de te fabula ~ ダーターファブラ

他人事でない自分の人生。時事の話題・オーディオ・車・写真・スキー・音楽・コーヒーなどなど多彩な話題のブログです。

10歳児の不登校ユーチューバーについて。

最近、ネット上で騒がれている10歳時のユーチューバー。そして彼は不登校なんだそうです。

初出は琉球新報の2019年5月5日付の記事です。それが5ちゃんに転載され、まとめブログでも取り上げられ大盛り上がりしていて知った次第。

5月31日に産経のサイトから入れるイロンナっていうコーナーに、彼の親が4ページにもわたる文章を寄稿しています。あんな保守色の強いサイトでよくこんな人の文章を掲載したなと驚いたのと、親自身のネット上での評判自体もあまりよくない(むしろ親の躾を批判されている部分が大きい様子)ことから、実際本人はどう考えているか読んでみることにしました。

【ゆたぼん父手記】わが子を批判する「学校へ行った大人たち」へ

まあ、タイトル自体にツッコミどころ満載で二度見したわけですが(笑)、この父親に勘違いしてほしくないのは、小学校と中学校へ行くことは国民の義務だということです。
親なんですから、当然子供には学校へ行かせなければなりません。

「寿限無」みたいに長い名前でもないようですから、朝、送り出すときにすったもんだもないはずです。(笑)
しっかし、学校へ行った大人たち、とはとんでもない言いようですね。

この父親、今は大阪で自営のカウンセラーということだそうですが、元々は沖縄出身で、暴走族をしていて相当アレな感じだったとのこと。
そういう考え方が根底にあるとすれば、自分の子供を学校に行かせない、または今回のように宿題をしたくないと駄々をこねるのをいいことに、学校へ行かなくていいというトンデモ結論に持ち込んでもおかしくありません。
というか言動を見るに、そういうことでしょう。

「こち亀」の有名なエピソードで、不良が更生したのを立派だという風潮は間違っていて、最初から真面目に頑張ってきた子のほうが偉いに決まっている、という話は全面的に同意します。

今現在はカウンセラーでしょうが、何のカウンセリングでその内容は果たして大丈夫なのか心配になるレベル。


そして長い前提はここまでにして、寄稿の内容なんですが、あまりにもアレな内容で1ページ読んだだけで読むのを一旦やめました。(笑)
でも今回ブログを書くにあたり再チャレンジです。

学校へ行く以外にやりたいことがあるなら、親の自分はそれを尊重してサポートするとか言ってますが、10歳かそこらの子どもの判断を、なぜそのままにするのか理解できない。
宿題をやるのが嫌だなんてただのわがままってことに気付けず、なぜそのまま学校に行かなくていいという話になるのか、そしてそんなわがままを、一般的ないじめや病気で不登校になっている子たちの事情と全く同じ扱いにしていること、これも理解に苦しみます。

最初に取り上げたのが、今いる大阪のメディアではなく琉球新報だったというところにも、何かありそうです。


学校に行かないことでできることを長々と書いていますが、結局これは大人(学歴云々は置いといて)だから言えることで、何か予備知識や経験があって初めて、「気付いたり」「試したり」「失敗して今後につなげたり」できるものだと思います。
PDCAサイクルを回すのに、無知な状態で最初のプランが出来るんかい、ってことですな。
OODAループを回すのに、最初の観察ってどこをどう観察するの?ってことになりかねません。



そして2ページ目のこれです。
>特にスマホやネットが普及した現代では瞬時に知りたい情報を検索することができるし

インターネットが普及して以降、誰もかれもが評論家みたいになり、それ以外にもネット百科事典や情報サイトがたくさんあって正確な根拠として信頼できる情報も多く入手できるようになりました。しかも多くの場合タダで。

このブログでもよく引き合いに出しているブラック中古車屋にいた時に目の当たりにしていますが、何か調べるとすぐ情報が出てくるので、「知った気になれる」のがネットで知識を得る場合の効果です。
自分の知識として血となり肉となるには、経験と努力と分析やらが必要です。当たり前です。
なのでネットで調べるのは便利ですが、多くの場合断片的なものだと思います。あ、研究機関とかが出しているガチ論文はまた別です。

そして先ほどの引用ですが、結局これも「知りたい事・言葉をダイレクトに検索窓に入力してエンターを押す」作業でしかありません。
このブログにリンクしてありますが、僕がやっているオーディオビジュアルのコミュニティサイトにも、検索で出てきた情報がすべてみたいな人もいます。そして検索して出てきた、自分にとって都合のいい情報だけ鵜呑みにしてしまうってことや、あたかも自分の知識のようにふるまうのは非常に危険です。
ネットに流れているものがこの世のすべてなんてことは絶対にないです。

ブラック中古車屋でもブログを任されていましたが、ある同僚から「冠水なんて言葉なんか使わねえよwww」とか言われたことがあります。「ふーん、じゃあ道路の水がジャブジャブとかって検索するの?」って言ったら黙りましたが。SEO対策として、検索されやすい言葉を適切に使うのは常識中の常識です。彼はそんなことに興味ないし、知りもしませんし、なぜ「冠水」という言葉を使うのか質問してくることも当然ながらしませんでした。

検索をする時の検索ワード(冗長でない常識的な用語・用法など)を知っていて、知っていてなおかつ出てくる結果は検索エンジンの進化でほぼピンポイントです。
このあたり、この父親はどうもわかってないっぽい。すごく重要な要素と思うんですが。

学校の教科書であればページごとに多くの情報があって一目でピンポイントどころではない分量が飛び込んできます。
何なら、その日の授業じゃない先の範囲だってページをめくれば出てきます。予習をしたこと無いんでしょうか。

ネットで検索するにしても、そのきっかけは何なんでしょうか。宿題もよーやらん子ですよ?

「世界とつながり学べる」と言っていますが、その前提が全く確立していないのが今の状態です。同じ年頃の友達との接し方や、集団生活や、宿題とかの嫌なこと(この子にとっての)を我慢してやるという社会生活すべてで。掃除もやらないんでしょう?
全部、宿題が嫌だというこの子の判断に任せてる状態なんですよね。


3ページ目では、
>学校では「みんなと違う」ってことで叱られたり
>社会に出たら「みんなと違う」が武器になったりします

すっごく勘違いしています。小学校中学校ぐらいの年齢では記憶力だって大人になってからより強いですよ。その時期に覚えるべきことを覚えずに、社会に出てからなぜ武器になるんでしょう?
九九も漢字も熟語やことわざも、日本の文化も歴史も昔の偉い人も、理科の実験も何も知る機会がないまま、遠足や運動会で集団行動する時の心構えも知らないままってことです。
この父親の考え方は、ただの体制批判、権力批判または集団生活や既定の義務教育への反発なだけですよ。いつまで盗んだバイクで走りだすような卒業気分なんですか?


4ページ目も、ネット上でデマが拡散されただの書いていますが、正直言って状況認識が欠落しているとしか言えません。

最近の世相に絡めて書き連ねていますが、非常に偏った認識と言わざるを得ない。
「多様性を主張しながら」、「学校へ行く人」という存在を受け入れられず批判するのは滑稽ですらあります。


>ゆたぼんは苦しんでいる子たちに向けてメッセージを発しているのです。

だから、いじめや病気で行けなくなっちゃった子供たちとは違うでしょ、あなたの子は。



やはり、1ページ目だけ読んでおいても何も問題ありませんでした。批判されるだけの理由は、僕が見る限り存在します。ていうかこれは虐待と呼んでも差し支えないのでは。
保守系メディアのイロンナがこの手記を掲載したのは、何か意図があるんでしょうね。

もう一度書きますが、学校教育を受けさせることは国民の義務です。義務を果たしてから権利を主張しましょう。

この子のような生き方を認めない僕のほうが多様性を認めないとか言われそうですが。(笑)
まとめブログのコメント欄に「まさにこういう人間の末路がニュースを騒がしているのに呑気だな」という文章がありました。この子を心配してのことですよ。

この子が「無事に」大人になった時に、きちんとお金を稼いでいて、それでさらにこんな世間への出方をしていますから、いい意味で有名になって人格者になれていれば何も問題ないのですが。
上手くいけば僕よりもたくさん稼げるはずですし。

改訂 YouTube 成功の実践法則60
木村 博史
ソーテック社
売り上げランキング: 3,454


・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

前に働いていたブラック会社から謎の封書が・・・

僕は就職氷河期でも元祖と呼ばれる世代の人間でして、ご多分に漏れず複数回の転職を経験しています。

前に働いていた中古車屋(ブラック会社でしたよ)の話はこのブログでも何度か取り上げていますが、今回は、前の前に働いていたブラック土木会社の話です。

とりあえずブラックエピソードを軽く。(笑)

募集要項の内容はこんな感じでした。
・名古屋市内の現場ばかりです
 →持たされた現場で名古屋市内はゼロ。名古屋市の周辺と、岐阜県内が多い
・直行・直帰OK
 →直行も直帰も禁止。必ず会社へ寄らないといけない。
  社用車の軽バンは会社の駐車場に置くため、物理的に直行も直帰もできない。
・最低給与〇〇万円+資格手当支給
 →資格手当込みで〇〇万円だった。
・社用車貸与
 →在籍中、他の現場に行く用事のない人の車両を借りて現場に行った。

以下、実情。
・建築施工管理で入社したはずが、土木施工管理の部署に配属になった。
 持っている資格は建築施工管理なので意味無し。
・会社には定時の1時間以上前に来てほしいと言われた。
・朝の定時30分前に必ずラジオ体操に参加(現場に行かなければならない場合のみ不参加でOK)
・早出残業は大体150時間/月(もっとか?)
・そして、みなし残業代は1万円/月
・高速道路は使用禁止。
・全部下道なので岐阜県内の現場で9時立会いの場合、朝7時には会社に来る。
・現場の状況によっては朝6時出社も何回かあった。
・施工管理なのに、職人さん不足及び工期不足で現場で土方作業をすること3~4回。
 真夏の37度超えの炎天下、朝から夕方まで2トン車からスコップで山砂をバケツに入れて運搬・敷き均し。
・夕方の定時を回る頃に会社にやっと戻ってきて、事務処理。
・大体22時半~24時にようやく会社を出て、家に着いてご飯を食べ終わるのが午前1時とか。
・etc......

ある程度名の知られた、某企業グループ(と言っても当時は合計で片手で数えられる数。今は何社になってるか知りませんがね)の子会社です。当時のホームページには記載がなく、面接時に教えられて初めて知りました。
その時点でコスいことをしてますよね。伏せる理由がどこにあるんだっていう。

他にもすっごいのがけっこうあるんですが、とりあえず書かないでおきます。(笑)


辞めた理由は上記の通り募集要項と全く違うこと、一番大きかったのは寝る時間がほとんどなくなったために運転していて居眠りしかけて、命の危険を毎日感じるようになった事です。
もう一つの大きな理由は、某企業グループの子会社だったことに絡みます。これは他に登場人物が出てくるので書かないでおきます。例えるならものすごく風通しが悪いってことです。


なのでかなり早々に見切りをつけて(試用期間中に)退職しています。

で、そんな会社だったんですが、この前いきなり封書が届きました。まあ郵便物はいきなり届くのですが。
辞めて何年も経つので、税金か保険か何かの連絡かと思ったんですけど、

なんと「再就職のお誘い」でした。(笑)

紙が一枚入ってただけなんですけども、退職者に連絡を寄越してきた理由が今一わかりにくいというか、歯切れが悪いというか、言葉を濁してる感がありありと伝わってきました。(笑)

売り上げの伸び方にも触れてるんですが具体的に売り上げ好調とは書いてなく、受注増で人を増やすとかそういうわけでもない。微妙に文脈からわざと逸らしてる。実に妙な文章でした。

要するに、人が辞めちゃって人員不足になり、かと言ってハロワとかで募集をかけても人が来ないので退職者に声をかけざるを得ない、とこういう事ですな。


僕がこの会社に入った(入っちゃった)のは、この前に勤めてた会社を辞める時に紹介された転職コンサル会社を経由しているため、募集要項の大嘘とブラックっぷりは全部報告してあります。あったりまえですよ。働く人を何だと思ってるんだって話ですわ。

こういうアコギな募集をしてればそりゃハロワやコンサル会社も警戒しますよね。

そして、僕が退職した際も理由はすべて伝えてあるにも関わらず、よくもまあこんなふざけた内容の手紙を送る気になるなあと、逆に笑っちゃいました。

こんなものを送ってくるとは、相当な人員不足で現場が回ってないであろうことは想像がつきます。

唯一気がかりなのは、僕が入社してしばらくしてから入ってきた人なんですが、厳しく指導する意味を履き違えたパワハラ丸出しの教育係から毎日罵倒されていたことですね。丸顔でいつも笑顔だったのに、日に日に表情が死んでいってましたから。

僕の勤務最終日は挨拶もする間もなかった(退職希望を会社に伝えて1週間も経ってから、仕事中にいきなり、もう今日はこれで帰っていいからと言われた。同じ部署の人たちはまだ知らなかったらしく呆然としてた)ですし、彼も早めに逃げ出せてることを祈るばかりです。

ブラック企業から身を守る! 会社員のための「使える」労働法
今野晴貴
イースト・プレス (2018-08-05)
売り上げランキング: 143,543

・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

ヘッドハンティングのようなもの

先日お客さんの家で仕事してたら、僕がいる事務所とは別のところから電話がありました。

なんか、○○さんという人から電話があったので折り返してほしいとのこと。
電話を受けた事務員さんに下の名前は?と聞いてもわからず、何の用件で?と聞いてもわからず。

とりあえず、そんな名前の人に心当たりがなく、僕自身が忘れてるだけかと思って何か肝心なことをやらずに放ったらかしだったらまずいと思いまして。・・・とはいうものの、データにして管理してるので忘れてることはほぼ無いはずだけどなあ。
僕が所属する事務所の事務員さんに電話して調べてもらったんですが、やはりわからず。

で、仕方ないので何の心構えもなく電話してみました。

するとなんだか、若い女の人が出て、お電話ありがとうございますとかなんとか。

あー、これは電話番号が流出してセールスか何かか・・・と思ったら、

僕のような立派な人材をぜひ我が社に欲しいという方から依頼を受けてお電話しました、ヘッドハンティングの会社です、とかなんとか。(笑)

なんだこりゃあ、と思いつつ、ド直球に「あ、僕の電話番号はどこから入手しました?」

「電話をした地域でのお仕事の際に直接お会いした人からの紹介です」
「詳しいお話をしたいので、年明けにこちらの事務所においでいただきたいのですが」


(´-`).。oO(いや、じゃあ名刺渡してるはずなのになんで全然違う事務所に電話してんだ。ていうかこっちから出向くのかいな)
「あー、そうですか。○○さんからの電話だというんで、こちらとしてもお客さんからの電話だと思って事務員さんを巻き込んでいろいろ調べてもらってるんですよ。」
「しかも僕はその地域で仕事はしていません」
「今から次のお客さんの家に行かないといけないですし」


・・・この辺で相手の人はしどろもどろに。


正直、引き抜きをかけたい相手の事務所に電話しちゃう時点で相当間抜けです。(笑)
もし実際にその場で僕が電話に出たとして、この人はどういう話の展開をするつもりで、僕はどういう顔をして受け答えしたらいいんでしょうね。
そんなアホな会社の言い分を聞く気にもならなかったので、ほぼ相手が言ってた細かいことはあまり覚えてません。
会社名も3回ぐらい言ってましたが覚えてません。(^^;
弊社の連絡先をお伝えしますとか言ってましたけど不要ですと一刀両断しておきました。

なかなか斬新なヘッドハンティング会社でした。
会社のホームページを見て適当に電話したんでしょう。

直接携帯にかかってきてたら多分話だけは聞く気になったと思います。

・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
「35才限界説」なんて関係ない!30代40代のための転職完璧ガイド
中谷 充宏
秀和システム
売り上げランキング: 16,857

当ブログへの迷惑行為に対する対処について

前回の記事のコメント欄にて、当ブログ管理人に対する侮辱、迷惑行為・荒らし行為がありました。


当ブログでは僕の個人的な趣味、興味のあることや時事関係についての発言をする場所として使用しています。
これは他の個人ブログやホームページ、かつてたくさん存在したテキストサイトでも同じかと思います。

言論の自由や表現の自由は日本において認められております。しかし、記事を書く際には当然、反社会的だったり公共の福祉に反する内容にならないよう、法律等を侵害するような内容にならないよう心がけています。

それでも、情報発信(というほどの出来でもない文章かもしれませんが)をしている以上は、僕の意見と違う考えを持っている人が出てくると思います。ブックマークをして読んでくれている読者さんはこの弱小ブログではごく少数なのですが、それでも継続して読みに来てくれているということは少なからず当ブログの文章が面白くて読みに来てくれているのだと自負しています。大変ありがたいことです。

かつて狂牛病の影響でアメリカ産牛肉の輸入が停止された後、最大手の牛丼チェーンが輸入を再開した際の重役の発言が、「食べたくなければ食べなくていい」と言ったのは今でも有名な話です。
また、有名お笑い芸人がフジテレビの番組内で「見たくなければ見なくていい」と言ったのも有名な話です。
相当な長期間にわたって、両社とも売り上げや視聴率が低迷していました。フジテレビはいまだにその影響から抜け出せていません(他の影響も大きいですが)。
両社とも営利企業なので、見なくていい、食べなくていいと言ってしまったら売り上げに直結するのは自明です。

しかし当ブログは広告こそ載せていますが、個人の趣味で運営しています。
もし僕と考えや趣味が合わないようでしたら、「そっ閉じ」してください。意見を戦わせて時間を浪費するよりも、すぐに別のサイトに行かれたほうが時間を無駄にせずに済みます。
こちらとしても、感性や趣味が合う人からのコメントでしたら大歓迎です。意見の合わない人に、記事に書いてあることをまた説明して説得するのは苦痛でしかありませんし、そういう人は根本的に落としどころを知らない人が多いために永久に平行線です。

ですので、先日の「自称啓蒙家」のように「説教」などという名を借りて粘着・荒らしをするような行為には、断固とした対策を取らせていただきます。

ご存知の方も多いと思いますが、ライブドアブログでは無料のブログサービスにしては、かなり高機能なアクセス解析機能が実装されています。
また、各携帯キャリアやプロバイダにおいては、荒らし行為の通報窓口を設置しています。

要するに、管理人の癇に障る行為はブロックするし通報しますよということです。
インターネット黎明期から20年以上過ぎた2017年にもなって、あんなしょーもない荒らし行為を個人ブログでするなんて何考えてるんでしょう。

非掲載にしたコメントを読み返すと、ちょっと言ってる内容が支離滅裂な感じもします。僕の記事をよく読まずに書いちゃってる様子もうかがえます。正直言って、こういう人を相手にする気はありません。
僕の対応がまずかったとすれば、最初のコメントもレスせずに非公開または削除しても良かったかもしれません。僕に反省すべき点があるとすればそこでしょうね。


今回はかなり厳しい内容になってしまいましたが、ああいった人物が個人ブログに出没するような時代のようですので、念のため書き記しておきます。


・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

MT車とAT車、どちらが速いのか論争に関する考察

トヨタ86とスバルBRZが発売されて以降、スポーティーに振った外観(と性能)のクルマが国内の各メーカーから少しずつ出てくるようになりました。

そこでよく話題に上るのが、もしクルマを買うならMTを選ぶのか、ATを選ぶのかというある意味究極、または終わりのないと言ってもいい、ひたすらループを繰り返す議論です。

僕の場合、歴代メインカー(2台。AE92レビンGT-Zと今のエボ5)はMTだけです。あ、その間に2台、仕事用でAT車を計2台買っています(2台持ちだった時期アリ)。なので両方ともそれなりに距離を乗っています。

AE92で15万キロ、エボ5で33万キロです。今の会社の社用車はAT車ですが、月2000~3000キロ走ります。

ネット上でATを選ぶという意見をまとめるとこんな感じになります。

【AT派(2ペダルMTも含む)】
・運転が楽。移動手段なんだから運転ごときに手間暇かけたくない。
・合理的に考えればギヤを人間がガチャガチャ変えるのは無駄でしかなく、機械がやってくれるなら任せておけばいい。
・燃費も昔のATに比べると格段に良くなっている。
・MTなんて、クラッチを切る時に動力の伝達が切断されるんだから絶対的な速さでは2ペダルMTのほうが上。

・・とまあ、他にもあった気がしますがざっとこんな感じ。

ちなみにMTが好きな人の気分を代弁すると(むしろ僕の個人的な)こんな気持ちかも。
働くクルマのジャンルでは合致しない面もあるかもしれませんが、一応ここでは乗用車ってことで。

【MT派】
・運転自体に面白さを感じる。「自分で操作してる感」がATとは段違い。
・自動車の運転は単なる移動手段ではない。合理的とか無駄だとか、そういう十把一絡げ的な考え方をする人には理解できない範疇だろう。
・目的地に到着するだけが運転ではなく、行く途中や帰り道も含めて楽しいんだ。
・いくらフェラーリやランボルギーニがMTをやめたからって、絶対的な速さだけでは計れないものがある。ポルシェは911GT3にMTはもう出さないと言っていたのに、すぐに復活させたじゃないか。MTだった911Rは猛烈なプレミア価格が付いてたし。

・・・勢いだけで書きましたが。(^^;


主なポイントは、『絶対的な速さ』『合理的かどうか』『クルマを道具として見ているか否か』の3つではないかと思います。

まず絶対的な速さですが、これって結局はエンジン回転数と速度とギヤの選択の関係をわかってないと、速くは走らせられないでしょうね。

あと、直線だけのゼロヨンなのかサーキットや峠道のコーナーのある道路でも、違いが出てくるはず。ゼロヨンをATでアタックするのであればスタート時に駆動輪が空転しないように気を付けて踏むだけでOKでしょう。そらATの方が速いでしょうね。

ドラッグレースなんかのマシンではまっすぐ走らせてしっかり止まるということも必要になりますが、乗用車ならそこまでは気を遣わなくていいでしょう。

サーキットなんかのコースを走るんであれば、アクセル踏んでブレーキ踏むだけでOKとはなりません。
自分で運転して走ってみなけりゃわからないからです。スピードが上がれば、コーナリングのライン取りも変わりますしね。そういうのも含めての速さでしょうし。
ネット上で話題になる場合、無闇やたらにATのほうが速いって言ってる人たちはこういうことは知らないと思いますよ。

もちろん、ニュルブルクリンクでメーカーのテストドライバーがタイムアタックする、ってんなら話は別です。
今回は、選ぶならATなのかMTなのかっていう話題ですので。


2ペダルMTも含めてアクセルとブレーキの2個のペダルだったら、アクセルを「踏むだけ」、ブレーキを「踏むだけ」で完結します。基本的にそのへんの街なかならね。
シグナルグランプリでもやろうってんならアクセルベタ踏みしてるだけで済みますし。3ペダルMTのような加速ラグも無いですしね。
でもサーキットや峠道で速く、気持ちよく走ろうとするならATでも別の技術が要ります。
あ、天下の公道で速く走るって何考えてんのとか、そういう話は今はしていませんよ。

中には、ATならアクセルとブレーキしかないんだから「ハンドル操作だけに集中できる」「ハンドル操作だけが重要」だなんていうトンデモ意見もあったりしますが、まあ、ハンドルももちろん重要でしょう。
でも、「だけ」ではないですよね。

スピードとギア選択とハンドルの舵角も関係しますし、コーナーに入った後、いつアクセルを開けるのかも大事です。

平たく言うと、趣味なのかどうか、「好きかどうか」の一言に尽きるのではないでしょうか。
「AT原理主義者」の人たちは、合理的に物事を考えがちのように思えますが、すべてを合理的に考えて「無駄」を省いていったら、何の面白みもない世の中になりますよ。
シフトをガチャガチャ動かしてクラッチを踏む行為が無駄だとか合理的じゃないとか。よく言ってますよね。そういう「無駄」「非合理的」な部分にこそ、文化が発生するとか読んだことがあります。


ちょっと今回はまとまりのない内容になってしまいましたが、好きなほうに乗りましょうよってことです。(笑)


この本は僕も持っておりまして、レビューにある通り結構難解なので気軽に流し読みできるような内容ではありません。が、運転が好きな人にはぜひとも読んでほしいです。
ちなみに、イニシャルDに出てくる「溝落とし」は、この本の筆者が非常に若いころの写真とともに解説されています。
新ハイスピード・ドライビング
ポール フレール
二玄社
売り上げランキング: 80,997

・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
プロフィール

タグボ~ト(タグゾ...

当ブログへの迷惑行為の対応について
管理人の判断によりアクセスログを各プロバイダへ提出します。 こちらの記事をご覧ください。
使用機材
【オーディオ】
<愛知の自宅>
アンプ:SANSUI AU-X1111
    Pioneer A-2050
CDP:Accuphase DP-11
DAC:CREATIVE SB-DM-PHD
SP:Victor SX-V1
   Technics SB-M01
  DYNAUDIO CONTOUR1.1
  DALI ROYAL SCEPTER
AV AMP:MARANTZ NR1603
ANALOG:KENWOOD KP-7010
TUNER:SANSUI TU-α707EXTRA
CASSETTE:CR-70 XK-S9000
      TC-WR965S

<岐阜の家>
AMP:SANSUI AU-α607NRA2
SP:DIATONE DS-66Z
CDP:SANSUI CD-α607
TUNER:ONKYO T-425AT
CASSETTE:CassetteDeck1


【カメラ】
KONICAMINOLTA α-7DIGITAL
SONY α700
MINOLTA 17-35mm F3.5G
KONICAMINOLTA 28-75mm F2.8
SONY 70-300mm F4.5-5.6G SSM
MINOLTA 5600HS

月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
zenback
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ