僕がDS-66Zについて最初に書いたのは2012年2月でしたので、いつの間にか9年も経っていました。

発売された1990年当時のダイヤトーンの3ウェイのラインナップでは下位機種だったためか、インターネットが発達して色々と情報が探せるようになってからも、それほど良い評判(と言うか、評価そのもの)がほとんど無かったこともあって書いたものでした。
上記の最初の記事は今でも検索で見に来てくださる方が大勢おり、当ブログでも人気の記事の一つになっています。

記事を書いた当時は愛知の家でAU-X1111に接続して使用していましたが、スペース的な問題もあってその後は岐阜の家の自室に移動し、今もAU-α607NRAIIに接続してメインスピーカーとして使用しています。

もともと607NRAIIは、僕が買ったサンスイのアンプの最初の機種で、愛知の家でDS-66Zを接続していましたが、どうもあまり音質的にピンとくるものが無かったのは最初の記事のとおりです。
しかし現在置いてある岐阜の家では、また記事を書いてみようかなという気にさせる音質で鳴り始めました。

愛知の家との設置状況の比較としては、スピーカー間が愛知:125cm、岐阜:130cmとほぼ同じ。スピーカーからリスニングポイントが愛知:200cm、岐阜:250cmと少し遠めに確保できています。スピーカー間の寸法は、今後もう少し広めに取る予定です。
天井の形状は、僕が生まれる前からあった屋根裏部屋(僕の叔母さんが使っていた部屋)を改造しており、天井面積の三分の二ぐらい傾斜しています。

愛知の家の8畳間よりも少しだけ床面積が広いですが天井が傾斜している分、体積はあまり変わらなさそう。

それから重要な差異として、スピーカー間には何も置いていません。

スピーカー間に何も置いていないこと、リスニングポイントまで余裕があることからか、愛知の家で607NRAIIやAU-X1111で聞いていた時よりも一言で表現すれば「朗々と」鳴っています。

たぶんAU-X1111を岐阜の家へ持ってきて聞いてみたらまたもっととんでもないことになりそうですが、重量的な意味で大変過ぎるので止めておきます。(笑)

607NRAIIは、607NRAの改良に際して電源強化というのが特徴的だったため、パワーのあるアンプで鳴らせるはずという僕の観点からして、愛知の家で鳴らなかった(鳴らせなかった)のは、今の状況を鑑みるに、設置に関わる部分が大きかったものと考えます。

発売から30年以上経過したDS-66Zは、まだまだ奥深いところまで使いこなしが楽しめそうです。


・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ