de te fabula ~ ダーターファブラ

他人事でない自分の人生。時事の話題・オーディオ・車・写真・スキー・音楽・コーヒーなどなど多彩な話題のブログです。

オカルト的な

寝入りばなに目を開けた時に見えるもの。

「明晰夢」って聞いたことがある人がいるかもしれません。
いわゆる、眠っているときに夢を見ていて「これは夢だ」と自分自身が自覚できる夢のことだそうで。

僕もそれなりの頻度でなったことがあります。
これは夢だなと自覚するだけの場合、さらに自覚したうえで夢のストーリーを自分で作れる場合など、色々です。
明晰夢の場合は、朝起きてからもしばらく覚えていることがほとんどです。でもしばらくすると忘れてしまいます。
夢日記と言って、見た夢の内容を書き留めておくってことをする人もいるらしいですが、現実とごっちゃになる(実際に起きた記憶と夢の記憶が混ざる・どれが真実かわからなくなる)可能性があるってことでやめといたほうがいい、という意見もあり、僕は夢日記は付けていません。


明晰夢の場合は実際の睡眠中に見る「夢」なので、自分自身は眠っています。

今回の話はタイトル通り、「寝入りばな」なのでまだ寝入っていない起きている状態での事です。
けっこう検索してみたんですが類似の話は出てこないんですよね。

何かというとですね。

初めてその現象が起きたのはまだ神奈川で一人暮らしをしていた時なので、10年ちょっと前になります。2009年頃だったか。

僕は小さい頃から寝つきが悪くて、小学生の頃とか1~2時間寝られないなんてことが多くありました。大人になってからは比較的早く寝つくようにはなったと思います。

ある晩、なかなか寝られんなあと寝返りを打ちつつ、遮光カーテンじゃないうすぼんやりとした部屋の中で目を開けて足元のほうに視線を移した、いや、目を開けた時には足元のほうを既に見ていたんですな。
ワンルームの部屋だったので、オーディオスピーカーが足元すぐ横に置いてあったんですが。

そのスピーカーの前に黒い人影が正座していました。

うぉおおおおおおおお!!!!!と絶叫して布団を跳ねのけたらもう居なくなっていましたが、まあ驚いたのなんの。(笑)


思い起こすと、2004年の元日に、中学生時代から飼っていた犬が17歳で死んじゃったんですな。今でも思い出すと悲しいぐらいなんですが。
1週間後ぐらいだったか、やはり寝付けなくてふと目を開けると、部屋の天井あたりを右から左へ、前足は走ってる時のように前へ出して、胴体の後ろ半分はキラキラになってぼやけている状態で駆け抜けていったのが「寝入りばなに目を開けた時に見えたもの」の最初かと思います。最後にお別れに来てくれたと普通に思えたので、まったく怖くはなかったです。


で、スピーカーの前の正座を見てから数年して愛知県に戻って自分の家の自室にいるわけですが。

こっちでも見ますね、ハイ。ベッドは腰窓に沿って置いてあります。仰向けの状態で右側が窓です。


記憶に残っているのを列挙。
いずれも枕詞として「寝付けなくてふと目を開けると」が付きます。

・仰向けの自分の目の前に、真っ白くて長い腕がある。5回ぐらい見た。
最初の頃は見るたびにうぉおおおおおおおわ!!!と布団で跳ねのけていた(手でやると怖いので)が、何回か見て段々慣れてくると、どこから伸びていて指先はどこだ?と観察し始める。
じっくり見ているとジワジワ~~っと空間に溶け込むように腕の根元(窓の方)から消えていく。
最初の頃は2秒ぐらいで消えていたが、他の現象も含めて4秒ぐらいは観察できるようになってきた。
試しに同じ状況で自分の腕を出してみても、暗いので黒く見える。

・黒い三人の人影が足元(またかよ)に並んでいる。

・小さいオッサンが正座(またかよ)して空間に浮かんでいる。

・何やら四角い板状のもの(無機物)が空間に浮かんでいる。なんだこれは。

・今度は木製の椅子(昭和の頃の小学校にあったやつ)が空間に浮かんでいる。小さすぎて座れないと思う。

・見知らぬオッサンが怒った顔で窓側のほうから見下ろしている。
んだテメエは誰だコラなんか用かおどりゃあ、って頭で念じながら睨み返すとやはり空間に滲むように消える。

・そうかと思うと、ニコニコ顔の見知らぬオッサンが窓側のほうから僕を見下ろしている。
会釈までしてくるんで、こちらもアッどうも、みたいな感じで寝っ転がったまま会釈する。するとオッサンはまた滲むように空間に消える。この間、やはり4~5秒ぐらい。

・大体左側面を下にして寝ることが多い僕ですが、ふと目を開けると、ニコニコ顔の5~6歳ぐらいの坊やがテテテテテー―――っと走ってきて僕の目の前で僕の顔を覗き込んで、またクルッと向こうを向いてやはりテテテテテー―――っと走っていった。走ってきたところと戻っていったところには押し入れしか無い。
ちなみにうちのお墓には5~6歳で亡くなった男の子がいる。

・ふと頭の上の方を見ると、婦人用自転車に乗った見知らぬオバハンがこっちを見ながら走り抜けていくところだった。僕はあっけに取られて見送った。
ちなみに「ママチャリ」の「チャリ」はチャリンコという関西弁が由来なので僕は使用しない。
名古屋には「ママケッタ」という言葉は無い。

・非常に目が悪い(裸眼で0.01)僕なので、鮮明に見えないことが多い。
なので、見えていても何だこれは?となって、服のようなものだったり、なんかの物体だったりなど、とりあえずつかんでやれ!となって思いっきり捕まえにかかることも多い。けっこうな頻度で発生する。
しかし空間をむなしく空ぶるばかりで何も手ごたえは無い。
まあ、捕まえられたらられたでそれはそれでヤヴァイ。

・窓際に、なんか帳面か紙のようなものを持ったショートカットのお姉さんがかがんで顔を近づけて僕の顔を覗き込んでいる。ニコニコ微笑んでいる。でも僕が目を開けた瞬間に直立に戻って、そのまま滲むように空間に消えていった。
見た感じ綺麗な感じの人のような印象だったが、誰だろう、知らない人。

・太平洋戦争中の戦闘機、P-51のような形状の機体が翼を翻して飛んで行った。


他にもあったはずだが印象深いのはこんな感じ。思い出したら追記するかも。

自分の脳ミソが大丈夫か知らん、ってことで、一昨年に初めて人間ドックに行った際に、脳ドックも一緒にやってもらいました。
何の問題もありませんでした。(笑)

幻覚を見る症状が何かのであるらしいんですが、僕の場合は寝てない状態なんですよね。

見ない時は1か月とか見ないんですが、数日連続で見ることもあります。


よくわかりません。何でしょうかねこの現象。統合失調症?起きて活動してる時は出てこないです。
どなたか知ってる人、みえましたら教えてください!




・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

みんなのうた「まるで世界」の意味するところとは。

昔、僕が子供の頃には、生活のタイミング的にちょうどラジオやテレビで「みんなのうた」を聴く機会が結構あり、当時聴いた曲はいまだに歌詞やメロディーを口ずさめるものがあります。

その中でもタイトルの「まるで世界」は当時聴いても、大人になってネットをやるようになって調べてみても、まったく意味が分からない曲でした。ルパン三世の声優だった山田康夫さんが歌っています。
声とふんわりした雰囲気がいい味出しています。歌うのには難しそうなリズムのような気がしますね。


僕が巡回する色んなまとめブログの中には、オカルト系のものを扱うところもあります。
こんな内容のコピペを見つけて、真っ先に思い浮かんだのが「まるで世界」でした。

----------------------------ここから引用

678 :本当にあった怖い名無し:2013/10/28(月) 23:12:49.37 ID:qqe/vfzX0
別のスレに書いたのですがこちらのスレを勧められたのでコピペします。
友人の体験談ですが。


物心がついた瞬間?

最近友人に聞いた話をします。
友人は幼稚園の頃(何歳だったのかは覚えていませんが)、一度記憶が全て無くなったそうです。
自分の名前、家族の名前、家のこと、等。
で、何時間か経った後にまた全て思い出したんだそうです。
その「記憶が蘇った瞬間」の事をはっきりと覚えているんだそうな…

友人はこの事を「物心がついた瞬間」だと考えているそうです。
他にこんな経験した方いませんか?


689 :本当にあった怖い名無し:2013/11/01(金) 23:35:07.73 ID:6tGl7mUY0
出先だから携帯でスマソ

>>678
ちょっと違うけどあるよ
このスレの前身みたいなスレで書いた事あるんだけど

年中くらいの時、ある朝起きて
『ああ、これから新しい生活が始まるんだ』と思った。自分を起こしに来た母を見て『この人がお母さんか』とか、父を見て『この人がお父さん』と頭に叩き込んで覚えるかのように思ったんだ
その後保育園に行く準備をしながら今日から保育園なんだな、友達沢山出来たらいいなと思いながら向かった

ここからが今の自分の記憶。それ以前の記憶は全くなくて、それ以前の写真なんか見ても思い出せない
小学生になってからふとそれを思い出して、母に年中から保育園に通いだしたんだよねって話をしたらお前は2歳から保育園に通ってたと言われたw

中学生くらいの時には、じゃあそれ以前の自分はどこの誰だったんだろうなんて思ったりしたもんだ
前にスレに書いた時は、ここの住人に物心がついた瞬間なんだろなってレスを貰ったなぁ。懐かしい

----------------------------ここまで引用 
引用元https://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1371423340/


「まるで世界」の歌詞を少し引用するとこんな感じ。

-----------
朝、目が覚めたら世界が変わっていた
空は青くて、まるで空みたいだったし
雲は白くて、まるで雲みたいだったし

さわやかな風まで
まるで風みたいに吹いてるんだ

母さんにおはようと言ったら
母さんもおはようと言った
父さんにおはようと言ったら
父さんもおはようと言った
まるで僕の母さんと父さんのように

どうしちゃったんだ世界は
まるで世界みたいじゃないか

ー後略ー
-----------

普通に読むだけ、聴くだけでは全然意味が分かりませんでした。(笑)

ですが、上記のコピペの特に689の人のレスを読んで、あっ!!!とひらめいたのが、子供に物心がついた瞬間をモチーフにしたのではないかという仮説です。

この記事を書くにあたって、解説的なことを書いているサイトはあるかどうか調べてみましたが、僕と同じ意見を書いている人は探せませんでした。
でも、思いついている人はとっくにいるかもしれませんね。

僕が小さい頃に、果たして「世界」だなんて壮大なことを意識していたかどうかまでは覚えていません。

「まるで世界」が放送された「みんなのうた」の世界観(ここまで大げさではないかもしれませんが)がもしあるとすれば、子供向けの音楽番組ですし、こういうことを意識しているみんなはいるのかな?これから意識するみんなは出てくるのかな?という感じで放送してたんでしょうかね。


僕が小さい頃の記憶ではいくつかありますが、その中で自分の名前に関して覚えていることがあります。

ある夏の夜、小学校の1年生の頃だったと思うんですが、それまで名字の一部だけを漢字(学校で習った簡単な字です)で書いていたんですが、両親に名字の他の文字の漢字を教えてもらったんですね。
そしたら意外にすぐ書けたんで、名前も漢字でどう書くのと教えてもらって、氏名を全部漢字で書けるようになったのは今でも印象に強く残っています。2文字で20画超えですが、夜のうちに練習して書けるようになりました。
なんだか嬉しかったような記憶があります。




・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

自宅へ車で帰る途中、妙な場所へ迷い込んだ話。

不思議な話や奇妙な話を読んだり聞いたりするのは結構好きなんですけども、実は自分自身が体験したこともいくつかあって、これまでもいくつか紹介してきました。

未だに不思議なのが、自分の車で妙な場所へ迷い込んだ件です。

ガチ話なので実際の地名も出しつつ書いていきます。

このブログを始めた頃は神奈川県の藤沢市というところに住んでいまして、家電量販店のケーズデンキが市内に新規出店したので会社の帰りに行ってきたのが事の発端です。
ちょっと調べたら「湘南藤沢店」で、2008年7月開店でした。開店してそんなに間を空けずに行った記憶がありますので、その年の7~8月だと思います。

地図

地図上ではお店が右端にあります。赤い矢印は自宅の方面で、県道43号を南下します。
帰り道に合流するにはお店を出てすぐのはず。

でまあ、お店に寄って一通り見て、さて帰ろうと思ったんですが、出来たばかりのような綺麗な道(もっと右のほうに「用田バイパス」の表示あり。県道22・43号の並走区間)だったためにまだ通れる交差点が妙に複雑になっており、いったん東の方へ行って、右折して、ほぼ勘でこっちだろうと進んでいった記憶があります。

そうしたらですね、気が付いたらいつの間にか、なんかこう、民家がやたら古ぼけたような雰囲気で明かりも街灯も何にもなく(書いていたら思い出して鳥肌が立ってきた・笑)真っ暗け、しかも道路はすれ違うのがやっとのような幅の細い道になっていて、なんで藤沢のこんな場所でこんな街並みなんだ!?と混乱して運転していました。

そうこうしていると、大きく左に回り込むようなヘアピンカーブの、さらに下り坂になっている場所に出くわしました。
この時点で、僕は緊張のあまりシートから体を完全に起こしてハンドルにしがみつくように前方を見ています。もう汗びっしょり。あ、車は今でも乗っているランエボですよ。

そしてヘアピンカーブの向こう側にはどう見ても生コンのプラントがあるのですが、これも古ぼけていて人の気配も無いし、そもそもなぜにこんな街中に生コンのプラントが?とさらに大混乱。

ヘアピンカーブの内側(要するに車の助手席側)に見える民家は相変わらず古ぼけて真っ暗、街灯も一切無し。民家は平屋で、外壁は昔よく見かけた「鎧張り」のような木材の壁のようでした。
生コンのプラントを見た瞬間、かつて長野県のおんたけスキー場に行く途中にあった、「御岳生コン」を思い出しました。

そもそも、そんなアップダウンのある地域でもないですから明らかにおかしいのですが、僕の車にはナビも無く、あまつさえその辺に止まって地図を見るとか怖くてできません。

15~20分ぐらいは迷っていたはずで、しかし急にその妙な場所から抜けることができました。
ちなみに迷っていたと言っても、その狭い道に迷い込んでからはグニャグニャ曲がってはいましたが、右折や左折はしていません。

唐突に明るい道路に出てきたのでかなりビックリしつつ、車列が信号待ちしていたので僕は左折で入れてもらいました。入れてくれた車に手を挙げて挨拶した僕の表情はこわばりまくっていたはずです。(笑)

ここはどこだとすぐ前方にあった信号機を見ると「用田」の文字。
え!?方向が完全に逆じゃん・・・。ケーズデンキから自分の家に向かうはずですから、太い道に出れば左折で帰れるはずなのに、なぜか逆方向・・・・。

抜け出すことができたのが、地図の黒い矢印のあたりです。「用田」の交差点の手前に路地があるのですが、その近辺だと思います。

そもそも、用田交差点手前にポンっと出てきたのに、僕はいつの間に本来の帰路である県道43号を横切ってしまったのかと。センターラインはオレンジの線の片側一車線ですから、ぶつかれば絶対気付きます。

帰ってからも地図を見直したりしましたが、そんな大回りのヘアピンカーブはありませんし、生コンプラントも載っていませんでした。

未だに何が起きていたのか全く分からないです。
用田の手前で入れてくれた車のドライバーは、僕の車がどこから出てきたように見えたんでしょうか。


・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

昔の記憶または夢。自分ちの別荘みたいな豪邸に行っていた。

去年、突然思い出した、ちっちゃい頃の記憶。または夢。

気づくと、洋風の間取りの、内装には濃い色の木材をふんだんに使った豪華なつくりの家にいる。
大人になってからは住宅メーカーに入ったので部材の名前が分かるようになったんだけど、それらの濃い色の木材は、巾木や廻り縁、階段の手すりや支柱、腰壁なんかに使われていた。思うに、この時の記憶(または夢)の中の室内の様子は、まさにこのメーカーの建物にそっくりだった。
濃い色の木材は今の大人の知識で言えばマホガニーみたいな、ああいう色。

そして多分その場所は、僕の祖父母の家。でも実際は、田舎の雰囲気そのままの、農家づくりの和風建築なので建物の中の様子は全く違う。


ちっちゃい僕は、「ちょっと行って来るー」とか言いながら多分どこかのドアを開けて、この豪華な家の中に入っていく。その時僕は、久々に来たなーとか、そういえばずっと来たかったのに全然来られなかったなとか、この豪華な家の存在は明確に認識していた。


この豪華な家には2階があり、そこにはなぜか僕の幼馴染の一家が間借りしているような感じになっている。(ちなみに、当時も2階はあったが屋根裏部屋が1部屋だけで、僕の叔母さんにあたる人の部屋だった。その後叔母さんはお嫁に行き、僕が高校に上がる前にリフォームして2階は2部屋になった)
で、幼馴染とはいえ、子供心にあまり好き勝手に2階には上がっちゃ駄目だという気持ちだったから、基本的には(自分の家である)1階のみしかいてはいけないルールみたいなものを、自分で決めていたように思う。

でも、「いるかどうか見て来るー」とか言いながらだったか、実際に2階を見てきたうえで「今日はいなかったよー」とかそういう話を親にしていた記憶(または夢)もある。
2階に行くには、さっき出てきた木材をふんだんに使った階段の手すりにつかまりながら、ちょっとこっそりと上がっていく。そして長めの廊下を歩いていくと左側に、幼馴染の一家が間借りしている部屋のドアの前に着く。

僕はそーっとそのドアを開けて中を見るんだが、一度も幼馴染たちがいたことは無かった。
2階のその部屋も、内装は1階と変わらず豪華な作りでかなり広々としていた。コップとか家具とかの調度品も子供心に高そうなものに見えたと思う。同じ建物なだけあって、1階も2階も同じ高級感があって同じような雰囲気だった。


この家に「行った」ことはたぶん中学生の頃には無くなっていたように思う。そして高校生になると同時に、引っ越しで僕たちがこの家に住むようになった。

でも行った事はごくたまーに思い出して、最近行ってないなあなどと漠然と思っていた「記憶」もある。
この思い出していた時期はいつまでだったかはハッキリ思い出せないが、その後大人になって長い期間、完全に忘れていたと思う。


そんな記憶(または夢)を、去年突然思い出した。
あんな豪華な家、建てて住んでみたいね。

そんなお話。


・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング
アラン・ピーズ バーバラ・ピーズ
サンマーク出版
売り上げランキング: 1,844

やけにリアルな夢を見ました。

昨夜(というか今日の明け方)、妙にリアルでへんてこりんな夢を見ました。

突然場面は車を運転しているところから始まり、天気のいい昼間。

空は綺麗な青空で所々に真っ白な雲が浮かんでいる。

すると右前方の遠くの方にいきなり巨大なキノコ雲が沸き起こり、見上げるほどの高さになっていくではないですか!

すわ、原子爆弾だ!と思った僕は、すぐにその辺に建っている頑丈そうな大き目のビルの陰に車ごと隠れると、すぐに爆風が襲ってきました。

うっわ、これはヤバいと思いながらカーラジオを付けると、アナウンサーが「現在、核攻撃を受けています」とかなんとか放送しているではありませんか!
幸いにもすごい爆風にもかかわらず車はひっくり返ったりせず、夢の中の僕は怪我をすることもなかったです。

この辺で夢の記憶はなくなるわけですが、やたらと本物っぽい臨場感がありました。

まあ、ユーチューブに世界最大の核爆弾の実験映像やら、海外での核攻撃を受けた時の臨時放送(日本語字幕付き)やなんかを見ていたこともあるので、そういった記憶が夢になって上映されたのではないかとも思うんですけどね。(^^;

ずっと覚えている夢はいくつかあるんですが、これは久々にかなり衝撃的な内容でしたね。


・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

プロカウンセラーの夢分析―心の声を聞く技術
東山 紘久
創元社
売り上げランキング: 50,573


記事本文の広告表示について
記事の本文にグーグルの広告が表示されることがあります。グーグルによる仕様のためご了承ください。
プロフィール

タグボ~ト(タグゾ...

当ブログへの迷惑行為の対応について
管理人の判断によりアクセスログを各プロバイダへ提出します。 こちらの記事をご覧ください。
使用機材
【オーディオ】
<愛知の自宅>
アンプ:サンスイ AU-X1111
    パイオニア A-2050
    ダイヤトーン DA-U640
    ティアック A-BX10
CDP:アキュフェーズ DP-11
DAC:クリエイティブ SB-DM-PHD
SP:ビクター SX-V1、SX-M3
  テクニクス SB-M01
  DYNAUDIO CONTOUR1.1
AV AMP:マランツ NR1603
ANALOG:ケンウッド KP-7010
TUNER:SANSUI TU-α707EXTRA
CASSETTE:CR-70 XK-S9000 TC-K555ESL

<岐阜の家>
AMP:サンスイ AU-α607NRA2
SP:ダイヤトーン DS-66Z
  ダリ Royal Scepter
CDP:サンスイ CD-α607
TUNER:オンキヨー T-425AT
CASSETTE:CassetteDeck1


【カメラ】
KONICAMINOLTA α-7DIGITAL
SONY α700
MINOLTA 17-35mm F3.5G
KONICAMINOLTA 28-75mm F2.8
SONY 70-300mm F4.5-5.6G SSM
MINOLTA 5600HS

月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ