December 2011

December 25, 2011

20111225_有馬記念

有馬記念


<ロシア語の見解>
◎トーセンジョーダン
脚質的に切れるタイプではないので、東京の長い直線を生かしてスタミナ勝負に持ち込んだ天皇賞はベストの展開と言える。JCはそこまで早い流れではなかったので、最後ブエナにキレ負けした。
かえって中山2500は5Fないし6Fの持久力勝負になることが多く、当馬の得意条件と言えよう。3コーナーからロングスパートをかけ、他馬になし崩し的に足を使わせる展開がいい
水曜追いで早いタイムを出していなかったのが気がかりだが、金曜日にも時計を出したようで力は出せるだろう。
○オルフェーヴル
敢えて欠点を挙げるとすれば、マークがきつくなるのと後ろから言った場合外を回さざるを得ないことだろう
それでも力は抜けている。◎と同評価
▲ジャガーメイル
前走が叩き3走目でようやく復調気配。前走では内枠を最大限に生かした内容だったが、同じく内を回ったトレイルブレイザーを交わした3着は評価したい。
春の天皇賞馬のスタミナで、アーネストリーとトーセンジョーダンのロングスパートについていきたい。
父ジャングルポケットは当舞台、勝率7.7%、連対率38.5%、複勝率46.2% となかなか。
△ブエナビスタ
決して評価が低いわけではなく、特注の馬の次点である
当馬と◎○のうちの2頭がが連対を決めるのは間違いない
△ヒルノダムール
折り合いが付く器用な馬で、経済コースをとれば一発も
サラフィナと半馬身差の実力を出したい
☆トゥザグローリー
◎○のペースメーカー的に逃げる可能性を考慮し、残ることも考えたい。
叩いて良くなるタイプだけに、3走目でどうか。

展開的には、アーネストリーが逃げor2番手。
ラップ的には08年ダイワスカーレットよりやや遅い、3コーナーから12秒台前半で推移すると予想。
その時にアーネストリーは付いていけるか?臨戦過程はよいが、宝塚記念のラップを見ると微妙である。
ということでアーネストリーは無印。
なお08年で2着3着した馬はいずれも人気薄の追込馬、ジャガーメイルとリンクする。

馬券的には3連単3着軸▲⇔◎○△(1)


<アホの見解>
中山のコースの形状的&4戦4勝からピサが◎ オルフェが差すも直線短く、ブエナはつまって出てこずに外からアーネストリーが… 

<ラオス語の見解>
◎オルフェーヴル
過去のレースは文句のつけようがない。
3,4角でピサ、ジョーダン、アーネストリーあたりの先行勢がスパート合戦。
その直後にオルフェーヴルが上がり、直線並びかける間もなくかわす姿が浮かぶ。
ブエナビスタはおそらくその後方から追いかけてくる形になるだろう。
半端ない強さで余裕で勝ちますよ。

○ブエナビスタ
内を突くか、外を回すか、いずれにしても4角から直線の時点でオルフェーヴルより後方になる展開を予想。
オルフェーヴルが先に抜け出し、どれだけ差を詰められるか。
相当厳しい展開にならなければ、頭はない。

▲エイシンフラッシュ
本質的には小回り向きと言ったら笑われそうだが、先行脚質を取り始めてからは明らかに小回り向きとみている。
宝塚記念では僅差の3着、昨年の秋は調子が優れなかったが有馬7着。
今年も大きくは負けておらず、秋最初の小回りコース。
鞍上は今日重賞勝ちのルメール。期待したい。

△以下2頭をピックアップ。
△ヒルノダムール
折り合い抜群、小回り中山コースも向く。3,4角で前がやりあえば春天再現か。
△ヴィクトワールピサ
中山4戦4勝、いくら調子が悪くても中山巧者を外す勇気はない。

馬券
馬単◎→各印(6点)
3連単◎→○▲⇔各印(20点)
オルフェ―ヴルと心中。


tufs_horse at 03:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 24, 2011

20111224_中山大障害

中山大障害

<ロシア語の見解>
◎ディアマジェスティ
高田潤期待の1頭
前走は不良馬場の中山を圧勝で、勝負付は済んだか
あとは落ちないことを祈るばかり
○ マジェスティバイオ
前走◎に負けはしたが、直線の脚色は見事
対抗に十分値する
▲ジャストルーラー
中山の障害オープンを勝ちあがった実績から、中山適性を期待する
△連勝中の勢いを借りたいメジロクリントン 
マイネルネオスは前走負けすぎから評価を下げた

馬券的には単勝◎、馬単◎→○

tufs_horse at 04:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 18, 2011

20111218_朝日杯FS

asahi

<ロシア語の見解>
◎スノードン
萩Sは出遅れるも好位に取り付き抜け出して勝利
脚質も中山向きだ
夏の連敗から放牧を挟んで馬が変わった
○ローレルブレット
前走は直線半ばまで追い出しを待っての勝利
中山も合う
▲クラレント
前走の敗戦により3番手評価だが、放馬、不良馬場も大きかったか
デイリー杯でダローネガを下したのも大きい。
突き抜けるなら当馬
△アルフレード、マイネルロブスト
アルフレードは無敗と中山勝ちを評価するが、直線は長いほうがいい
マイネルロブストは、前走は道悪に完全にノメっていて度外視。札幌2歳Sの内容が良かっただけに、巻き返しなるか

馬券的には◎→各印へ馬連


<ラオス語の見解>
前傾ラップになりやすい中山1600の当レース。
それを観点に印を打った。
今年乗れている池添に、乗った。
ごめんなさい、これ以上は酔って文章が書けないです。 


tufs_horse at 02:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

20111218_愛知杯

aiti

<ロシア語の見解>
 ◎コスモネモシン
小回り向きなのは戦歴を見れば明らか
ハンデが少し重いが、それを差しひいても馬券内は確保できる。
軸として不動
○エスピナアスール
前走新潟での逃げ勝ちっぷりが鮮やか
12.5 - 11.1 - 11.3 - 12.3 - 12.2 - 12.0 - 11.6 - 11.0 - 12.8
と、ラップ的にも決してフロックではないと見る。
小倉巧者、斤量と合わせて一発もある
▲レーヴディソール
勝つなら楽勝するだろうし、負けるなら着外だろう。
馬券的には1着軸と、外したものと両方あるとよい

馬券的には単勝○、馬連◎○

<ラオス語の見解>
お酒飲んでるので印のみ。
◎のコスモネモシンは相当強いよ。 


tufs_horse at 02:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 17, 2011

20111217_阪神カップ

hansi

<ロシア語の見解>
◎リアルインパクト
前走は後方から競馬をしての敗戦。度外視できる。
シルポートの番手で競馬もしやすいはず。
○リディル
前走はかかっていたため、距離短縮はプラス。
良馬場で見直し。展開的にも向くだろう。
▲オセアニアボス
単穴の評価
シルポートがハイペースで逃げ、先行勢全滅の場合、
あるいは(しないとは思うが)溜め逃げでスローで流れ、決め手勝負になった場合
馬券的には◎○の馬連


<ラオス語の見解>
 ◎グランプリボス
叩き良化型の当馬が帰国後3戦目、前走は大外が全く伸びない状況で度外視。
昨年の朝日杯の勝ちっぷりを見れば、阪神コースは合うだろうし1400も悪くない。
○スマイルジャック
1400mという距離がどうか。ここ2戦後ろから行って惨敗も◎と同じく前走は外を回した。
メンディザバル騎手も乗れているし、ここは対抗扱いで。
▲サンカルロ
詰まらなければ、というのがいつもつきまとうこの馬は▲まで。
あとは☆にシルポート
内のフォーエバーマークの出方次第だが、単騎逃げで常に頭まで警戒必要。

3連複フォメ◎-○▲-各印(9点)
馬単☆→◎○ガルボ(3点)


tufs_horse at 01:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)