:花小ステップ2)

花小ステップ2




生ハムはプリーツ(折り目)を入れました。

3周目は赤いほうをひと巻き、更に4周目を置いて (写真:花小ステップ3)、

花小ステップ3



芯の部分は丸めた赤いほうをツッ込みます。 (写真:花小ステップ4)
花小ステップ4



これを3つ作ったところで、お皿に大小のカーネーションを仮置きしてレイアウトのバランスを見ます (写真:レイアウト検討)
レイアウト検討



・・・・・少し物足りない、、

小カーネーションを1つ追加ですw

ここまでカーネーションの製作は終了ミートソースにかかります。

花を切り出した余りのトマトとパプリカはみじん切りにして塩少々ふってボールに取ってあります。

玉ねぎ、にんじんをフードプロセッサでガーっと挽いて、あい挽肉を炒め、玉ねぎ、にんじん、トマト、パプリカを投入、コンソメスープ、赤ワイン、ケチャップ中濃ソースを加えローリエも入れて煮込みます。(写真:ミートソース)
ミートソース



煮込む合間に、スケッチを描いて全体のレイアウトを再検討しました。

・・・大小のカーネーションの花だけではやはり物足りない、、そこで「Thanks mama」のメッセージプレートを作ることにしました。薄焼き玉子を焼いてお皿に置きレイアウトに合わせた大きさに切り出します。

ケチャップで文字を書きます。。。。が、これが想像以上に難しい・・・orz

書き損ねた部分をティッシュで拭いて消し書き直す・・・やっと文字完成、(写真:メッセージプレート)
メッセージプレート


だいたいパーツが揃ったので、かみさんの帰りを待つ間にスープを作ります。

しかし・・・カーネーションに気を取られすぎ、スープの食材買ってない、冷蔵庫にあったナスと玉子でテキトーにスープを作ります。

ここで娘が小学校から帰って来ました。

テーブルに並んだパーツを見た娘は・・「パパ、私も作る!!」と雑誌の記事を広げます。

娘も密かに母の日メニューを作ろうと思っていたらしく、雑誌の記事を事前に調べていたようです。 

でも、そこにはハムを使ったカーネーションの花の作り方しか載っていません。
娘はテーブルにあった私が描いたレイアウトスケッチを見て、真似してハムカーネーションを使ったメニューのスケッチを描き始めました。

スケッチが出来上がるとパーツを作り始めます。

記事をみながらハムを切ったり巻いたり、「なんかカッコ悪いもう一個作る!」なんて言いながら、だんだん上手な形になってきました。

「葉っぱも作る、パパきゅうりある?」と、記事には載っていない葉の部分も作り始めます。
(写真:娘作業中)
娘作業中



娘は薄い輪切りにしたいようですが、手つきが危なっかしいので、切り方を教えます

「こうやって切り口の近くにニャンコの手にして押さえて・・・」と、輪切りができたら次はイチョウ切りにして、、「パパ、これ貸して」 と娘もキャラ弁用彫刻刀でキュウリの円周に模様を切り込みます。

娘のパーツもこれで完成?かと思ったら? ハムカーネーションの芯に薄焼き玉子の切れ端を詰めています。

「パパの真似してみたw」と自分なりに私の花を見て考えたようです。(写真:娘作品)
娘作品


かみさんから 帰るメール が来たので、仕上げに入ります。

パスタを茹でる間に娘が使ったきゅうりの余りでリボンの形を作ります。

茹だったパスタをお皿に盛り、ふちにミートソースを盛り、大小のカーネーションとメッセージプレートをレイアウト通り配置して、最後に全体の配置バランスを確認・調整して完成!!

娘もチーズトーストを焼き、その上にカーネーションと葉を添えて最後にケチャップで字を書きます 

「母の日」・・・ですか?ww

娘なりに自分でも書けそうな文字を選んだようです。 (写真:出来上がり)

完成!


 テーブルセッティングが終わって程なくかみさんが帰ってきました。

料理を見るなりかみさん「うわぁ〜すごいねぇ!!」と、びっくり&喜び顔【その顔が見たくて頑張ったんだよ】と口に出さずに喜んだ私でした。

食べる前に応募用の写真を撮っているとかみさんが、「パパ待って、応募用の写真撮るならメインのパスタと娘のトーストだけのほうがいいよ、スープ、見栄え悪いから!」 ・・・・まぁ確かに、、素直にかみさんの言うことをきいて写真を撮り直したのでした。(写真:応募用)

応募作品



以上、船山パパからのレポートでした。

応募写真は1枚だけ。エピソードも、とてもシンプルなものでしたが、その背景にはこれだけのママを喜ばせるパパ子の努力があったのですね。

だれもが同じ一日ですが、こうして誰かのために料理を作るという思いが、特別な日に変わるのだなと、船山さんのレポートを読んで改めて思いました。

ステキな投稿を本当にありがとうございました!



また、他にもたくさんのパパからの応募作品と心あたたまるエピソードを頂いています。

それも、何度も読み返せるように改めて紹介したいと思います。

そして、その中から急遽企画した「母の日パパごはん感動大賞」2012を贈らせていただきたいと思います。

お楽しみに!

「パパごはんの日」プロジェクト 滝村雅晴



<直近のメディア/イベントスケジュール>

5月23日(水) 全トヨタ労連広報誌連載撮影

5月26日(土) 運動会!

5月30日(水) TOKYO FM やまだひさし シナプス内コーナー あぐりずむ 出演

5月31日(木) TOKYO FM やまだひさし シナプス内コーナー あぐりずむ 出演



papagohan_logo_big
いつものごはんを、パパの手で。「パパごはんの日」プロジェクト。

「パパごはんの日」Facebookページに、全国の「パパごはん」がずらり並んでいます!是非ご覧ください!そして、パパの皆さまは投稿を。ママもパパごはんを紹介してください!




ビストロパパ社創立3周年記念
全品送料無料ありがとう!キャンペーン実施中!

パパに似合うエプロンの決定版。
一澤信三郎帆布×BistroPapaコラボエプロン&コラボ前掛け

子どもが手伝いしたくなる魔法のエプロン!
子供のお手伝いエプロン kotetsudai Apron  
Mサイズ × 8カラー 
Sサイズ × 8カラー  

Papa Cooking! Family Smiling!!

Bistro Papa Onlin Shop



tuckeym at 18:26│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ビストロパパ12 | パパごはんの日

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字