de te fabula ~ ダーターファブラ

他人事でない自分の人生。時事の話題・オーディオ・車・写真・スキー・音楽・コーヒーなどなど多彩な話題のブログです。

ジグソー「スカイ・ハイ」を空を飛ぶ場面で使うの、そろそろやめませんか?

さわやかな曲調とノリの良さで、耳にすると、ああこの曲、ってすぐわかると思います。

https://www.youtube.com/watch?v=QjtD8A-MWBc

オリジナルは1975年、その後セルフカバーで「スカイ・ハイ’89」というタイトルで発表されているバージョンもあります。僕がこの曲を知ったのがこの89年版だったはず。当時録音したカセットテープが残っています。

さわやかでノリノリのこの曲なんですが、実は失恋の曲なんですよね。
過去の名曲を翻訳している個人ブログ(洋楽和訳 Neverending Musicさんと言うサイト)があり、時々読んでいるんですが、ある時ふとこの曲を思い出し、探してみたら掲載されていましたので、読んでみて知った次第です。

元々は映画の主題歌として作られたそうで、メンバーは映画を見てからこの曲を作ったとのこと。

「You've blown it all sky high」という歌詞も、映画の場面から作られているようです。

サビの部分を引用すると、こんな感じです。
You've blown it all sky high
By telling me a lie
Without a reason why
You've blown it all sky high

君は僕に理由も無く嘘をついて、僕のあげた物も僕の愛も空高く吹き飛ばされたんだ、みたいな意味だそうです。直訳すると「嘘を言われたことによって」ですからね、さわやかとは程遠い内容。

なんと言うか、こっぴどく振られた悲惨な失恋の曲です。


で、こんな曲が、テレビを見ていると空を飛ぶ場面(人でも鳥でも飛行機でも)で頻繁に使われています。

今日もたまたま自然界の動物の番組を見ていたら、鳥が飛ぶところでしっかり使われていた次第。(笑)

正直、この曲が雄大な空を飛んでいる場面で使われているのに出くわすと、ああ、またかよ、もしかしたら意味を分かって使っていて、視聴者を馬鹿にしているのか?と最近は勘繰るようになってきてしまいました。

これからも、この曲調に見合う他の曲が作曲・発掘されない限りはずーっと使われ続けるんでしょうね。名曲なのは確かなんですが、タイトルだけで選ぶってのもどうかと思います。
小学生だって英語を授業でやる時代ですよ。by telling me a lieを聞き取って、あれ?って思う子も出てくるはずです。



・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

ソニー エクスペリアZ ULTRAの後継機種はまだかー!!

2014年の夏頃に白ロムのパープル新品購入後、軽く7年経過した僕のXperia Z Ultra(SOL24)ですが、ズルトラ難民と化して久しいです。

しかしいよいよ、使えなくなるアプリが多くなってきてヤバいです。OSはアンドロイド4.4.2です。パソコンに「Xperia Companion」をインストールしていますが、これが最新バージョンと出てしまいます。
海外仕様向けのアンドロイド5にしている人もいるらしいですが、自己責任&僕が使っているマイネオが対応するか謎で手を出せません。

グーグルクロームはずいぶん前に更新停止、DMMビットコインもコインチェックもアプリは起動できず。コインチェックはブラウザで見ることが出来ますが、クロームの更新自体が終了しているのでいつ見られなくなるか・・・。

LINEの使用頻度は多くなくトークしか使いません。しかしついにトークも近々使えなくなるってダイアログが出るようになってしまいました。
だいぶ前にニュースもタイムラインも反映されなくなってます。

仕事でお客さんの家に向かうときに必ず使う「カーナビタイム」は今のところ頑張って対応してくれています。ありがてえありがてえ・・・。


あの薄さと大きさが絶妙なんですよ、ソニーさんお願いしますよ。
ホント、筐体の大きさと厚みと液晶のインチ数もそのまんまでいいので、最新のアンドロイドOSで本当にそのまま昔の形で再発してくれるだけでいいんです!!!即買いしますから!!!
「ファブレット」っていうジャンルが廃れたので買う人は多くないはずですから、きっと開発する費用もかけられないんでしょうし。

ズルトラの一番の特徴としては「薄さ」なので、そのまんま再発は無いとなっても新型が出るとすれば薄さは堅持してほしいところですね。逆にこれ以上薄いとうっかり曲がっちゃいそうなんで、そのまま6.5ミリでOKかと。
R0010508

当時の世界最薄6.5ミリです。

画面の寸法は16:9のままが良いですね。今の機種だとやたら映画のサイズに合わせているのか縦長で見にくい感じ。動画はパソコンで見る派なので、ファブレットの画面の寸法を合わすような必要性は無いです。
あと、筐体のヘリのギリギリまで画面があるのも困ります。使い勝手が悪いです。

社有車の現行プロボックスにはスマホホルダーが搭載されていて、今の大きさでギリギリです。
ホルダーに挟む際はかなり筐体の下の方を挟まないと、ホームボタンが押せなくなります。
そしてしっかり挟んでも、やはり挟む面積が小さいからかフロントガラス側に寝てしまうため、ホームセンターで買ってきたクッション材をダッシュボードに貼り付けてちょうどいい角度を確保しています。

ソニーがサイトで新製品公開間近!ってちょくちょくやってます。そのたびにズルトラ難民は、すわ後継機種か!?と色めき立つわけです。

今回ちょっと検索しましたが、今年中か来年初頭に出るんじゃないかみたいな、そんな噂があるっぽいですね。

今度こそ本当に出てもらえませんかねえ。


・ブログランキングに参加中!クリックで応援お願いします。
人気ブログランキングへ

寝入りばなに目を開けた時に見えるもの。

「明晰夢」って聞いたことがある人がいるかもしれません。
いわゆる、眠っているときに夢を見ていて「これは夢だ」と自分自身が自覚できる夢のことだそうで。

僕もそれなりの頻度でなったことがあります。
これは夢だなと自覚するだけの場合、さらに自覚したうえで夢のストーリーを自分で作れる場合など、色々です。
明晰夢の場合は、朝起きてからもしばらく覚えていることがほとんどです。でもしばらくすると忘れてしまいます。
夢日記と言って、見た夢の内容を書き留めておくってことをする人もいるらしいですが、現実とごっちゃになる(実際に起きた記憶と夢の記憶が混ざる・どれが真実かわからなくなる)可能性があるってことでやめといたほうがいい、という意見もあり、僕は夢日記は付けていません。


明晰夢の場合は実際の睡眠中に見る「夢」なので、自分自身は眠っています。

今回の話はタイトル通り、「寝入りばな」なのでまだ寝入っていない起きている状態での事です。
けっこう検索してみたんですが類似の話は出てこないんですよね。

何かというとですね。

初めてその現象が起きたのはまだ神奈川で一人暮らしをしていた時なので、10年ちょっと前になります。2009年頃だったか。

僕は小さい頃から寝つきが悪くて、小学生の頃とか1~2時間寝られないなんてことが多くありました。大人になってからは比較的早く寝つくようにはなったと思います。

ある晩、なかなか寝られんなあと寝返りを打ちつつ、遮光カーテンじゃないうすぼんやりとした部屋の中で目を開けて足元のほうに視線を移した、いや、目を開けた時には足元のほうを既に見ていたんですな。
ワンルームの部屋だったので、オーディオスピーカーが足元すぐ横に置いてあったんですが。

そのスピーカーの前に黒い人影が正座していました。

うぉおおおおおおおお!!!!!と絶叫して布団を跳ねのけたらもう居なくなっていましたが、まあ驚いたのなんの。(笑)


思い起こすと、2004年の元日に、中学生時代から飼っていた犬が17歳で死んじゃったんですな。今でも思い出すと悲しいぐらいなんですが。
1週間後ぐらいだったか、やはり寝付けなくてふと目を開けると、部屋の天井あたりを右から左へ、前足は走ってる時のように前へ出して、胴体の後ろ半分はキラキラになってぼやけている状態で駆け抜けていったのが「寝入りばなに目を開けた時に見えたもの」の最初かと思います。最後にお別れに来てくれたと普通に思えたので、まったく怖くはなかったです。


で、スピーカーの前の正座を見てから数年して愛知県に戻って自分の家の自室にいるわけですが。

こっちでも見ますね、ハイ。ベッドは腰窓に沿って置いてあります。仰向けの状態で右側が窓です。


記憶に残っているのを列挙。
いずれも枕詞として「寝付けなくてふと目を開けると」が付きます。

・仰向けの自分の目の前に、真っ白くて長い腕がある。5回ぐらい見た。
最初の頃は見るたびにうぉおおおおおおおわ!!!と布団で跳ねのけていた(手でやると怖いので)が、何回か見て段々慣れてくると、どこから伸びていて指先はどこだ?と観察し始める。
じっくり見ているとジワジワ~~っと空間に溶け込むように腕の根元(窓の方)から消えていく。
最初の頃は2秒ぐらいで消えていたが、他の現象も含めて4秒ぐらいは観察できるようになってきた。
試しに同じ状況で自分の腕を出してみても、暗いので黒く見える。

・黒い三人の人影が足元(またかよ)に並んでいる。

・小さいオッサンが正座(またかよ)して空間に浮かんでいる。

・何やら四角い板状のもの(無機物)が空間に浮かんでいる。なんだこれは。

・今度は木製の椅子(昭和の頃の小学校にあったやつ)が空間に浮かんでいる。小さすぎて座れないと思う。

・見知らぬオッサンが怒った顔で窓側のほうから見下ろしている。
んだテメエは誰だコラなんか用かおどりゃあ、って頭で念じながら睨み返すとやはり空間に滲むように消える。

・そうかと思うと、ニコニコ顔の見知らぬオッサンが窓側のほうから僕を見下ろしている。
会釈までしてくるんで、こちらもアッどうも、みたいな感じで寝っ転がったまま会釈する。するとオッサンはまた滲むように空間に消える。この間、やはり4~5秒ぐらい。

・大体左側面を下にして寝ることが多い僕ですが、ふと目を開けると、ニコニコ顔の5~6歳ぐらいの坊やがテテテテテー―――っと走ってきて僕の目の前で僕の顔を覗き込んで、またクルッと向こうを向いてやはりテテテテテー―――っと走っていった。走ってきたところと戻っていったところには押し入れしか無い。
ちなみにうちのお墓には5~6歳で亡くなった男の子がいる。

・ふと頭の上の方を見ると、婦人用自転車に乗った見知らぬオバハンがこっちを見ながら走り抜けていくところだった。僕はあっけに取られて見送った。
ちなみに「ママチャリ」の「チャリ」はチャリンコという関西弁が由来なので僕は使用しない。
名古屋には「ママケッタ」という言葉は無い。

・非常に目が悪い(裸眼で0.01)僕なので、鮮明に見えないことが多い。
なので、見えていても何だこれは?となって、服のようなものだったり、なんかの物体だったりなど、とりあえずつかんでやれ!となって思いっきり捕まえにかかることも多い。けっこうな頻度で発生する。
しかし空間をむなしく空ぶるばかりで何も手ごたえは無い。
まあ、捕まえられたらられたでそれはそれでヤヴァイ。

・窓際に、なんか帳面か紙のようなものを持ったショートカットのお姉さんがかがんで顔を近づけて僕の顔を覗き込んでいる。ニコニコ微笑んでいる。でも僕が目を開けた瞬間に直立に戻って、そのまま滲むように空間に消えていった。
見た感じ綺麗な感じの人のような印象だったが、誰だろう、知らない人。

・太平洋戦争中の戦闘機、P-51のような形状の機体が翼を翻して飛んで行った。


他にもあったはずだが印象深いのはこんな感じ。思い出したら追記するかも。

自分の脳ミソが大丈夫か知らん、ってことで、一昨年に初めて人間ドックに行った際に、脳ドックも一緒にやってもらいました。
何の問題もありませんでした。(笑)

幻覚を見る症状が何かのであるらしいんですが、僕の場合は寝てない状態なんですよね。

見ない時は1か月とか見ないんですが、数日連続で見ることもあります。


よくわかりません。何でしょうかねこの現象。統合失調症?起きて活動してる時は出てこないです。
どなたか知ってる人、みえましたら教えてください!




・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

みんなのうた「まるで世界」の意味するところとは。

昔、僕が子供の頃には、生活のタイミング的にちょうどラジオやテレビで「みんなのうた」を聴く機会が結構あり、当時聴いた曲はいまだに歌詞やメロディーを口ずさめるものがあります。

その中でもタイトルの「まるで世界」は当時聴いても、大人になってネットをやるようになって調べてみても、まったく意味が分からない曲でした。ルパン三世の声優だった山田康夫さんが歌っています。
声とふんわりした雰囲気がいい味出しています。歌うのには難しそうなリズムのような気がしますね。


僕が巡回する色んなまとめブログの中には、オカルト系のものを扱うところもあります。
こんな内容のコピペを見つけて、真っ先に思い浮かんだのが「まるで世界」でした。

----------------------------ここから引用

678 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 23:12:49.37 ID:qqe/vfzX0
別のスレに書いたのですがこちらのスレを勧められたのでコピペします。
友人の体験談ですが。


物心がついた瞬間?

最近友人に聞いた話をします。
友人は幼稚園の頃(何歳だったのかは覚えていませんが)、一度記憶が全て無くなったそうです。
自分の名前、家族の名前、家のこと、等。
で、何時間か経った後にまた全て思い出したんだそうです。
その「記憶が蘇った瞬間」の事をはっきりと覚えているんだそうな…

友人はこの事を「物心がついた瞬間」だと考えているそうです。
他にこんな経験した方いませんか?


689 :本当にあった怖い名無し:2013/11/01(金) 23:35:07.73 ID:6tGl7mUY0
出先だから携帯でスマソ

>>678
ちょっと違うけどあるよ
このスレの前身みたいなスレで書いた事あるんだけど

年中くらいの時、ある朝起きて
『ああ、これから新しい生活が始まるんだ』と思った。自分を起こしに来た母を見て『この人がお母さんか』とか、父を見て『この人がお父さん』と頭に叩き込んで覚えるかのように思ったんだ
その後保育園に行く準備をしながら今日から保育園なんだな、友達沢山出来たらいいなと思いながら向かった

ここからが今の自分の記憶。それ以前の記憶は全くなくて、それ以前の写真なんか見ても思い出せない
小学生になってからふとそれを思い出して、母に年中から保育園に通いだしたんだよねって話をしたらお前は2歳から保育園に通ってたと言われたw

中学生くらいの時には、じゃあそれ以前の自分はどこの誰だったんだろうなんて思ったりしたもんだ
前にスレに書いた時は、ここの住人に物心がついた瞬間なんだろなってレスを貰ったなぁ。懐かしい

----------------------------ここまで引用 
引用元https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1371423340/


「まるで世界」の歌詞を少し引用するとこんな感じ。

-----------
朝、目が覚めたら世界が変わっていた
空は青くて、まるで空みたいだったし
雲は白くて、まるで雲みたいだったし

さわやかな風まで
まるで風みたいに吹いてるんだ

母さんにおはようと言ったら
母さんもおはようと言った
父さんにおはようと言ったら
父さんもおはようと言った
まるで僕の母さんと父さんのように

どうしちゃったんだ世界は
まるで世界みたいじゃないか

ー後略ー
-----------

普通に読むだけ、聴くだけでは全然意味が分かりませんでした。(笑)

ですが、上記のコピペの特に689の人のレスを読んで、あっ!!!とひらめいたのが、子供に物心がついた瞬間をモチーフにしたのではないかという仮説です。

この記事を書くにあたって、解説的なことを書いているサイトはあるかどうか調べてみましたが、僕と同じ意見を書いている人は探せませんでした。
でも、思いついている人はとっくにいるかもしれませんね。

僕が小さい頃に、果たして「世界」だなんて壮大なことを意識していたかどうかまでは覚えていません。

「まるで世界」が放送された「みんなのうた」の世界観(ここまで大げさではないかもしれませんが)がもしあるとすれば、子供向けの音楽番組ですし、こういうことを意識しているみんなはいるのかな?これから意識するみんなは出てくるのかな?という感じで放送してたんでしょうかね。


僕が小さい頃の記憶ではいくつかありますが、その中で自分の名前に関して覚えていることがあります。

ある夏の夜、小学校の1年生の頃だったと思うんですが、それまで名字の一部だけを漢字(学校で習った簡単な字です)で書いていたんですが、両親に名字の他の文字の漢字を教えてもらったんですね。
そしたら意外にすぐ書けたんで、名前も漢字でどう書くのと教えてもらって、氏名を全部漢字で書けるようになったのは今でも印象に強く残っています。2文字で20画超えですが、夜のうちに練習して書けるようになりました。
なんだか嬉しかったような記憶があります。




・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

MSNの記事コメント欄が消滅後、さらにその後

MSNのトップページの変化に関して2017年8月22日に書いたこの記事で取り上げました。

その後の産経ニュースは、継続して掲載されて「は」います。

「は」と書いたのは、今年の3月頃以降、ちょっとした変化があったからです。

MSNトップページを開いた時にデフォルトで表示されるカテゴリは「総合」カテゴリですが、産経ニュースが表示される頻度が激減しています。特に、政治や国際関連の記事はほぼゼロになった感じです。
まあ、僕が仕事から帰宅して一息ついてから見るタイミングや、休日のタイミング限定になるのはもちろんなんですが。(笑)

産経ニュースが総合カテゴリで掲載されていたとしても、社会面に載るような事件・事故ばかりで、しかも1個だけの場合が多くなりました。なんと、政治や国際関連の情報は掲載されなくなってしまっています。

では代わりに何が増えたのかというと、「AERA.dot」です。朝日新聞系のメディアで、紙媒体としてはAERAという雑誌が出ています。

あとは共同通信社や時事通信ですね。AERA.dotも含めて、左寄りの方面ばかり走る媒体としてネット上ではすぐに揶揄されます。三社とも相当きついフィルターがかかっていますので、何の予備知識も無く読んでみても変な雰囲気はわかると思います。
何なら雰囲気だけじゃなくて、ネットのいろんなメディアをよく読んで比較している人であれば、印象操作をバリバリにやっているところまでわかるかと。(笑)


JB Pressも増えました。国際情勢の得意なメディアだと思いますが、基本は左方面の思想です。
AFPも有名な海外メディアですが、印象では向こう寄りのようです、個人的には意外なんですが。

あとは、朝日新聞や毎日新聞は相変わらず多いです。下のほうの各コーナーでもたくさん掲載されています。

ここで挙げた情報媒体は、あくまで各社の記事を読んでみた個人的な感想です。


今日見つけた中でも出色の記事がこれです。

米、中国に報復検討か=新型コロナまん延で(時事通信社)

タイトルをパッと見ると、お、ついにトランプさんガチだな、とか思っちゃうんですが、よくよくこれまでの経緯を考えれば、「報復」では意味合いがおかしいです。抗議とか制裁という言葉を使うべきだと思うんですよね。「報復」という言葉の持つキナ臭さを印象付けることで、アメリカはやり返す国だひでえ!という感想に結び付けたいのでしょう。当然ですがご存知のようにアメリカは被害者です。

まあ、確かにトランプさんは初動が遅れたことは謝罪していたはずです。しかし早い段階から嘘情報を流したり、情報の隠蔽から世界を大混乱させたのは中国とWHOなんですからね。

ちょっと脱線しましたが、報復とか言う言葉を使うあたり、時事通信の妙な世論誘導と言えるかと。

それが如実に表れているのが「再選を目指すトランプ氏は、新型ウイルスをめぐる自身の対応の遅れへの批判を懸念しており、中国に責任転嫁する狙いもある」という一文です。

もう笑っちゃいますねえ。

どこをどうすれば「中国に責任転嫁」なんて言葉が出てくるのか、理解に苦しみます。記者とデスク、他にも文章をチェックする人はいると思いますが、それだけバイアスをかけまくったこういう記事をネットに上げてしまう時点で、普段から相当色々な工作活動をしているということでしょう。

繰り返しになりますが、アメリカ含めた世界各国は被害者で、そもそもの責任は中国とWHOにあります。責任転嫁を狙ってるなんて、チャンチャラおかしい。

リンク先のニュースは、多分ほぼほぼ大体おおよそ編集部内の願望のような感じにも読めますので、上記の引用部分まで読めばそれでOKです。

一点だけ最後のほうの、ウイルス研究所が原因である証拠についてはトランプさんがそれを見たことは確定で、あとはいつ発表するかと、中国が誤って漏らしたのか故意に撒いたのかの情報もトランプさんは知っているそうです。特に、故意に撒いた部分については否定していません。
時事通信はその情報をあくまでトランプさんが道具として扱っていることにしているだけで、重要視していません。時事通信がトランプさんを批判することのみに終始しています。

ウイルス研究所絡みの解説ソースがこれです。
武漢研究所から流出トランプ氏“証拠見た”(日テレニュース24)

この動画は相当踏み込んだ内容ですので必見です。トランプさんには既に確定情報が渡っているとみていいでしょう。

有権者の不満をかわす狙いだとか、それは単なるメディアの印象付けでしょう。
そもそも、アメリカファーストをうたってきた大統領ですから、ここで強く出ないでいつ出るんだという話です。

というような感じで、最近のMSNのトップページを埋め尽くす、あっち方面のメディアの印象操作のみに染まらないよう、複数の情報源を基に判断したいですね。


フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器 (角川新書)
一田和樹(著)
KADOKAWA (2018-11-10T00:00:00.000Z)
5つ星のうち4.2
¥641

・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
記事本文の広告表示について
記事の本文にグーグルの広告が表示されることがあります。グーグルによる仕様のためご了承ください。
プロフィール

タグボ~ト(タグゾ...

当ブログへの迷惑行為の対応について
管理人の判断によりアクセスログを各プロバイダへ提出します。 こちらの記事をご覧ください。
使用機材
【オーディオ】
<愛知の自宅>
アンプ:サンスイ AU-X1111
    パイオニア A-2050
    ダイヤトーン DA-U640
    ティアック A-BX10
CDP:アキュフェーズ DP-11
DAC:クリエイティブ SB-DM-PHD
SP:ビクター SX-V1、SX-M3
  テクニクス SB-M01
  DYNAUDIO CONTOUR1.1
AV AMP:マランツ NR1603
ANALOG:ケンウッド KP-7010
TUNER:SANSUI TU-α707EXTRA
CASSETTE:CR-70 XK-S9000 TC-K555ESL

<岐阜の家>
AMP:サンスイ AU-α607NRA2
SP:ダイヤトーン DS-66Z
  ダリ Royal Scepter
CDP:サンスイ CD-α607
TUNER:オンキヨー T-425AT
CASSETTE:CassetteDeck1


【カメラ】
KONICAMINOLTA α-7DIGITAL
SONY α700
MINOLTA 17-35mm F3.5G
KONICAMINOLTA 28-75mm F2.8
SONY 70-300mm F4.5-5.6G SSM
MINOLTA 5600HS

月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ