November 23, 2013

ジャパンカップ

JC2013












<ロシア語の見解>
◎ アドマイヤラクティ
アル共杯は勝ち馬と同じ位置にいて、4角で外を回した分、内伸びの馬場状態もあり伸びきれず。
しかし東京2500m巧者のルルーシュを差しきっており、力は見せた。
ステイヤーズSのプランもあったようだが、馬主に志願してここに出馬しておりメイチで臨むはず。
○ジェンティルドンナ
折り合いに不安。距離も1800~2000 がベスト。
前走は能力のあるところを見せたが、不安材料から割り引いての印。頭まで
▲ゴールドシップ
高速馬場が不安視されているが、共同新聞杯やダービーで上り33秒台を出しており、
小回り向きでもなくコースの不安はない。 
しかしさすがに最後方からでは差しきれないし、スローがどう作用するか。
追走が楽になるか?瞬発力勝負でキレ負けるか?

△は賑やかしでつけました。
イメージはアル共の再現。ジェンティルドンナ抜け出し、外からゴールドシップが脚を伸ばすなか、最内強襲アドマイヤラクティ!
馬券的には◎○▲に絞り、三連単のみ△を組み入れます。

tufs_horse at 22:29│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔