de te fabula ~ ダーターファブラ

他人事でない自分の人生。時事の話題・オーディオ・車・写真・スキー・音楽・コーヒーなどなど多彩な話題のブログです。

投資・投機

レンドロイドの消息

2018年の12月に書いた記事に、今日(2019年4月16日)ちょっと追記をしました。

「レンドロイド」のICOに、ある伝手で申し込んで1口だけ乗っています。
仮想通貨なんてものはほぼ投機なので、一攫千金狙いが半分、何か起こればいいなと詐欺かもしれんが残りの半分て感じです。

現存のものですら、仮想「通貨」と言いながら使える場所なんかほとんどありませんし、大口の投資家か投機家がこぞって参加して、法規制がユルユルの今を狙ってマネーゲームをして遊んでるといった印象です。
金融機関が国家間での送金に使えるという触れ込みもあったりしますが、もっと先の話でしょう。


今回の記事を書くきっかけになったのは、つい昨日の話なんですけども怪しげな資産運用会社を名乗る人から新規ICOの勧誘電話がかかってきたからです。
僕の名前の読み方はちょっと特殊でして、普通だと訓・音読みをするところを音・音読みするため知ってる人じゃないと読めないんですが、その勧誘は正しく読んでいました。
で、ICO絡みではレンドロイドしか申し込んでませんから、きっと名簿が流出したんだろうと思います。
ちなみに東京03-6362-09××です。最後の二桁は伏字にしておきます。
一応検索しましたが、会社らしき登録名は何もありませんでした。

冒頭で引用した去年12月の記事にも書いたとおり、スパムメールも送られてきてたぐらいですので、流出しているのはもう確定でしょう。

こんなことが頻発しており、肝心のレンドロイドのLINE公式アカウントからは4か月以上何の音沙汰も無しですからもうダメなんだろうと思っていました。
そして3月末頃に思い立って検索し、出てきたのがこの情報サイトです。
https://coin-otaku.com/topic/35379
2019年1月の投稿で2月に加筆修正されてるようです。

平たく言うと、レンドロイドの使い道としてはあまり無いこと、開発の進捗がほぼ見えないことで将来性(実現の可能性という意味も含む)は低いという結論です。
ICOの募集当時、このレンドロイドの使い道が画期的であるということが非常に大きいアピールポイントだったんですけどね。

もう一つのアピールポイントは、開発者として名前の挙がっているハシーブ・アワンという人物が、一応成功していると言えるイーサリアムやエイダコインの開発者として有名だという部分です。

しかしながら、下記のサイトによると、ハシーブ氏は一度も自信のツイッターでレンドロイドについて言及していないとのこと。
https://angorou.com/lendroid/

ハシーブ・アワン氏
https://twitter.com/haseeb

この肝心な開発者が、レンドロイドチームにいないのではとまで言っています。

こいつぁ、いよいよやべえ。

そして今日、自分でも動いてみようと、まずは日本語サポートサイトに久々に行ってみると・・・。
日本語版レンドロイドサポート
http://support.lendroid.info/

     レンドロイド日本語サポートは終了致しました。

キタ━━━━━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━━━━━!!!

終了かよ!!!上場もしてないのに!!!
画面の下部にある、すべての質問はこのアドレスへというリンクを踏むと、

     Not found

夜逃げかよと思わせるような身も蓋もない状況ですが、カーソルを合わせるとアットマーク入りの妙なURLになっているので、単にメアドとして掲載しているだけかもしれません。


そして、ICO申し込み時に登録した日本版公式LINEアカウントに初めて質問を入れました。
そうしたら速攻で自動返信が付き、日本語版レンドロイドサポートページへ質問してくださいという内容でした。

上記の通り、日本語版サポートページは既に撤退済みですので、LINEアカウントを管理する人がいなくなった後に、日本語版サポートページが終了したのでしょう。

いい加減な奴らだなあ。
何十億円集めておいてこれかよ。


日本語版サポートページの管理者情報を調べたんですが、連絡先も何も書いてありません。
そして、このドメインの有効期限は今年の9月27日までとなっているようでした。国別情報はアメリカになっていました。日本語版なのにね。


一応、レンドロイド公式ツイッターは今でもコンスタントに投稿しています。
https://twitter.com/lendroidproject

が、上記の「アンゴロウ」というサイトでは、会社の所在地そのものがよくわからないという見解です。

ヤバいですねえ。(笑)

所在地がよくわからないという件は、冒頭の僕の記事の中で紹介していた、仮想通貨界隈や怪しげな情報商材で有名な、下の名前が平仮名で活動している人の会社、と同じ傾向です。

前にいた中古車屋の話は何度か書いていますが、そことやり口は同じです。
そもそも信用できんのですよ。賃貸の個人アパート(マンションですらない)だったり、レンタルオフィスを平気で登録住所にする輩は。


という感じで、他のサイトも調べていると、レンドロイドは2023年まで待て、と言っている人もいます。
ホワイトペーパーに何か書いてあったかもしれませんが、根拠までは調べていません。
あと4年もありますけどねえ。
そもそも、公式サイトの進捗状況を示すグラフ自体が、何ら動いてませんから。
https://www.lendroid.com/



海外の取引所で細々と上場はしているようですが、ほとんど売買の数が無いことと、ICO価格の数十分の一での取引価格だそうなんで、現状としては無かったものとして考えるのが精神衛生上では良いかもしれません。(笑)



・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

仮想通貨界隈での有名人?

ある伝手で仮想通貨に手を出すことになったのは今年1~2月のことでした。

ちょこっと書くと、ICOの募集に乗ってみたんですけどね。
でまあ、すったもんだしながらなんとか物を手に入れた(とは言うもののただの電子データなんですが)んですけど、ここ2か月ぐらいは運営者から何の音沙汰もないです。それはそれとして。

ICOに応募してから、なんか変な個人名で仮想通貨関連のメールが毎日届くようになりましてね、初めは受信トレイに入ってたんですが、すぐに迷惑メールフォルダに自動で振り分けられてました。中身もちょっと読んだんですが、なんかあんまり・・・。(笑)
そのうちにプロバイダのほうでガチでスパム認定されて、メーラーには直接入ってこないようになりました。それでもどんどん来るので、今ではその人の名前を拒否設定にして弾くようにしてあります。

今日になってふと、そのICOの進捗がどうなってるのかなと思い立ってググってたんですが、一応は動いてはいるみたいです、ええ。年内って書いてありましたけど既に12月なので、来年にずれ込むんでしょうね。きっと。それはそれとして。

ググって初めて知ったんですが、上で書いた変な個人名って書いた人は実在するらしく、こういう界隈では有名な人のようで。でも下の名前が平仮名ってペンネームかハンドルネームか何かみたいな印象だったので胡散臭さ全開だったっす。そらスパム認定されててもおかしくないっていうか。実名だったらすみません。名前でプロバイダがスパム扱いはしないと思いますけどね。(笑)

どうも僕が入手したICOに絡んでるっていうか、この人の推しICOらしいんですな。推してるだけでなんで僕のメアドにガンガン送ってくるのか、一体どんなつながりがあるんですかねー。
でも、毎日送らなくてもいいでしょう。僕が前にいた中古車屋(と、そこでやってた新しい業態)でもメルマガ作ってましたが、そんな頻繁に送ると逆効果なのはわかりきってるんですけどねえ。まあ、それはそれとして。


ググって出てきた情報に、この個人名が経営する会社の所在情報が書いてあり、その情報を書いている人自身は「会社の住所も電話番号もしっかり出して逃げも隠れもしないのは敬服する」と言ってるんですが、そんなものはネットで商売をしてる会社なら書いてあって当然ですし、義務です。

こんな褒め方をする時点で妙な印象を持ちました。もう一度書きますが、所在地と連絡先を記載するのは義務です。
念のため会社名でググったらこの人の下の名前は本来は漢字であると判明。

僕が知りたいのはこのICOが本当に実現するかどうかなんですが、こういう訳の分からない持ち上げ方をこのICOの発行元でもない人に向けている時点でおかしいんですけどね。
必要な情報を求めて検索する人には逆効果ですよ。

で、その住所とやらはなぜか画像化されてましたのでコピペできませんでしたから、ある予想を立てつつ、ベタ打ちでググりました。

予想は当たりました。
案の定、ただのレンタルオフィスです。(笑)

あのさあ・・・。

本当にしょうもないですね。
素性自体も怪しいもんです。本社は別にあるようで(上の情報元とは別のもの)、こっちもググりましたら個人向けの賃貸アパートでした。

余談ですが、このブログでもこの記事の上のほうでも書いている、以前働いてた中古車屋、複数ある新しい業態のほうにかなり絡んでいたこともあり、今でもたまに状況を見ています。(笑)
もともと所在地はアレな場所を記載してたんですが、ちょっと前にレンタルオフィスに変更していましたね。
ほんっとに、ネットを使う仕事でググれば一発でわかる怪しいことに何で自ら突っ込んでいくかなあ。

それと手法は全くおんなじですわ。

僕としては、この個人の人から被った実害はスパムメールが来るようになった事、この人がこの仮想通貨に直接絡んでるわけでもないのですが、要らんメールが散々来るようになったので調べてみたらこんな感じだったということで、今回記事にしておきます。

とりあえず、計画通りにICOが進んでほしいですねえ。
頼みますよほんと。


190416追記:
このICOに申し込んでから、トークンの配布について一度だけ日本のサポートセンターにメールで問い合わせをしたことがあります。
相当待たされて1か月後ぐらいにやっと回答が来ていましたが。
ネットで情報を探してみても、上場へ向けての具体的な進捗状況はほとんどわかりません。
去年の夏に問い合わせをした際の、日本語サポートセンターのURLを半年ぶりぐらいに踏んでみたんですよ。
つい今さっきです。
「日本語でのサポート業務は終了しました」だそうです。たまげたなあ。

このICOの件は今後記事にします。
名前を出すと、「レンドロイド」です。
詐欺じゃないといいんですけどねえ。(^^;




だいたい3分でわかる 仮想通貨の税金の話
大見光男
ぱる出版
売り上げランキング: 5,414

・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

コインチェックに口座を持ったんですがね

仮想通貨について初めてその存在を知ったのは、前の会社の社長からでした。

でまあ、その時は仮想通貨と言ってもどこでどんなものに使うのかなんてまるでわかりませんでしたので、手を出すのはやめておいたらと言っておいたんですな。僕は正直者なので、ガチの返事しかしません。既に「なんかおかしい人だな」と気付き始めていた時期でしたが、そのあたりは僕も大人です。
ええ、その社長はこのブログでも何度かネタにしていますが、僕の中での信用度ゼロの人です。僕の人生で史上最悪に信用性皆無。

ちなみにビットコインでした。2015年頃だったはずなので、今調べたら3万円でお釣りがくるぐらいだったみたいですね。
会社の某サイトを見るに今は多分ホルダーなのでしょう。いつ買ったのか、どこの取引所なのかは知りませんけどね。

でまあ僕なんですが、ある伝手で仮想通貨に興味を持ち、その時に教えてもらった取引所がコインチェックでした。じっくり調べながら口座を開設しようと思って、買ってきたのがこのムック本。
R0010032


中身をパラパラとめくると、見るからにパーリーピーポー的な人がわんさか載っており、その雰囲気の軽薄さと「億り人」とかいう薄気味悪い用語にドン引きしながらもこのページが目に留まりました。
R0010033


なるほど、コインチェックは金融庁に登録済みなのか、じゃあ安心だねということで申し込みました。

取り合えず、まだ得体のしれないものに手を出すということで、今後のために口座だけ開設しておくというスタンスです。


免許証を持ちながら自撮りをするという謎の手法には閉口しましたが、「信用のある取引所」であることを念頭にサクサクこなし、フォームから送信。

そして無事に1月23日、本人確認完了の郵便物が届いたという不在票がポストに入っていました。
この郵便物を受け取れば、いよいよコインチェックに現金を入金するための最終確認が完了します。
1月24日に受け取りに郵便局へ行き、その日のうちにコインチェック社から確認完了の知らせが届きました。

そして1月26日、無事にコインチェック社からNEMが流出して、取引き及び出金停止という運びです。(笑)

すぐに始めるつもりは全くなかったとは言え、この神がかり的なタイミングにはびっくりしました。

で、先ほどの画像。
コインチェックは「みなし登録業者」なだけで、いまだに金融庁のチェックをパスしていません。「コインチェック」のくせに。
なんだよ、「登録済みだから安心」だと!?嘘ばっかりじゃないか!!!

いやあ、紙媒体でこんな盛大な嵌め込みを画策してくるとは、言語道断ですわ。
正直僕も、普段はネットで結構調べるものなんですが、今回は教えてくれた人の経緯もあり、そこまでガチに調査してませんでした。
しかもある意味ネットの情報よりも場合によっては信頼できる紙媒体ですしねえ。いや、一部の既存メディアのことではなく。(笑)

本当に、テレビCMを始めた時点であの意味不明さもあって、僕自身もう少し気を付けるべきでした。

ちなみにこのムック本、儲かる儲かるばかりでほぼ内容はありません。
チャートの読み方も書いてない。
そして今ネット上で話題の、税金のことも全く載っていません。税金のことは知りたい情報だったんですが、結局ネットで調べました。

とりあえず今回の騒動に巻き込まれずに済んだんですが、僕の個人情報は丸々持ってかれました。
今日(2月13日)からコインチェックから日本円を引き出せる日ですが、まあ話半分以下で見ておいたほうがいいかも。

今後はコインチェックはもう捨ておいて、SBIで近々始まるそうなのでそっちにする予定です。

余談ですが、うちの会社では毎朝朝礼があり、持ち回りでコメントをしゃべります。
その時に同僚の人が占いの話をしており、僕も朝礼後に聞いてみました。

そしたら今年の僕の運勢は、

ニュースになるほど、大儲け

だそうです!
よっしゃ!!

トップ1%の人だけが知っている「仮想通貨の真実」
俣野 成敏 坪井 健
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 350

・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
記事本文の広告表示について
記事の本文にグーグルの広告が表示されることがあります。グーグルによる仕様のためご了承ください。
プロフィール

タグボ~ト(タグゾ...

当ブログへの迷惑行為の対応について
管理人の判断によりアクセスログを各プロバイダへ提出します。 こちらの記事をご覧ください。
使用機材
【オーディオ】
<愛知の自宅>
アンプ:サンスイ AU-X1111
    パイオニア A-2050
    ダイヤトーン DA-U640
    ティアック A-BX10
CDP:アキュフェーズ DP-11
DAC:クリエイティブ SB-DM-PHD
SP:ビクター SX-V1、SX-M3
  テクニクス SB-M01
  DYNAUDIO CONTOUR1.1
AV AMP:マランツ NR1603
ANALOG:ケンウッド KP-7010
TUNER:SANSUI TU-α707EXTRA
CASSETTE:CR-70 XK-S9000 TC-K555ESL

<岐阜の家>
AMP:サンスイ AU-α607NRA2
SP:ダイヤトーン DS-66Z
  ダリ Royal Scepter
CDP:サンスイ CD-α607
TUNER:オンキヨー T-425AT
CASSETTE:CassetteDeck1


【カメラ】
KONICAMINOLTA α-7DIGITAL
SONY α700
MINOLTA 17-35mm F3.5G
KONICAMINOLTA 28-75mm F2.8
SONY 70-300mm F4.5-5.6G SSM
MINOLTA 5600HS

月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ