tudorcatsのブログ

東京シェイクスピア・カンパニーのメンバーによるブログです。 稽古場情報、観劇日記、はたまたプライベートの休日情報など、 書き込んでいきます!

「鏡の向こうのシェイクスピア」って?

さて、いきなり30数年前のシェイクスピアとの出会いから書き始めますと、江戸馨の半生記になってしまうので、身近な話題から。先日公演を終えた「鏡の向こうのシェイクスピア」地獄編、「喜劇 ロミオとジュリエット」ですが、このシリーズは、シェイクスピアの作品を、主人公の視点からではなく紡いでみる、という趣旨で始めました。一番最初は「リヤの三人娘」(1995初演)。これについては書くことが膨大にあるので、また後日。
まずはロミ・ジュリですが、もしロレンス神父がしくじらなかったら、どうなっていたか?これは常々考えていたことです。そしてもし生きたまま結ばれていたら、純愛を貫き通した二人はその後どうなったか?興味深いネタです。
原作はスマホが存在しなかった故に起こった悲劇とも言えます。今回の物語では、ロレンス神父が悪魔と契約を結ぶという、悪魔優勢の状態から始まります。ところが。。。続きはまた。
IMG_1342

新しい季節へ  by江戸馨

皆様、下北沢演劇祭参加作品「喜劇 ロミオとジュリエット」に多数御来場いただきありがとうございました。連日満席で、お客様にはご不便をおかけしましたが、我々にとっては、幸せな公演でした。
七年ぶりの再演でしたが、キャストも若い、初めて参加してくれる方々で賑やかでした。芝居は人がつくるアナログな作業です。キャスティングによって全く違う印象の舞台になります。今回、初演をご覧になった方々からも、「随分本に手を入れました?」と聞かれましたが、変えたのは、悪魔2(エドマンド)の話し言葉だけです。それでもキャストの違い、演出などで全く違った世界に仕上がりました。
楽しかったです。ありがとうございました。

さてさて、季節は移り、春へと向かっています。我が家のブーゲンビリアなめの椿、庭は早春の花で賑やかです。
来年は30周年、ゆっくり準備しつつ、これまでの江戸馨のシェイクスピアとの日々をまとめてみようかと思っております。ブログでつらつらと書いて行きますので、皆様お付き合い下さいませ。
 KIMG0026

役者自己紹介:原元太仁

私前作「無限遠点」と同じくロレンス神父を演せて頂きます。
原元太仁です。
そしてTSC の出演は約5年ぶりになります。久しぶりな人、はじめて今回共演する人稽古場は本当に楽しくやらせて頂いております。
後本番まで後5日さあ追い込みです。
頑張らないと‼1550292664379
プロフィール

tudorcats

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ