手作りタルタルソースで食べる、チキン南蛮が美味すぎた|4月11日(水)開講 パパの料理塾2期生@麻布十番 限定8名募集中チキン南蛮作った時、ちくわも揚げて、ちくわ南蛮に|パパの料理塾2期生 4/11(水)開講 塾生募集中

March 11, 2018

東日本大震災から7年。東京・大森の商店街で復興支援を継続 石巻復興のシンボル「石巻マルシェ」を運営 石巻復興プロジェクト・石巻マルシェ代表 村上源 地域人第31号 地知志食

IMG_1910

地域創生のための、充実の総合情報誌

大正大学出版会

地域人 第31号 2018年3月10日発売号

パパ料理研究家 滝村雅晴 連載

地知志食

東日本大震災から7年。

東京・大森の商店街で復興支援を継続

石巻復興のシンボル「石巻マルシェ」を運営

石巻復興プロジェクト・石巻マルシェ代表

村上 源



IMG_1909

東日本大震災から7年を迎える今日、石巻復興プロジェクト 村上源さんの地知志食の連載記事を紹介します。

タイミング的に、3月10日発売号で、村上さんの活動を紹介できてよかった。


IMG_1911

代表の村上さんは、メーカー勤務の傍ら、震災後毎週土曜日に、ウィロード山王商店街の一角にあるアキナイ山王亭(日替わりイベントスペース)で、夫婦で「石巻復興マルシェ」を運営されています。

震災から7年たった今、都内で支援活動を続けているのは、ここだけになっているようです。

村上さんの奥様のご実家が、石巻で被災され、仲間を応援することがきっかけで、週末マルシェを手伝うことに。

時がたつにつれ、当時の代表だったかたから、村上さん夫婦は責任感と思いで、ボランティアをうけぐことを決意。

今に至ります。

IMG_1912

石巻復興支援から始まった活動は、今では、大森の商店街と地域の住民のかたとのつながりで、地域密着のコミュニティーとして、根付くようになりました。

本業がある傍ら、毎週土曜日に住んでいる横浜から大森まで通う労力は大変なものです。

IMG_1913

今生きている人たちにとって、震災のこと、お世話になった人たちのことを「忘れない」ことが一番大切なこと。

それを、村上さん夫妻は、行動で示されています。

取材の時に買った、さばだしラーメン

美味しかった。

IMG_1914

毎週、石巻マルシェが開かれている、アキナイ山王亭のとなりのとなりにある、蕎麦屋「蕎麦 六兵衛」も、居酒屋風メニューがならび、遅くまでやってる蕎麦屋で、ぜひお立ち寄りください。

村上さんらが、石巻イベントをされるときに、ケータリング的に料理を作っていただき、当時からのご縁のお店です。



村上さんから伺った思いがつまった地知志食の記事、ぜひご覧ください。

パパ料理研究家|大正大学客員教授 滝村雅晴



さて、地域人の創刊から毎月連載で31号を迎えた今号で、地知志食は最後となります。

2年と7カ月。

取材先の決定から、取材、カメラマンの手配、執筆と、カラー6ページの連載を毎月続けることは、初めての機会で、大変な学びがありました。

機会を与えていただきました、総合プロデューサーで大正大学地域構想研究所副所長の柏木さん、渡邊編集長、そして始めの連載から企画を担当いただいた駒井副編集長、取材・編集で多大なるサポートをいただいた川島さん、撮影にずっとお付き合いいただきました安藤アンさん、原稿おこししていただいた保田さん、地方取材での撮影を協力いただいたカメラマンの皆様。

そして、31人の長時間の取材と、写真提供、原稿執筆協力をいただいた「地知志食」人の皆様。

本当に、本当に、ありがとうございました。

この場をかりまして御礼申し上げます。


お伺いできた話と、一緒に食べた食事、そして現場の空気を忘れません。

皆様の、志がさらに広がり、日本の地域が笑顔で溢れることを信じています。

滝村雅晴





パパの料理塾2期生募集開始!

4月11日(水)開講@麻布十番

限定8名

■詳細/申込方法 

株式会社ビストロパパ社ホームページからメールにて申込み




包丁の持ち方から学べる、パパの料理塾。

料理初心者が、2週間で学んだ料理を、家で作ることができ、

1カ月で、妻や子どもから、もう一度食べたいとリクエストが出てきて、

3カ月すれば、パパ料理は習慣化します。

復習料理は、進捗チェックシート「サライ」で管理します。

0期生第3回目のチェックシートのサンプルをご覧ください。


パパの料理塾5W1Hメソッド:気づきから、習慣化まで 

1・気づき →Whoパパが。Why料理をするのか。食卓を囲む回数が有限なのか。男性・父親が料理をすることの本質に気づきを得る。 

2・理解  →Howどうやったら料理が作れるのか基本と公式を料理塾で学ぶ。 

3・実践  →Whatパパ料理レシピの作り方を見て食べて味を知り作る。実習時に取り合ったプロセスフォトは受講生で共有。 

4・行動  →Where自宅キッチンで復習料理を作り家族に食べてもらい評価を受ける。 

5・習慣化 →When受講後2週間以内に。復習料理を作ったらSNSで共有。講師と仲間からフィードバックを受けモチベーションアップと習慣化につなげる。


2期生 全6回の詳細は、ビストロパパ社のホームページをご覧ください。



<直近のイベント/メディア/主な業務スケジュール>

2018年

3月10日(土) パパ料理教室@江東区

3月13日(火) パパの料理塾 1期生第5回講座

3月16日(金) NPO法人グリーンパパ・プロジェクト理事会

3月19日(月) 卒業式

3月23日(金) 離退任式|京都〜

3月28日(水) パパの料理塾 1期生修了回

3月29日(木) 農林水産省食育推進評価専門会議


*2018年度の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。

*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。

*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop



tuckeym at 16:23│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
手作りタルタルソースで食べる、チキン南蛮が美味すぎた|4月11日(水)開講 パパの料理塾2期生@麻布十番 限定8名募集中チキン南蛮作った時、ちくわも揚げて、ちくわ南蛮に|パパの料理塾2期生 4/11(水)開講 塾生募集中