男子ごはん!卵かけ豚肉のなすと玉ねぎのしょうが炒め|金魚日記「3匹目、はむちゃん」食卓に一鉢ほしい、しゃきしゃきのきんぴらごぼう

August 07, 2013

速報!親子料理マエストロ2013決定!!!!7月28日(日)「親子の日」に「親子でオムライスを作ろう!」作戦2013

親子の日2013マエストロ決定b

速報!

7月28日(日)「親子の日」に

「親子でオムライスを作ろう!」作戦2013

親子料理マエストロ決定!!!!



お待たせしいたしました。

たくさんの親子料理写真を投稿いただきまして、まことにありがとうございます。

審査の結果10名の「親子料理マエストロ2013」と、その10名の中から「特別賞」5名が決定しました。

では早速発表です!




<親子料理マエストロ2013認定>

NAOMIRU2013

NAOMIRUさん:

本日のランチ。 作品名 『夏は☆スイカ』 8歳のムスコとオムライス。

親子でクッキングです。

切って・剥いて・炒めて・割って 等々やりました。

失敗もしましたが 自作ごはん最高(*^ー^)ノ☆とさ。



ビストロパパ滝村より:

見ているだけで楽しくなる。

こんな遊び心あるごはんを作れるなんて。

親子だから作ろうと思おう一品。

カブトムシもあま〜い香りに誘われてきていますね。




<親子料理マエストロ2013認定>

Michae2013

Michaeさん:

おっきい子の昼食 オムライス、サラダ、すもも キンライスがおっきい子の担当、卵が私の担当。

実は凄く大きいんです!

でも10分で完食、食欲も体力も元気いっぱい。

成績表見た私は食欲減退だぁ。(ToT)



ビストロパパ滝村より:

立派で、とっても綺麗なオムライス。

お子さんの成長とともに、大きくなるんですよね。

カタチも、盛り付けも、スタイリングもとってもステキ。

すくすく育つ子どもが一番!

成績表もいい思い出ですね。




<親子料理マエストロ2013認定>

MackeySky2013

MackeySkyさん:

中1息子に作ったオムライス弁当です♡

4歳の弟が料理好きで 混ぜたり 炒めたり 手伝ってくれました♡

✧(∗≧ꇴ≦)人(≧ꈊ≦∗)✧



ビストロパパ滝村より:

かわしい!

にこにこしながらお弁当作っている姿が目に浮かびます。

どんな反応するかなぁって。

お兄ちゃんのお弁当づくり、弟君がやってくれたんですね。

頼もしい兄弟です。

すると、クマのチキンライスは、お兄ちゃんと弟くんかな。

愛情たっぷりの親子弁当。

ごちそうさまでした!



<親子料理マエストロ2013認定>

amuzak_s2013

amuzak_s さん:

妊婦のママのためのヘルシーオムライス!

海苔やブロッコリーなど葉酸たっぷりの素材を使ってパパと息子(4)で作りました。

小さいオムライスはお腹の赤ちゃん用に息子が一生懸命卵を包んでトッピングしました!



ビストロパパ滝村より:

パパから、ママへの思いやり溢れるオムライス。

きっと元気な赤ちゃんが生まれてきますよ。

子どもたちが大きくなったら、この写真見せながら、思いで話聞かせてあげてくださいね。




<親子料理マエストロ2013認定>

関口 裕士2013

関口 裕士さん

オムレツには見えない、たこ焼きプレートで焼いたオムライス



ビストロパパ滝村より:

とってもかわいくてアイデアオムライス。

どこ顔食べたいかな?

食べるのが楽しみになるオムライス作品ありがとうございます。




<親子料理マエストロ2013認定 & まきばの空賞>

大下 最弘2013

大下 最弘さん:

【6人の寄せガキオムライス!】

夏休みで子ども6人全員そろったところでオムライスに寄せ書きしました!

女の子や小学生チームは無邪気に楽しんでいましたが長男(高1)は面倒くさがりながらも❤マークで参加(^^ゞ

その後はケーキみたいに取り分けてお蔭で何だかお祝いムードに浸たれた「親子の日」イベントでした(^_-)-☆



森永乳業「まきばの空」親子の日応援チームより:

この度は「親子でオムライスを作ろう!」作戦にご応募戴きまして、誠に有難うございます。      

多数のご応募の中から貴方様が「まきばの空賞」に当選されました。      

6人で力を合わせて作った寄せ書きが印象的でした。      

今後とも「まきばの空」をご愛顧下さいますよう宜しくお願い致します。


ビストロパパ滝村より:

2年連続のマエストロ認定。

さすがです!


作るのも楽しいし、食べるのも楽しい。

あっという間になくなったんでしょうね。

大下さんのオムライス見て、いっぱい子どもがほしくなる人が増えるといいなぁ。

みんなで食べるオムライスほど、美味しいものはありませんね。



<親子料理マエストロ2013認定 & まきばの空賞>

芹澤 秀夫2013

芹澤秀夫さん:

親子でオムライス作戦

帰宅したら長女が作っていたので、盛り付けをちょっとだけ手伝って完成!!

とろたまデミグラスオムライスです。

美味しかった!(^-^)v



森永乳業「まきばの空」親子の日応援チームより:

この度は「親子でオムライスを作ろう!」作戦にご応募戴きまして、誠に有難うございます。      

多数のご応募の中から貴方様が「まきばの空賞」に当選されました。      

美味しそうなデミグラスオムライスを囲んでの笑顔が印象的でした。      

今後とも「まきばの空」をご愛顧下さいますよう宜しくお願い致します。



ビストロパパ滝村より:

いくつになっても親子は親子。

パパと娘さんの仲良し写真を見て、僕も将来こんな写真がいっぱい撮れたらなと思いました。

美味しそうにオムライスを食べるお父さんの笑顔。

親子料理でいっぱい増えてほしい顔です。




<親子料理マエストロ2013認定 & まきばの空賞>

runaround2013

runaroundさん:

パパご飯29週目は親子の日のオムライス。

娘さんも卵を混ぜたり味見で子手伝いをしてくれました。

アンパンマンとショクパンマンのオムライスを作ったら、とっても嬉しそうに完食してくれました。

やったね。


森永乳業「まきばの空」親子の日応援チームより:

この度は「親子でオムライスを作ろう!」作戦にご応募戴きまして、誠に有難うございます。      

多数のご応募の中から貴方様が「まきばの空賞」に当選されました。      

お父さんの奮闘が伝わってくるような写真が印象的でした。      

今後とも「まきばの空」をご愛顧下さいますよう宜しくお願い致します。



ビストロパパ滝村より:

続いていますね!パパごはん。

パパが料理をするのが日常になってきていますね。

ママが写真をとってくれているのでしょう。

家族で、親子で、楽しんだ写真が1つ1つから感じられます。

おいしいオムライスのアンパンマンできてよかった!

是非、100週、200週と続けていってください。




<親子料理マエストロ2013認定 & ブルース・オズボーン賞>

高橋 啓道2013

高橋 啓道さん:

親子の日、今年も参加させていただきます!

事前に我が娘に伝えていたこともあり、学校が夏休みになる前のある日、自由帳にオムライスのイメージを書いていました。

担任の先生も興味津々だったようで、良き提案までしてくださいました。

現実的にちょっと無理というところは多々あったものの、ことし世界遺産に登録された「富士山」をモチーフに、私のアイデアも交えながら作成に取り掛かりました。

富士山としてチキンライスを盛り、山頂の降雪として市販のドリアソース。

そして地中のマグマとしてポーチドエッグを中に閉じ込めました。

麓には森林としてパセリ、田畑の産物としてプチトマト、わかりにくいのですがキュウリの漬物が湖、そしてそこに泳ぐ魚はチーズでイメージ化しました。

比較的簡単に作れる材料なので苦労したところは特にありませんでしたが、暖かいチキンライスの上にドリアソースをかけるとすぐに麓に流れてしまうので、一度目は撮影用としては失敗!

二度目は粗熱をとり、冷蔵庫で冷やしたドリアソースをかけて成功しました。

富士山を割り開くと卵黄のマグマが流れ出し、全体を混ぜ合わせて食べたその食感は、玉ねぎのシャキシャキ感が程よいアクセントとなり、以降やみつきになる恐れあり、といったところでした。(笑)

今年も思い出に残る「親子の日」になりました!

ありがとうございます。


ブルース・オズボーン氏より:

富士山 まずは、世界遺産に登録された富士山をモチーフにしたのがGOOD !

先生や 家族というチームの暖かみのあるアイディアがいっぱい詰まった素敵なオム ライスです。



ビストロパパ滝村より:

高橋パパも、2年連続のマエストロ認定。

おめでとうございます!

企画し、設計図をつくり、試行錯誤しながらの大作「富士山オムライス」。

感動しました!

娘さんも、すっかり炒める姿が絵になっていますね。

いつもの晩ごはんが、親子料理をするだけで、特別な日に。

来年も楽しみにしています!



<親子料理マエストロ2013認定 & ビストロパパ賞>

長谷部 信夫2013

長谷部 信夫さん:

 「また作って!パパと一緒にオムバーグ♪」

足の手術で入院して以来、台所で長時間使う料理が出来なく作っていなかった「オムバーグ」。

特に「親子の日」だから、とかでもなく、課題がオムライスだからとかいう訳でもなく、息子(10歳)と娘(5歳)から「父さんのオムバーグが食べたい!!」とせがまれ、久し振りに作ってみるか!

と本腰入れて作ってみました♪ たまごやハンバーグの具材などの買い出しも子供たちに手伝ってもらって食材選び(そこから楽しい♪し、何より荷物を持ってくれるので助かるなぁ)。

自宅に帰って、父さんが作るからと言っても、「父さん手伝うよ」と子供たち。

じゃぁ、ということでたまごを割るおしごとをやってもらい、あとは何とか僕のアレンジで作ってみました。

僕が作ったのは「オムバーグ」…オムライスにハンバーグを入れたもの、これを入院前に作ってあげた時においしかったらしく、ずっと覚えていたらしく。腹ペコな子供たちはペロリと平らげてくれました♪

後片付けも、僕がお皿を洗って子どもたちがお皿拭き。

完食してくれたことも嬉しかったけど、戦力になってきたなぁと嬉しくなりました♪

また作ってあげるからねー、足のリハビリもしっかりやっておいしいもの作れるようにならないと…励みになります^^。



ビストロパパ滝村より:

「父さんのオムバーグが食べたい!!」

この言葉に打たれました。

お父さんの味をしっかり知っている子どもたち。

そして、お父さんを気遣って買い物の荷物をもつ優しいこころ。


理屈ではなく、体が動いてフライパンをふるお父さん。

親子でいただきますの時間。

からっぽのお皿。


お父さんの足がよくなるのも近いですね。

ステキな写真とエピソードありがとうございました。






<総評>
ミイル「親子の日」親子料理を作ろう!作戦プロジェクトチームより:

親子の笑顔がお料理から伝わってくる作品ばかりで、とても感動しました。

また、かわいい工夫がいっぱいのオムライス、とっても美味しそうでした♪

一緒にお料理する、一緒に食べるという日常の出来事こそが、親子の絆を深くするのだと思います!

どうぞ親子の日だけでなく、毎日の食卓が幸せでありますように!


<総評>
ビストロパパ滝村より:

今年2回目を迎えた「親子の日に、親子でオムライスを作ろう!」作戦。

たくさんの投稿ありがとうございます!


どの写真もエピソードもすばらしく、見ているだけで、今すぐにでも親子でオムライスを作りたくなりました。

この作戦は、「料理コンテスト」ではありません。


だから、上手に作る、綺麗に作る、美味しく作る、ことが一番ではありません。


「親子でいっしょに料理を作って、すごした時間」がステキで、

そのエピソードを写真といっしょに、お裾わけしたくなる投稿を「親子料理マエストロ」として選ばせていただきました。


いろんな親子がいます。

そして時間の流れ、成長とともに、親子の関係も変わってきます。

けれど、親子という事実は、ずっと変わりません。


「食べることは生きること」


オムライスを一緒に作ることで、いっしょに生きている親子がこれからも増えることが、未来につながっていくと思っています。

そんな親子を増やすために、これからもみなさんと一緒に「親子料理」を作り続けていきたいと思います。

たくさんの応募作品に、心から感謝と敬意を表します。

そして、認定された10組の親子の皆さま、おめでとうございます!

2013年8月7日(水)

「親子の日」に「親子でオムライスを作ろう!」作戦実行委員長兼審査委員長
パパ料理研究家|親子料理研究家
株式会社ビストロパパ代表取締役
滝村雅晴


tuckeym at 18:26│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 ビストロパパ13 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
男子ごはん!卵かけ豚肉のなすと玉ねぎのしょうが炒め|金魚日記「3匹目、はむちゃん」食卓に一鉢ほしい、しゃきしゃきのきんぴらごぼう