de te fabula ~ ダーターファブラ

他人事でない自分の人生。時事の話題・オーディオ・車・写真・スキー・音楽・コーヒーなどなど多彩な話題のブログです。

音楽

ジグソー「スカイ・ハイ」を空を飛ぶ場面で使うの、そろそろやめませんか?

さわやかな曲調とノリの良さで、耳にすると、ああこの曲、ってすぐわかると思います。

https://www.youtube.com/watch?v=QjtD8A-MWBc

オリジナルは1975年、その後セルフカバーで「スカイ・ハイ’89」というタイトルで発表されているバージョンもあります。僕がこの曲を知ったのがこの89年版だったはず。当時録音したカセットテープが残っています。

さわやかでノリノリのこの曲なんですが、実は失恋の曲なんですよね。
過去の名曲を翻訳している個人ブログ(洋楽和訳 Neverending Musicさんと言うサイト)があり、時々読んでいるんですが、ある時ふとこの曲を思い出し、探してみたら掲載されていましたので、読んでみて知った次第です。

元々は映画の主題歌として作られたそうで、メンバーは映画を見てからこの曲を作ったとのこと。

「You've blown it all sky high」という歌詞も、映画の場面から作られているようです。

サビの部分を引用すると、こんな感じです。
You've blown it all sky high
By telling me a lie
Without a reason why
You've blown it all sky high

君は僕に理由も無く嘘をついて、僕のあげた物も僕の愛も空高く吹き飛ばされたんだ、みたいな意味だそうです。直訳すると「嘘を言われたことによって」ですからね、さわやかとは程遠い内容。

なんと言うか、こっぴどく振られた悲惨な失恋の曲です。


で、こんな曲が、テレビを見ていると空を飛ぶ場面(人でも鳥でも飛行機でも)で頻繁に使われています。

今日もたまたま自然界の動物の番組を見ていたら、鳥が飛ぶところでしっかり使われていた次第。(笑)

正直、この曲が雄大な空を飛んでいる場面で使われているのに出くわすと、ああ、またかよ、もしかしたら意味を分かって使っていて、視聴者を馬鹿にしているのか?と最近は勘繰るようになってきてしまいました。

これからも、この曲調に見合う他の曲が作曲・発掘されない限りはずーっと使われ続けるんでしょうね。名曲なのは確かなんですが、タイトルだけで選ぶってのもどうかと思います。
小学生だって英語を授業でやる時代ですよ。by telling me a lieを聞き取って、あれ?って思う子も出てくるはずです。



・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

夏にピッタリな曲 Dragon「Summer」

今日は七夕であります。

まだ梅雨真っ盛りですが、いよいよ夏ですね。

そこで、夏に打ってつけの曲をご紹介します。

Dragon - Summer  (最後のフェードアウトが少し切れてしまっています)

まさに、「夏」であります。
どうですか、超ノリノリでしょう。(笑) 探してみたらPVがあるというのがまず驚きです。

ドラゴンと言う、オーストラリアのバンドです。
この曲が入っているアルバム「Bondi Road ボンダイ・ロード」が1989年に発売されました。
もっと昔は「Hunter」と言う名前(マーク氏とトッド氏の兄弟の名字)で活動していたそうです。
1970年代から活動しており、この当時で既にかなりのベテランでした。


Dragon - Young Years アルバムの1曲目がこの曲。(イントロが少し切れてます)

・・・ビジュアル的にはかなり珍しい部類に入るかと。(笑)
この頃はまだやせててカッコいいですね。これもいい曲です。
Dragon - This Time (1976)

でも、良い曲って言うのは見た目なんか関係ないってことを証明してくれます。
クリストファー・クロスがそうであったように。(^^;

この「Bondi Road」、捨て曲無しの素晴らしいアルバムです。
中古店では一度も見かけたことがありません。
このバンド自体、日本では超が付くほどマイナーだと思いますので、流通してる枚数自体が希少なのではないかと思います。
僕はこのCDを発売後すぐに国内盤を新品で購入していますが、なぜこのバンドを知ったのかは確かFMで流れたからだと思います。

残念ながら、この後は昔のアルバムの再発とベストアルバムがある程度で、ニューアルバムは見当たりません。


グーグルで検索してみましたが、ドラゴンの日本語での具体的な紹介ホームページは見当たりませんでした。以前探した時はCDジャーナルのサイトにちょっと書いてあった記憶があるのですが、ほぼ画像だけだったような。
(「入手したCD」ってことでバンド名とタイトルのみ箇条書きした個人HPがあるのみ)

もしや、我が「de te fabula ~ ダーターファブラ」が最初では!?(笑)


これで、少しでも再評価されるといいのですが。(^^;

-------------
2017年5月28日追記、リンク修正

YouTubeのリンクが切れていたため修正しました。

その後、色々検索していたんですが、この機会に追記します。
ボーカルのマーク・ハンター氏は残念ながら1998年にガンのため
亡くなってしまったそうです。
YouTubeに現地のニュース番組で取り上げられた様子がまとめられていたので、オーストラリア国内では大変な人気のあるバンドだったようです。
ニュースの内容を聞き取ると生まれはニュージーランドだったんでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=lSniBiFU4-U

ニュース内で流れている「セレブレーション」のカバー曲は「Bondi Road」に収録されています。オリジナルよりも僕はドラゴン版の方が好きですね。

この伸びやかな声と明るい曲調がもう聞けないとは大変残念です。
ご冥福をお祈りします。


Bondi Road
Bondi Road
posted with amazlet at 12.07.06
Dragon
BMG


・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

管弦楽曲 「緊急地震速報」

すごいのを見つけました。

もしも緊急地震速報がオーケストラだったら
http://www.youtube.com/watch?v=VcJakYRHRnY&feature=player_embedded


無駄に壮大です。(笑)
尚且つみなぎりまくる緊張感。と同時に、なぜかニヤニヤしてしまう。(爆)
不謹慎?いやそんな堅いことは無しにしましょう。

このフレーズ、日本人のDNAに刷り込まれていくような気がします。





・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

Boy Meets Girl - Flying The Cosmos

昨日の記事にも書きましたが、今日も14時半頃から戦闘機の音が五月蝿いです。

あ、会社のほうは、転職支援制度を使うために既に自宅待機中です。

明日の引っ越しに向けて準備をしながら音楽三昧。


今、Boy Meets Girlというアメリカの男女デュオを聴いていました。

飛行機のゴォーと言う音がしたので、まーた飛んできたよ、と思ったらこの曲でした。(笑)

Boy Meets Girl - Flying The Cosmos
http://www.youtube.com/watch?v=l1V3tMJOack

素でびっくりしました。(^^;

本物と間違うほどとは、僕のシステムもなかなかのレベルに来たのかなあ。(違



このBoy Meets Girlと言うグループ、なかなかポップで耳触りのいい曲満載です。
ホイットニーヒューストンの、「恋は手さぐり」、「すてきなSomebody」の作者です。
「すてきなSomebody」は、彼らの歌うバージョンをカセットテープにエアチェックしましたが、むしろホイットニーよりも良かったです。


2ndアルバムからのこの曲が有名です。
Boy Meets Girl - Waiting For A Star To Fall
http://www.youtube.com/watch?v=FRm6lXCG1kw

日本ではほぼこの曲だけで、あとはほとんど顧みられてないと思います。


デビュー曲はこれ。
Boy Meets Girl - Oh Girl
http://www.youtube.com/watch?v=BcES7QqWh-g&feature=related


オフィシャルサイトか中古でしか購入できなかった4thアルバムも、新品で購入できるようになっています。

4thアルバムから既に10年経ちますので、そろそろニューアルバムを期待したいところです。


下記は、上から1st、2nd、3rd、4thです。

BOY MEETS GIRL
BOY MEETS GIRL
posted with amazlet at 12.02.08
BOY MEETS GIRL
A&M (2006-06-29)
売り上げランキング: 272274



Reel Life
Reel Life
posted with amazlet at 12.02.08
Boy Meets Girl
Bmg Special Product (2004-06-29)
売り上げランキング: 67126



NEW DREAM
NEW DREAM
posted with amazlet at 12.02.08
BOY MEETS GIRL
BOY MEETS GIRL MUSIC (2011-09-30)
売り上げランキング: 380270



Wonderground
Wonderground
posted with amazlet at 12.02.08
Boymeetsgirl Music
CD Baby.Com/Indys (2003-12-16)
売り上げランキング: 320133



・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

OMD 「APOLLO XI」

この記事は、Phile-Webの僕のオーディオブログと連動させています。


今日、7時のNHKニュースを見ていたら、アメリカの月探査衛星が撮った写真から、昔の月探査のアポロ計画で月に降り立った機材や、宇宙飛行士が歩いた跡が見つかったとのことでした。
今回撮られた写真は、アポロ12・14・17号の跡だったそうです。
なんでも、アポロ計画自体がハリウッドで撮影された作り物ではないかなどという疑惑もあったりするそうですが、まあ当然本当のことだったと信じます。


そこで思い出したのが、1991年の発売当時から好きな曲の「Apollo XI」という曲です。
イギリスのバンドのOMD(Orchestral Manoeuvres in the Dark)の曲です。
ジャンルはエレクトロポップとでも言いましょうか。

この曲は歌手が歌っているのではなく、サンプリングした人の声でできています。
ケネディ大統領やニクソン大統領も出てきます。アームストロング船長の有名なセリフも出てきます。

PVでもないかなあとユーチューブを検索してみたら、素晴らしい出来のものを発見しました。公式のPVではなく、ユーザーの方が独自に製作したもののようです。

同じ作者の方が2種類作っていました。

OMD - Apollo XI (Fan Video)
http://www.youtube.com/watch?v=EnIk7ZDAkS4

OMD - Apollo XI (Fan Video 2)
http://www.youtube.com/watch?v=iN2QW5pSQWU
Fan Video 2のほうは、最初のケネディ大統領の演説を忠実に再現したもので、曲の頭をカットした形ですね。

歌詞に合わせていろいろなシーンが切り替わるのが秀逸です。
ちょっと感動してしまいました。


歌詞カードから一部抜粋します。

(ケネディ大統領の演説)
I believe this nation
should commit itself
to achieving the goal
of landing a man on the moon
and returning him safely to the earth
--

Ten, nine, ignition sequence start
six, five, four, three, two, one
zero, All engines running
Lift off, We have a lift off
Thirty five minutes past the hour
--

(ニクソン大統領の電話)
Hello, Neil and Buzz
I'm talking to you by telephone
from the oval room of the White House
For every American
this has to be the proudest day
of our lives
--

Neil Armstrong
Buzz Aldrin
Mike Collins
--

This is Apollo Control
--

Twenty-seven thousand feet
We confirm ignition
And the thrust is go
Everything is go
--

Altitude now 21 thousand feet
Still looking very good
Altitude 13 thousand five
Still looking very good
Eagle you're looking great
Fourteen hundred feet
Altitude three hundred feet
Eagle you're looking great

The Eagle has landed

※Eagle・・・着陸船のコールサイン
--

It's one small step for a man
One giant leap for mankind
--

This is the time of rejoicing
In New York, Chicago, Los Angeles
This is the time of rejoicing
Ticker tape parade
--

This is Apollo Control

One giant leap for mankind
--

この曲は、「Sugar Tax」というアルバムに入っています。
もし興味が出ましたら、ぜひどうぞ。(他の曲は普通に歌手が歌っています)


Sugar Tax
Sugar Tax
posted with amazlet at 11.09.07
Orchestral Manoeuvres In The Dark
Virgin Records Us (1991-06-11)
売り上げランキング: 123158




・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
記事本文の広告表示について
記事の本文にグーグルの広告が表示されることがあります。グーグルによる仕様のためご了承ください。
プロフィール

タグボ~ト(タグゾ...

当ブログへの迷惑行為の対応について
管理人の判断によりアクセスログを各プロバイダへ提出します。 こちらの記事をご覧ください。
使用機材
【オーディオ】
<愛知の自宅>
アンプ:サンスイ AU-X1111
    パイオニア A-2050
    ダイヤトーン DA-U640
    ティアック A-BX10
CDP:アキュフェーズ DP-11
DAC:クリエイティブ SB-DM-PHD
SP:ビクター SX-V1、SX-M3
  テクニクス SB-M01
  DYNAUDIO CONTOUR1.1
AV AMP:マランツ NR1603
ANALOG:ケンウッド KP-7010
TUNER:SANSUI TU-α707EXTRA
CASSETTE:CR-70 XK-S9000 TC-K555ESL

<岐阜の家>
AMP:サンスイ AU-α607NRA2
SP:ダイヤトーン DS-66Z
  ダリ Royal Scepter
CDP:サンスイ CD-α607
TUNER:オンキヨー T-425AT
CASSETTE:CassetteDeck1


【カメラ】
KONICAMINOLTA α-7DIGITAL
SONY α700
MINOLTA 17-35mm F3.5G
KONICAMINOLTA 28-75mm F2.8
SONY 70-300mm F4.5-5.6G SSM
MINOLTA 5600HS

月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ