ビストロパパ15

January 02, 2015

畑で採れた白菜で、母の作る八宝菜の正月|パパ料理研究家の2015年のテーマ



母の八宝菜

京都は宇治の実家で迎える正月2日目。

母の作る八宝菜を食べるお正月。

白菜は、うちの畑で収穫したもの。

子どもの頃から変わらぬ味。

ついつい食べ過ぎそうになりながら、美味しくいただきました。



雪が降りましたね。


夜に、みんなで雪だるま作り。

アナ雪の影響でしょうか、マオ助が雪だるまつくりだがります。

雪のイスも作るらしいですが今朝は、もうカチコチの雪になってましたね。


1月7日生まれのマオ助は、雪が好きらしい。

ずっと降らないかな、と言ってましたから。

初詣は大変ですよね。


去年、京都で伏見稲荷に行ったので、お礼参りに行きたいなと。


予定がでは、実家の庭をプチお花畑にする作業をしたいのですが、雪なんで明日行こうかなと。

高枝切りバサミの、切るパワーすごいですね。

500円玉ぐらいの幹は、スッパリ切れます。

映画『ウッドジョブ』の影響で、切りまくっていました。


散髪も、部屋や庭掃除も、綺麗さっぱりになると、前どうだったか思い出せないもんです。

なんでも、余分なものが多い証拠ですね。

少ないぐらいがちょうどいい。


両手は2つ。

それ以上のものを持とうとすると、こぼれ落ちて、なんか損した気分、失敗した気分になる。

もともと、持ってなかった、はじめはゼロだったわけですから。

持てる量だけもって、手に渡ったらすぐに次へとまわす。

すると、また必要なものが回ってくる。


手に入れるためには、手放す。


そんな1年にしたいと思います。

パパ料理研究家 |ビストロパパ滝村雅晴

⚫︎

2015年パパ料理研究家のテーマ

1・『楽しく、美味しい、健康パパ料理生活の啓蒙』

です。

パパたちに健康になってもらわないと。

バリバリ働いて、めちゃめちゃ遊ぶ。

1回でも多く、家族で一緒に食卓を囲めるために。


そのためには、健康第一。

自分の健康は、家族を楽にします。


仲間である、日本パパ料理協会の飯士たちと、伝えて行きます。


自分自身は、1日2食スタイルから、1.5食スタイルを、楽しく、美味しく実施することで、どれだけ食べないとねこと(少食、腹6〜8分目)が、集中力をまし、仕事もはかどり、食べる食事を美味しく食べる事が出来て、健康でいられるかを自ら実践し、結果を出したいと思います。


2・『日本パパ料理協会』発信で、パパ料理をブームに

仲間が増えました。その仲間たちと、家族を笑顔にする、いっしょに食事をする共食を大切にする、パパをふやしていきます。


tuckeym at 07:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加