大切なことは、天国に旅立った長女がすべて教えてくれた。「家族がで食卓を囲める回数は有限です」って思えた理由。炊き込みごはんが食べたくなったら・・・ 「鶏ごぼうの炊き込みごはん」。湯気から出てくる鶏ごぼうの香りが最高

January 13, 2019

「豚ロース肉」があれば、これ! 豚のバターソテー。塩、粗挽きこしょう、小麦粉つけて、バターで焼くだけ!

豚のバターソテー

「豚ロース肉」があれば、これ!

豚のバターソテー

★パパレシピ(3人分|15分)
材料:
豚ロース(3枚)
マッシュルーム(6個)

塩(適量)
粗挽きこしょう(適量)
小麦粉(適量)

オリーブオイル(大さじ1)
バター(大さじ1+1/2×3)


作り方:
1・マッシュルームは薄切り。豚ロースは脂身に切れ目を入れ、塩、粗挽きこしょう、薄力粉の順にふり裏も同じようにする。

2・フライパンを火にかけ、熱くなったら、オリーブオイルとバターを加えて、豚ロースを入れる。しっかり焼き色がついたら裏返して2〜3分強めの中火で蒸し焼きにする。蓋をあけて、マッシュルームを回りに入れて火を通し、バター(大さじ1/2)を、それぞれ肉の上にのせて出来上がり。

アト辛おとな味:
・マスタード

子手伝い:
・塩、こしょう、薄力粉ふる

ポイント:
・肉は常温にもどす
・脂身に筋をいれることで、肉が縮まらない


ストーリー:
・冷蔵庫に、豚ロースの肉が3枚冷凍してあって、何か一品作りたかった。
・ストック品が常にあった、我が家の冷蔵庫だけれど、必要最低限だけにしようと、ガラガラの冷蔵庫を目指すために、食材を使い切り中。

感想:
・ハサミで切りながら食べました。
・相性が抜群。
・切った肉を、ソースにつけたらら食べる。
・ごはんがススム味!


豚バターソテー2



だいたい我が家の肉は、鶏と豚ですね。

コスパがいいし、料理のレパートリーも多い。

とってもシンプルな味付けですが、これが食べたかった!

と思える満足度たっぷりの、一品。

豚ロース肉買いましょう!

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴



パパの料理塾、次回1月23日(水)に、恵方巻き、細巻、手作りします。

大げさにつくらずに、簡単に作れる具で。

パパの料理塾




tuckeym at 23:28│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 パパ料理・新作19 | 肉料理

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
大切なことは、天国に旅立った長女がすべて教えてくれた。「家族がで食卓を囲める回数は有限です」って思えた理由。炊き込みごはんが食べたくなったら・・・ 「鶏ごぼうの炊き込みごはん」。湯気から出てくる鶏ごぼうの香りが最高