8月10日に、ダイナランドスキー場のユリ園を見に行ってきました。

中日新聞に記事が載っており、見ごろだというので写真を撮りがてら。


天候は、雲が多いものの、時折雲の切れ目から日が差すという状態でした。

日が陰るとかなり涼しかったですが、日が差すとそこそこ暑かったです。
「全国ゲレンデガイド2006」によると、最下部は標高983メートル。
長さ480メートルの第1ペアリフト沿い、第1ゲレンデがユリ園になっています。

公式ページによると、今年は気温が低めらしく、営業を8月26日まで延長したとのこと。


入場料は1000円、リフト代は500円です。駐車料金はこの日はかかりませんでした。

ダイナランドには、確か10年以上前にスキーをしに来ています。それ以来ですね。


センターハウスを抜けると、すぐにユリ園(ゲレンデ)なのですが、もう見た瞬間に「おおっ」って感じでしたね。
リフト下のセンターハウス側の土手が一面ユリです。
これはかなり期待できそうだと思い、リフト乗り場に向かいました。


リフト下に広がる花壇がこちら。
PICT0009



機材は、
カメラ:コニカミノルタ α-7Digital
レンズ:シグマ 18-50mm F2.8 EX DC MACRO
です。
すべてJPEG撮って出し。


リフト降り場から見える急斜面の途中から上は立ち入り禁止の札が立っていましたが、その手前ギリギリから見下ろすとこんな感じ。
これで全体の半分弱ってところでしょうか。かなり広いですよ。
PICT0021



これはちょうどリフト降り場あたりの高さから見たところ。
PICT0017




いろんな種類のユリが咲いており、変化に富んでいます。PICT0019

PICT0023

PICT0030
PICT0068



PICT0031



リフト下の花壇は大変見事です。満開です。
PICT0033

PICT0038
PICT0039

PICT0040



白樺の木立。
PICT0048

PICT0052



この木は第1ゲレンデの真ん中辺だと思います。
PICT0060


センターハウスより少し登ったあたりから上を撮ります。
ちょうど真ん中に写ってる木が上の写真の木です。
PICT0085



ユリ園全体に漂うユリの香りがとても甘い匂いでした。
正直、こんなにたくさん咲いてるとは思っていませんでした。
入園券には「360万輪」と書いてあります。恐るべし。

実は、まだ記事にしていないのですが、6月に茶臼山の芝桜を見に行ってるんですよね。そこが話の割には期待外れというか・・だったので、
今回はかなり嬉しい結果でした。


ダイナランドのユリ園、会期はあと2週間ありますし、実際、つぼみもたくさんありました。これからまだバンバン咲くと思われます。


20201126追記;
残念ながら2018年をもってユリ園は閉園してしまったそうです。
いやー、もったいないですね。管理が大変だったんでしょうか。ちょっと探してみましたが、具体的な理由は見つかりませんでした。
うーん、本当に残念です。


・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ