tudorcatsのブログ

東京シェイクスピア・カンパニーのメンバーによるブログです。 稽古場情報、観劇日記、はたまたプライベートの休日情報など、 書き込んでいきます!

冬物語稽古初日

今回制作のお手伝いをさせて頂きます古田です。どうぞよろしくお願い致します🙇‍♀️

9/23(木)冬物語稽古初日でした。皆で台本を読んでます🎶きちんと体温を計り、適度に換気を実施!感染症対策もバッチリです😷

明日から順番に出演者の自己紹介をさせて頂きます。
FA825545-7C9E-42E5-AFEA-6B70B3F1B2CF
7D2BE6A6-0CB4-4AE6-AC2E-8B6770147CDF

2011年11月公演「冬物語」

2021年11月 設立30周年記念公演 
シェイクスピア珠玉のロマンス劇!
『冬物語』
2021年11月10日(水)~14日(日)
<前売り開始9月23日>
於:テアトルBONBON
いよいよ30周年記念公演に向け本格的に再始動!
珠玉のロマンス劇の主役をつとめるのは、大久保洋太郎と妃のつかさまり。30周年記念公演に相応しく何十年ぶりかで参加する役者陣に加え、当カンパニー初参加の役者陣も揃い、賑やかな面々で皆様をお迎えします!スタジオライフからは前木健太郎が恋する王子役で出演!あなたは深い愛ゆえの誤ちをゆるすことができますか?
詳細はHPにて!
http://www.tokyoshakespeare.com/

#冬物語
#TSC
2C24D1ED-6564-4C00-A887-A9923EC7C9FE
8C40DB37-4ADA-4491-86A7-403A6FA22439

RSC「じゃじゃ馬」も中止

公演中止が続く中、早くも6月のRSC公演「じゃじゃ馬ならし」も中止となりました久々の来日公演で、とても楽しみにしていたのに、本当に残念です。
今年は明治大学のシェイクスピア・プロジェクトも「じゃじゃ馬〜」なので、TSCも5月にリーディングをやります。今大学生諸氏に聴いてもらうため、台本を作っております!
今年は「じゃじゃ馬〜」の年かな〜!?と思っていたのに、返す返すも残念です。

この作品はフェミニストの立場からすると言語道断の芝居ですが、これまでは結構「言葉のバトル」として、丁々発止のやり取りが面白いラブ・コメディとして上演されていました。じゃじゃ馬の妻を調教したつもりが、実は妻の方が上手で、最後に従順になったように見える妻が観客にウインクして終わる、というエンディングも流行りました。映画では、リチャード・ バートンとエリザベス・テイラーによる、イタリアロケの明るさを満喫できる作品が有名です。エリザベス・テイラーの下手なセリフ回しも、この映画では、R。バートンの教育の甲斐あって、楽しめる仕上がりです。

舞台で印象に残っているのは、1987年にロンドンで観た、ブライアン・コックスとフィオナ・ショーによる本当のラブ・コメディです。愛に飢えている長女キャテリーナと、計算高い次女ビアンカという設定で、最後のペトルーチオの「キス・ミー・ケイト」で観客は泣きました。こんなにも泣ける芝居だったのか、と当時驚いたものです。
今回のRSCは、男女逆転させていて、かなり過激な演出のようです。一体いつ観ることができるのやら。。。
 KIMG0089
プロフィール

tudorcats

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ