早速既存マスコミが火消しに入りました。

「毛沢東バッジ着用」 河野氏巡りデマ拡散(日テレNEWS 24)

リンク先はすぐ消えそうなので一部引用します。

--------------------引用ここから
■「毛沢東バッジ着用」返信ツイートでデマ広がる

21日の夜、Twitterに河野太郎氏と中国の王毅外相が並んで映った写真とともに、「2人が同じバッジを着けているように見える」「毛沢東バッジのようにも見える」などという投稿がされました。この投稿自体は「毛沢東バッジの着用」を断定するものではありませんが、「大問題、拡散を」などと着用を断定し、非難する返信ツイートが相次ぎました。
(中略)

この投稿された画像は、2017年8月に当時外相だった河野氏がASEAN(=東南アジア諸国連合)外相会議に参加した時に撮影された写真の一部を切り取ったものとみられます。
--------------------引用ここまで

デマを流しているのは日テレNEWSのほうです。

そもそも話題になったのは、河野太郎氏が「天安門バッジ」を付けていたことです。毛沢東バッジではないです。
それがこの画像。
E_6yKizVkAUZeHO


これは河野さん自身のツイートですが、2019年8月のものです。一緒に写っているのは当時の中国報道官の女性ですね。当時、この写真が出回ったのは僕自身が見ており覚えています。
河野さんは親と違って保守系の考えを持っているとネット上で認識されており、この報道官とは外交の担当者同士なので仲良いんだなぐらいの話題にしかなっておらず、写っているバッジは一切触れられていなかったです。
ですからこのタイミングで「天安門バッジ」なるものが急にクローズアップされて驚きました。ですから9/21の段階で話題になっていたのは断じて毛沢東バッジの事ではありません。

従って、日テレNEWSの記事内にあるASEAN外相会議は全く関係ありません。これこそデマ、フェイクニュースです。

「天安門バッジ」を付けた別の写真がこちらです。
E_5ignMVkAohdSI


韓国の元外務大臣ですね、英語が出来るからという理由だけで大臣になっちゃった人です。


ネット上では、この天安門バッジは中国共産党員である証拠だ、という書き込みもあったりしますが、韓国の外務大臣もそうであるかというとそれはなかなか無理がありそうです。

日テレNEWSが、天安門バッジではなく毛沢東バッジということに「したかった」のは、何らかの理由があるのでしょう。

河野さんにすごい勢いで切り込んでいる杉村太蔵氏のインタビューがなかなか痛快です。
【朗報】河野太郎がテレビ番組で痛い部分を突っ込まれ表情が変わるw(News U.S.)
https://news-us.org/article-20210916-00151335797-pm-abe

杉村太蔵さんは議員を辞めてから、けっこうコメンテーターとして安定感がある印象です。
現職だった時は大丈夫かこの人?みたいに思っていましたが。(笑)


自民党総裁選については、個人的には高市さんになってほしいと思っています。
河野さんはやっぱり父親と変わらないと確定、岸田さんは前から総理大臣になりたいだけの人、野田さんも総理大臣になりたいだけ尚且つお子さんどうしてるんですか、って印象です。
高市さんは保守本流、これまで自民党総裁選で初めて具体的に女性総理の可能性がある人だと思います。しかも自分のやりたいことが明確になっているので、目的がハッキリしている点が好感が持てます。
誰が総裁になるのか、ドキドキもんです。



・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ