近所の本屋で2021-22シーズンのスキー場ゲレンデガイドが出ていたので立ち読みをしていました。
2019年版は買ったので今回は立ち読みで済まそうかなと思っていた次第。

で、中部圏のゲレンデがどうかなと気になるところなので目次を見てみると、「おんたけ2240」の文字は無く、シンプルに「御嶽」になっています。
おや、また名称変更か、と帰宅してからホームページを開くとメンテナンス中の表示。

御嶽スキー場、で検索すると出てきました。名称もホームページも新しくなっていました。
https://ontakeskijo.com/

ロゴが滅茶苦茶シブいというか、たまにネットで見かける上下ひっくり返すと別の熟語に見える書体に似ているというか、猛烈に昭和感満載な雰囲気です。(笑)

今の「モンデウス飛騨位山スノーパーク」が「位山国際スキー場」だった時のロゴを思い出します。毛筆書きのロゴで、当時麓から見て右のほうに建っていた、小学生の頃に毎年泊まっていた「ロッジ五山(ゴザン)」の壁に貼ってありました。

こういうロゴは今の時代からすると逆に新鮮なのかも。名称自体も原点回帰ですね。

ホームページに紹介されていますが、管理者がまた変わったんだそうです。昔のおんたけスキー場をご存知で、スキー場の設立に関わった人物の娘さんとのこと。

当ブログでは2015年以来、久々に取り上げた形になりますが、マックアースが2018年シーズン後の契約期間満了後にゴタゴタしていたようですね。今回の前管理会社からの引継ぎもうまくいかずに、当初決定していたオープン日に間に合わず、12/29にずれ込んだとのこと。

https://www.chunichi.co.jp/article/384014
前指定管理者がリフト営業権譲渡拒む、これですね。旧管理者が指定取り消しを食らった、と言うことだそうで。取り消されるってよっぽどのことですよ。
結局村議会で2500万円をこのアンカーと言う会社に支払うことを決定したことでようやく営業権が譲渡されたそうで。ごねたようにしか見えないんですが。(^^; 怪しいなあ。

ウィキペディアによると、今シーズンはゴンドラは運行しないそうです。

僕自身、前に取り上げた時から転職したりして全然スキーに行けなくなってしまい、新生「御嶽スキー場」へ応援に行きたいのは山々なんですが・・・。

仕事で名二環の内回りを走っていると、天気が良くて空気の澄んだ日は御嶽山が綺麗に見えるんですよね。
行きたいなーと思いつつ、なかなか行けません。

まずは、今後の健闘をお祈りしています。


・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ