僕のオーディオブログにもその経緯は掲載していますが、今年の6月上旬に某OFFにて、アキュフェーズのCDプレーヤー DP-11を購入しました。
RIMG0002

ちょうど3年前にUSB-DACのクリエイティブSB-DM-PHDを購入してからというもの、ほぼ完全にPCオーディオに移行していた僕のオーディオは、今回DP-11を導入したことにより、またディスクを回すオーディオに回帰しています。

DP-11は1989年12月の発売ですからちょうど24年ですね。
当時の定価は270,000円ですから現在の感覚ではそれほど高額モデルではありませんが、トランスはアナログ系とデジタル系にそれぞれ1個ずつ搭載しており、バブル時代のかなりの物量投入モデルと言えるでしょう。

現在、アキュフェーズのプレーヤーでトランスを2つ積んでいるのは、DP-600(定価840,000円)以上のモデルですから、いかにコストがかかっているかわかります。


音質について、当時のFM-fan誌の「ダイナミックテスト」によると、長岡鉄男氏は以下のように書いています。

「スピード感のあるクールでシャープな音作りで、音像の輪郭も小さく引き締まっている」


確かに、爽やかさと音のクリアさではCD-α607を上回るようです。解像感も高いのですが、それでいて聴き疲れはありません。解像感自体は、2ランクぐらいDP-11のほうが上ですね。
コッテリとした音の濃さはCD-α607のほうに軍配が上がるようです。


SB-DM-PHDとの比較では、DP-11のほうが音の広がり感で一歩譲るという感じでしょうか。
これについては、RCAケーブルの差(DP-11とCD-α607は1000円程度のもの)、SB-DM-PHDはfoobar2000をWASAPI排他モード、さらにResamplerで96KHzにしていますので、この辺の影響が出ているのかもしれません。
あとは、SB-DM-PHDのほうが、少しきめが粗く角が尖った感じです。
少し乾燥した聴き心地になります。

SB-DM-PHDとDP-11を比較して初めてわかったのですが、SB-DM-PHDのほうが聴き疲れする印象です。DP-11を買う前はまったくそんなこと無かったのですが。



それにしても、ディスクを回すという旧来のオーディオの楽しみ方というのも、改めてやってみるとなかなかいいものです。
使っている機器がそれなりに良いものであるという、満足感から来るものもあるかもしれません。
現在のアキュフェーズのラインナップからは考えられないほどの筐体の薄さ、これがまた見た目の優美さを醸し出しており、所有欲を満足させます。

同じコンセプトで出た製品には、パワーアンプP-11、プリアンプC-11、チューナーのT-11があり、共通のデザインになっています。


また、このDP-11は、24年前の製品にもかかわらず、いまだに修理可能となっています。
大手電機メーカーでは考えられませんね。
そのことが、部品の寿命も気にせずにガンガン使用できる、ということにもつながっていると思います。


現状、プリアンプにはフェーズメーションCM-1000、パワーアンプは2系統あり、サンスイB-2105MOS VINTAGEとAU-X1111MOS VINTAGE、スピーカーも2系統でビクターSX-V1とテクニクスSB-M01という構成です。

この中で特に良いと思うのは、パワーにB-2105、スピーカーにSB-M01ですね。

聞いていて気持ちいいのが、アコースティック系の楽器です。管楽器もOKです。
ジェファーソン・スターシップのギタリストだったクレイグ・チャキーコCraig Chaquicoの、アコースティックギターをフィーチャーしたアルバムなんて、それはもう絶品です。


僕の場合、聞く音楽ジャンル的に、SACDではほとんど出ないため、通常CDがかかるプレーヤーで充分なんです。
また今後、PCオーディオではUSB-DACの良いものをと考えていますから、ハイレゾ音源が手に入ればそれでいいわけですな。

DP-11は既に年代ものですが、これからもさらに長く使えそうです。



・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ