de te fabula ~ ダーターファブラ

他人事でない自分の人生。時事の話題・オーディオ・車・写真・スキー・音楽・コーヒーなどなど多彩な話題のブログです。

PCオーディオ

foobar2000 WAVファイルにdbpowerampでタグ付けされたアルバムアートを表示させる方法

PCオーディオで有名な再生ソフトのfoobar2000は僕の常用ソフトの一つです。
もうひとつはPlay Pcm Winを使っています。

今回はfoobar2000のアルバムアート表示方法です。

と言っても、単にFolder.jpgでアルバムフォルダごとに表示させるのではありません。


僕の使い方というのはアルバムごと、フォルダごとの再生ばかりでプレイリストには一切していません。


2010年の10~11月からPCオーディオの導入を始めたのですが、当初の理由がカーオーディオをMDからUSBメモリに変更すると言う物でした。

そのUSBメモリにお気に入りミュージシャンごとにフォルダを作ったり、FAVOLITEフォルダを作って何十曲も入れたりという運用をしています。
そしてこのコピー元の音源が自室のHDDに入っているという寸法です。

全てWAVですのでもちろん、HDDは圧迫します。(笑)


ここからが核心になります。


僕の使っているリッピングソフトは、HDCDへの対応とWAVへの自動タグ付け機能からdbpowerampを使用しています。


foobar2000ではご存知の通り、Folder.jpgという名前を付けた画像をアルバムのフォルダに入れておけば、それがfoobar2000のアルバムアートとして表示されます。


しかし、複数のミュージシャンや別々のアルバムから持ってきたファイルを一つのフォルダにごちゃ混ぜに入れると、アルバムアートが表示されないという現象に困っていました。


音源ファイルのプロパティには音源ごとに画像が入っているのが確認できるので、複数ミュージシャンの場合になぜ表示されなくなるのかが長い間課題でした。
随時検索したり、Wikiを見たりもしていたのですがFolder.jpgの件ばかりで、どうも良い情報が無かったです。

そしてつい先週、foobar2000のPreferencesを見ていたところアルバムアートの関連付けの項目を発見し、音源ファイルのプロパティを見ながら紐付けのワードを考えたのが以下になります。
場所は、Display - 右側窓のAlbum Art 、Front coverタブです。

%Front album cover%.jpg
%Album Art 1%.jpg
%ID-Tag%.jpg
tag.jpg
%Album Art%.jpg
%ID-Tag Front Album Cover%.jpg

foobar2000を再起動させたり、させなかったり色々試していたら、一番下の紐付けをしたところでいきなり表示できるようになっていました。

いったいどれが正解だろうと検証しましたら、これがビンゴだと思うんですが・・・。
上記のものをすべて消してみて試しても、もう表示されるようになっちゃってるんですよね、アルバムアートが。

%ID-Tag Front Album Cover%.jpg

↑なので、最後に試したこれだと思うんですがねえ。

正直プロパティに表示されていた単語をつないでみただけなんですが・・・。
ほぼ偶然みたいなもんですが。(笑)


注意事項としては、曲を選択したままのうっすらと白い色の付いた状態ではダメです。
黒い部分を適当に押して全体が黒くなるようにしてください。
白いままだとかかっている曲が次曲へ行ってもアルバムアートが自動で遷移しません。
スクショ1

スクショ2


それから念のため、最新版にアップデートしてから行いました。
行なった段階でv1.3.10です。


画像が無い音源にはあとから画像を追加できますのでとても便利ですね。

再生中にfoobar2000の画面を凝視しているわけではないのですが、
なんかこれで気分良く使えます。(笑)


2016年6月20日追記:
もう一台Win10ノートパソコンを持っているのでfoobar2000を初めてインストールして再検証したところ、どうも最新のv1.3.10自体がこの機能に対応しているっぽいです。

僕の場合は初めて普段使いのノートPC(Win7)にインストールしたのが6年近く前で、その後v.1.2.#にアップデートしたままで長期間使い続けており、そこからの久々のアップデートだったため、このような現象になったのかもしれません。



・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

Gaudio特別編集 「はじめてのPCオーディオ」購入

今日本屋に行ったら置いてあったムック本です。

最初は立ち読みで済まそうと思っていたのですが、入門書にしてはなかなか読めるなあと、つい買ってしまいました。(笑)
RIMG0001


はい、僕自身は既にPCオーディオをやり始めて今年で3年ほどになりますし、読者の皆さんがご存知のようにいろいろ試していますから、自分で言うのもアレですけど全然初心者ではありません。(^^;

なんですが、けっこう興味深いページもあったりして、保存版的に持っておくのも良いかなと思い購入した次第です。
調べてみると、2011年の秋にも同じタイトルで出ていますので、その続編のような扱いのようです(その割にナンバリングはされていません)。


本書は共同通信社発行の「Gaudio」誌の別冊のような扱いですから、音元出版発行の「Net Audio」誌とは違い、いわゆるPCオーディオとネットワークオーディオをひっくるめて「PCオーディオ」と呼んでいます。

内容的には、PCオーディオの種類から始まって、音源のセット(リッピング)、USB-DACを使う場合とネットワークプレーヤーを使う場合それぞれの解説、USB-DACを使う場合のWin/Macそれぞれの再生ソフトの紹介、ハイレゾ音源・DSD音源の紹介など、図や写真を多用しながら丁寧に説明されています。
オーディオ商品紹介もされていますが、必要最小限と感じます。
ただのカタログ誌にはなっていないところがいいですね。


そして、僕が特に注目したのが、最後のほうにあるQ&Aのコーナーです。

「PCオーディオにまつわる迷信にさようなら」とありますから、内容的にもなかなか面白いです。

この本、初心者の人が取っ掛かりに購入するのに打ってつけなのはもちろんのこと、すでに取り組んでいる人も確認の意味で持っておくと便利なのではないかと思います。

決定版! はじめてのPCオーディオ (MOOK21)

共同通信社 (2013-04-27)
売り上げランキング: 21,143

・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

PCオーディオでの再生ソフトの比較 その3

久しぶりに、PCオーディオ用の再生ソフトの比較試聴について書いてみます。
その1その2も合わせてご覧ください。


最近、僕も参加しているオーディオブログのPhile-Webで話題沸騰中のソフトが、「Bug Head Emperor(以下Bug Head)」です。
早速試聴してみました。果たして音質的にどんなものなのか。


まず、聴取環境について書きます。
最近の常用ソフトはfoobar2000で、「通常は」以下のような接続です。
foobar2000の設定はResampler使用です。

PC:富士通LIFEBOOK Win7 Core-i3 2.40GHz メモリ4GB
USB-DAC:クリエイティブSB-DM-PHD
パッシブプリ:フェーズメーションCM-1000
パワーアンプ:サンスイAU-X1111またはサンスイB-2105
スピーカー:ディナウディオContour1.1またはビクターSX-V1


今回の比較では、foobar2000、PlayPcmWin、Bug Headの3種類を聴きます。

PlayPcmWinとSB-DM-PHDの相性の問題で、上記の接続はできず、SB-DM-PHDをDDCとして使用し、さらにカセットデッキのアイワXK-S9000のDAC部に接続する必要があります。(「その1」に掲載済み)
PICT0004

これが入力切り替え部分。
PICT0008


Bug Headも設定を確認したところ同じことが言えるため、今回はfoobar2000の設定をS/PDIF接続とし、環境を揃えることとしました。従って、今回は3つのソフト全てが以下のような接続となります。

PC:富士通LIFEBOOK Win7 Core-i3 2.40GHz メモリ4GB
USB-DDC:クリエイティブSB-DM-PHD
DAC:アイワXK-S9000のDAC部
プリメインアンプ:サンスイAU-X1111MOS VINTAGE
スピーカー:ビクターSX-V1
foobar2000はResampler不使用です。

ちなみに、これが現在の接続表です。
20130413


では早速本題に入りましょう。



1.Bug Head Emperor (Ver.2.15)
設定をRed×1で試聴しました。
一聴して、おや、何だこれ?と言うほど、今まで聴き慣れたfoobar2000やPlayPcmWinとは違います。
まず挙げられるのがリマスターでもしたのかと思うほどの、音量の大きさ。ボリュームを少し上げた感じに聞こえます。ですのでなるべく音量は揃えるようにしました。
そして音の厚みと迫力がすごいです。特に低域でしょうね。
全体的なメリハリもはっきりしているように聴こえます。
ややもすると、「大げさ」な音とも言えるかもしれません。(笑)
ロック調の音楽では少し騒々しく感じる場合があるようです。

少々問題もあり、たまーにプチッとノイズが入ることがあります。途切れるかのようなノイズです。これはもしかすると、PCの性能によるところが大きいのかもしれません。

あと使い勝手は洗練されてるとは言えません。
Normalモードだと問題ないのですが、それ以外のモードだと曲を読み込むのに時間がかかります。SKIPボタンを押してももたつきますし、曲名をダブルクリックすれば選曲されるのかと思ったら完全に無反応です。(笑)もう少し改善をお願いしたいところです。

CPU使用率は26%前後です。空冷ファンも結構回ります。
試しにBlack3×1にしてみたら使用率100%でファンの音もものすごく、音楽鑑賞には耐えられませんでした。


2.foobar2000 (Ver.1.2.1)
CPU使用率は7%前後と非常に少なめ。

音質は聴き慣れた、そつのない音です。Bug Headを聴いてしまうと、少々物足りなさを感じるような気がしないでもありません。(笑)
ですが、音量を大きめにすればBug Headに勝るとも劣りませんし、バランス的にも良いと思います。まあそれでも比較すると大人し目・あっさり風味には感じるかもしれません。あと、ジャンルは選ばないですね。
以前の試聴記では音がクッキリハッキリで硬質と表現しましたが、Bug Headとの比較ではBug Headのほうがハッキリしています。それだけBug Headの音質は図抜けているのかもしれません。

ところが、いつもの接続でCM-1000を通しResamplerを使うと、正直言ってBug Headに肉薄する音質が出てくるのですから不思議です。肉薄と書きましたが同等と言えるでしょうか。
いや、CM-1000を通してResampler使用のほうが僕は好みだと言えると思います。これはSB-DM-PHDとXK-S9000のDAC部の差もあるとは思いますが。


3.PlayPcmWin (Ver.4.0.37.0)
CPU使用率は10%を切るぐらいです。

一時期は僕の常用ソフトとしても使用していました。今回の3種類の中では、表現が最も柔らかく聴こえました。大変意外な結果です。
低域の出方は控えめ、高域の角も丸みを帯びたような感じです。
ロック調の曲もうるさくなく、程よく再生されます。
もちろんこの感想は3種類のソフトの中でのものです。単体で聴けばなかなか分かりにくいほどのわずかな差です。




ざっとこんな感じでした。
正直言って、音質の優位性についてはBug Headに軍配が上がると思いますが、PCへの負担面からも常用はしづらいと思われます。
これまで通り常用はfoobar2000とし、PlayPcmWinとBug Headは気分により使い分けると思います。

20130416追記済み


・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

スモールオーディオ

ちょっと愛知の家に帰ってきています。


年末の帰省時に考えていたのが、下記製品を使用したスモールオーディオです。
まあいわゆるデスクトップオーディオですね。
入手した時に記事にしましたが、LXA-OT1を使用します。


SP:テクニクス SB-M01
AMP:ラックスマン/ステレオ LXA-OT1
USB-DAC:クリエイティブ SB-DM-PHD
送り出し:PC
SP用インシュレータ:オヤイデ INS-SP

年末は、SB-DM-PHDを持ってくるのを忘れてしまったため、やっと今回試せました。(笑)

こんな感じです。
RIMG0004



LXA-OT1は、標準状態ではケーブルに引っ張られるほど軽いことと、見栄えの問題もありますから、池田工業の「AMP BASE」を購入しました。
さらには多少なりとも音質に貢献しているでしょう。


実に「小さな機材」で構築することができました。


音質はと言うと、自宅のAU-X1111とSX-V1のシステムと比べても遜色ありません。
SB-M01は、インシュレータにINS-SPを使ったことで、低音のボワつきが改善され、妙に人工的だった中音域も聴きやすくなりました。
このスピーカー、1998年発売で10万円(ペア)ですから、現在では20万円クラスでしょうか。
こんな小型スピーカーからここまでの音が出てくるとは驚きです。
ヤフオクで中古品を入手して5~6年経ちますが、入手した当時に試聴した印象よりもよくなったように感じるのは、インシュレータの影響が大きいのでしょう。
元々ネット上では評判の良いスピーカーですし、面目躍如と言ったところでしょう。


LXA-OT1は、本体がわずか74グラム、AMP BASEを含めても339グラムしかありません。
ステレオ誌の付録の超小型デジタルアンプですが、能率79dBのSB-M01を軽々とドライブします。
自宅のSX-V1で試聴した時と同じく、立ち上がりの早い鮮烈な音が出てきます。


アンプは雑誌の値段を差し引いて実質2000円、USB-DACは実売7500円で、これだけの音が出てくるのですから、驚異的なCP比です。



ところで自宅のサンスイAU-X1111は35kg、愛知の家のAU-α607NRA2は19kg。

AU-X1111との重量差はほぼ100倍です。(笑)

物量投入・大艦巨砲主義のアナログアンプに肉薄する性能を、デジタルアンプはいとも簡単に出してしまえるようです。


このスモールオーディオシステムで、僕のオーディオは自宅・愛知・岐阜合わせて全部で4システムになりました。(笑)



・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

ステレオ誌1月号付録デジタルアンプ 「LXA-OT1」

この記事は僕のオーディオブログと連動させています。


オーディオ雑誌のステレオ誌が、1月号でラックスマンと共同企画した付録が、デジタルアンプのLXA-OT1です。


アマゾンで予約してあったものが届きましたので、レビューしたいと思います。


定価2800円ですから、雑誌代が800円としても2000円程度の代物です。

まず外観ですが、基板むき出しというか基板そのもの、申し訳程度のほこりよけにもならないプラスチック製のほこりよけカバーが添付されています。
足(と言ってもただの金属棒)を取り付ける際に挟み込んでネジ止めします。


ACアダプターで動作します。
アダプターにはラックスマンのロゴ付き。これだけでも価値があるでしょう。(笑)
基板には「Stereo」誌のロゴと、ラックスマンの「L」マークが入っています。
RIMG0003a


写真を見てお分かりと思いますが、あまりの軽さに、ケーブルに引っ張られて左側の足が浮いています。(笑)


RCA端子は金メッキではありません。それはまあ仕方ないでしょうね。

RCAケーブルはつなぎ替えが面倒だったので、余っていた映像用RCAケーブル(!)で間に合わせました。(笑) 端子は一応金メッキです。
写真で黄色く写っているのがそうです。


スピーカー端子は、バネ式の挟み込むタイプです。
挿入口もあまり大きくなく、うちで使っているゾノトーン6NSP-2200S Meisterだとギリギリの太さでした。

それから、オペアンプはマイナスドライバーで簡単に外れるソケットタイプとのことで、オペアンプ交換による音質の違いも掲載されていました。これは面白そうです。



以下、うちでの常用アンプのサンスイAU-X1111 MOS VINTAGE(定価税込400000円)との比較です。


通電当初は、高域がやたら耳に付きましたが、時間が経つとそれも収まってきました。
ですが、高域に特徴のある音色をしています。高域過多と言うわけではありませんが、高域のボリュームは多めです。シンバル(ハイハット)の音が鮮烈に響きます。

低域はよく締まっています。ドラムスの重量感も充分です。
制動のよく効いた低音とでも言いましょうか。かと言って、不足しているとは言えません。

聴き始めは、少し高域寄りなのかなと感じていましたが、通電後しばらくすると高域と低域、うまくバランスしていると感じました。


それから、音の立ち上がりの速さが素晴らしいです。
いつもと聴こえ方が違い、「ハッ」とすることが何度もありました。

左右のセパレーションも、AU-X1111を上回っているように思わせるほどの性能です。
なんかもう、ちょっとショックです。(^^;


褒めてばかりですが、気になった点としては、艶やかさと言うか、まろやかさと言うか、潤い感が足りないかなと感じました。この辺りはAU-X1111のほうがハッキリと上回ります。
あと、あまりに鮮烈なのでちょっと聴き疲れしそうです。
この辺は僕の好みもあるかもしれません。
まあ実質2000円のアンプにそこまで求めるのは酷と言えば酷ですけどね。



1988年発売のAU-X1111に慣れている耳ですと、付録とは言え最新デジタルアンプの音はとても鮮烈・透明度高く聴こえました。
正直、どうせ付録だわと思い、そこまで過度な期待はしていなかったのですが、値段からしても驚愕と言っていい結果になりました。

ちょうど200倍の価格差がありますが、とてもそんな差があるとは思えません。


実際の話、僕自身、「デジタルアンプなんて」と言う偏見がありました。
どうせ音なんて固くて、ザラザラなんだろう、みたいな。

そういう偏見が見事にひっくり返されましたね。

それと同時に、僕のやっているオーディオは、果たしてこれでいいのだろうかと言う疑問が湧きあがってきてしまいました。(^^;

重量級のアンプを使わなくても、もっと軽くてコンパクトでいいものがあるのではないか、と。
正直、参りました。



それにしてもラックスマンは、デジタルアンプも作れるんですね。
これはもしかしたら今後、デジタルアンプを出す布石でもあるのかもしれません。




試聴したアーティスト名です。
Level 42
Paul Hardcastle
Steely Dan
Moumoon
Jennifer Warnes
Donna Lewis
Basia
Manhattan Jazz Quintet
Donald Fagen


この記事は、僕のオーディオブログと連動させています。


20200301補足改訂
一部、表現を変更しました。

20111224 12:36追記
オーディオブログのほうで指摘があり、ラックスマンは既にカーオーディオ用アンプでデジタルアンプを製品化しているそうです。(ホームオーディオではまだです)





・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
記事本文の広告表示について
記事の本文にグーグルの広告が表示されることがあります。グーグルによる仕様のためご了承ください。
プロフィール

タグボ~ト(タグゾ...

当ブログへの迷惑行為の対応について
管理人の判断によりアクセスログを各プロバイダへ提出します。 こちらの記事をご覧ください。
使用機材
【オーディオ】
<愛知の自宅>
アンプ:サンスイ AU-X1111
    パイオニア A-2050
    ダイヤトーン DA-U640
    ティアック A-BX10
CDP:アキュフェーズ DP-11
DAC:クリエイティブ SB-DM-PHD
SP:ビクター SX-V1、SX-M3
  テクニクス SB-M01
  DYNAUDIO CONTOUR1.1
AV AMP:マランツ NR1603
ANALOG:ケンウッド KP-7010
TUNER:SANSUI TU-α707EXTRA
CASSETTE:CR-70 XK-S9000 TC-K555ESL

<岐阜の家>
AMP:サンスイ AU-α607NRA2
SP:ダイヤトーン DS-66Z
  ダリ Royal Scepter
CDP:サンスイ CD-α607
TUNER:オンキヨー T-425AT
CASSETTE:CassetteDeck1


【カメラ】
KONICAMINOLTA α-7DIGITAL
SONY α700
MINOLTA 17-35mm F3.5G
KONICAMINOLTA 28-75mm F2.8
SONY 70-300mm F4.5-5.6G SSM
MINOLTA 5600HS

月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ