先週、会社の創立記念日で休みがあったので、
ついでに休暇も取って白馬の栂池高原にスキーに行きました。

ちょうど猛威を振るっていた寒波が最終段階で、行く前の予報では
滑る日の午後から回復し始めるとのこと。

ピーカンでの滑走は望めませんが、しょうがないですな。


宿泊は大町温泉郷です。
去年行った旅館のご飯が豪華で、また今年も行くことにしました。

栂池高原は初めて。メジャーなスキー場なんですけど行く機会が無くて。


学生時代の頃のように、日帰りで早朝から行くというのは
最近はしなくなりました。
今住んでいる地域が冬山まで遠いこともあり、マッタリと出発して
2泊3日で帰ってくるというのがここ何年かのパターンです。
ああ、俺も年取ったのう。(笑)

今回も2泊3日。


あ、一人でスキーです。某掲示板での用語ではヒトリスト(自嘲気味に・笑)とも
言います。スキーやボードをやる友人はみんな結婚してしまい、しかも僕は
転勤で地元にはいないので。独身ですし。(^^;
寂しいのう。(笑)
ヒトリストでホントに寂しいのは昼ご飯とか休憩のときですな。


一日目は昼前の11時ごろ家を出ました。初日と最終日は移動日です。
道中はやはり激烈に寒く、中央道の気温表示が既に氷点下7℃!!
雪も舞い始め、豊科ICで下道に降りると既に道路は凍結。

雪道を見てワクワクテカテカする俺。 ←ええ、ガキです!(笑)


スキーって行く途中も楽しいですよね。
だんだん山並みが近くなって、遠くの山肌に見えてた雪がだんだん近付いて、
路肩に雪が積もってるようになって、スキー場の近くで道路も
真っ白けになる・・・みたいな。

子供の頃から親が連れて行ってくれたので、なんか刷り込まれてるようです。(笑)


導入部分でえらい長くなってしまいました。(^^;


次回に続きを書くことにします。