何年ぶりかで購入した、ちゃんとしたメーカー品のRCAケーブルです。

モガミ2549です。
R0010461


L・Rペアというのは無いようなので今回1mのやつを4本買ったんですが、4000円ちょっとで済みました。
びっくりするほど安すぎです。

興味のある内容の時に購入している「stereo」誌の2021年3月号のケーブル特集で、まあまあの評価。まあ紹介していたのはXLRの製品でしたけどね。RCAの製品は調べたら安すぎなぐらい安かったので買ってみた次第。

サンスイAU-X1111に接続していたアクロリンク7N-A2110IIIと、古いパイオニアのプリメインA-2050に接続していた量販店で売ってる金メッキケーブルを交換してみました。
それぞれ、USB-DACのクリエイティブSB-DM-PHD(2台あります)につないでいます。

音の印象としてはstereo誌の講評通り、写実的な気がします。軽めにスッキリした印象です。

明らかに改善したのはA-2050の出音で、アコースティックギターのCraig Chaquicoの曲が非常に心地良くなりました。
AU-X1111から出てくる音は、7N-A2110IIIの時よりもちょっと大人しくなった印象です。もう少し元気さと高域の量感が欲しいかな、という感じ。

普通の金メッキピンケーブルから交換するのであれば効果はかなり感じると思います。
とりあえず、複数台あるカセットデッキや、チューナーの接続に費用的にもちょうど良さそうです。




・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ