August 2011

August 28, 2011

20110828_新潟記念

niigatakinen
<ロシア語の見解>
人気を落としたセイクリッドバレー。ここが買い時。

<ラオス語の見解>
◎セイクリッドバレーは明らかに距離が短く、道中もスムーズではなく伸びきれなかった。
今回は鞍上も慣れ、適距離で3着以内は堅いのでは?
○オペラブラーボ
中舘起用で先行からの残り目を期待。


tufs_horse at 01:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

20110828_キーンランドカップ

キーンランド
<ロシア語の見解>
▲と△の差はないが、◎とほかの差は歴然。

<ラオス語の見解>
◎ジョーカプチーノ
他馬に揉まれず競馬できる外枠はプラス。
血統的にも洋芝は問題なく、G1ホースが56㎏で出走できる強みを生かして頭で狙いたい。
○カレンチャン
前走は大外を回す、ジョッキーも失敗したという騎乗でレコードタイ。
今回も好勝負だろう。
▲ケイアイアストン
前走も狙っていたのだがすんなりと先行できず8着に終わったが得意の札幌(2,1,0,1)で一発期待。

tufs_horse at 01:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 21, 2011

20110821_札幌記念

札幌記念
<ロシア語の見解>
◎トーセンジョーダン
地力最上位かつ定量戦で勝ち負けまで。
重馬場2着、函館勝ちもあり洋芝も問題ない。
○カリバーン
3連勝で前走はリディルにも勝っていて実力は本物。あとは洋芝と休み明け。
▲マイネルスターリー
洋芝適正を予想ファクターに入れる派の私としては見逃せない。
前走は終始外を通され苦しい展開に。斤量も減り妙味ある。

<ドイツ語の見解>
◎ヤングアットハート
前走は手薄なメンバーとはいえ、本格化を思わせる勝ちっぷり。洋芝適正もあり。
キングトップガンとの斤量比較、フレッシュさに欠けるメンバー構成を考えれば十分頭もあるのでは。
○トーセンジョーダン
実績を考えれば当然有力候補。状態?で対抗評価まで。
▲キングトップガン
8歳にして充実。今回は斤量が増えるということと、重賞3連勝の難しさを考慮した。


<ラオス語の見解>
◎マイネルスターリー
前走は大外枠と斤量が響いた。洋芝適正は抜群で、人気馬に不安がある以上ここは狙い目では?
札幌の舞台で鞍上重賞初勝利を期待したい。
○アクシオン
サンデー系がよく来ているこの札幌開催。もちろんサンデーサイレンス産の当馬も見逃せない。
前走は好騎乗で、また展開がはまった感もあるが期待をこめて○評価。
▲ヤングアットハート
母父サンデー。本来はもう少し長いほうがベストだろうが、このメンバーならば通用してもおかしくない。
なお、トーセンジョーダンは調教の本数が少なく△評価まで。


tufs_horse at 02:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

20110821_レパードステークス

レパード
<ロシア語の見解>
◎タカオノボル
麒麟山特別1着からのローテはトランセンドと同じ。レース内容も2番手抜け出しと好内容。
長い脚を使えるのも新潟向き。安心の◎
○ボレアス
決め手に欠け、勝ちきれない内容が続いている。◎の先行力にはかなわない。
▲インディーズゲーム
未勝利0.8差、500万0.4差と底を見せない。距離を克服できるか。

<ドイツ語の見解>
◎レックスパレード
まだ粗削りだがなかなかの可能性を秘めた馬。前回は着差以上に強い競馬で、道悪にも対応した実績。
本格化は先だろうが、キャリアのある有力どころを一蹴できるのはこの馬か。
○ボレアス
安定した末脚が魅力。しかし勝ちきれない印象も。
▲オメガスカイツリー
ここ2戦は内枠で出遅れて力を出せず。スムーズな競馬ならここでも通用するとみた。

<ラオス語の見解>
◎タカオノボル
新潟2勝の実績はもちろん、前走の負かした相手は古馬でもかなりの実力を持つ馬。
それを楽に退け、同コースならば連は堅い。馬券的には馬連流し。
○ タガノロックオン
中団から差す競馬を覚えた前走でも結果を残した。自在の脚質で馬券内には入ってくるだろう。
▲レックスパレード
先行馬の中では底を見せていない一頭で期待したいが、前走楽な手ごたえにも関わらず0.2差という内容は不満。馬券外も想定。
また、恐らく1番人気のボレアスはエンジンのかかりがかなり遅く、いかにも新潟コースは合わない印象から△までの評価とした。



tufs_horse at 01:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 20, 2011

20110820_新潟ジャンプステークス

nigataJS
<ロシア語の見解>
◎タカラボス
前走タイム差があるとはいえ、末脚は強烈だった。新潟障害未出走で底を見せず、妙味ある血統構成もプラス。
○コウエイトライ
休み明けも実績最上級。前走、前々走は使いすぎと考える。夏に強いタイプで激走ある。
▲ムーンレスナイト
休み明けも障害では底をみせていない。

<ラオス語の見解>
◎マジェスティバイオ
前走比斤量2kg減。未勝利→G3制覇と障害の素質は素晴らしく、これから先も期待できる逸材でここも通過点だろう。
脚元をすくわれるとしたら○の末脚か。
○トリビュートソング
平地重賞でも健闘していた当馬は、新潟の舞台で実力が最大限に発揮できる。
前走の新潟でも上がり最速を記録、前目で競馬し、末脚勝負に持ち込めば頭まで。
▲ムーンレスナイト
スピードがあるタイプで、新潟の障害コースは合う。休み明けでも注視。


tufs_horse at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)