de te fabula ~ ダーターファブラ

他人事でない自分の人生。時事の話題・オーディオ・車・写真・スキー・音楽・コーヒーなどなど多彩な話題のブログです。

SX-V1

EXIMA CONCEPT Speaker Cable 使ってみました。(SPEAKER BOOK 2013)

6月11日の記事で取り急ぎ購入報告をした、SPEAKER BOOK 2013の付録ケーブル「EXIMA CONCEPT Speaker Cable」ですが、いよいよ接続してみました。

EILEX(アイレックス)社のケーブルで、これが開発モデルになります。
製品版は3000円/mで今年限定発売だそうです。


まず、こんな感じにシースを剥きます。
直接芯線を指で触ることは避けたいので、先っちょはシースが付いたままです。
この先っちょをくりくりと回せば芯線も捩ることができますので一石二鳥。
RIMG0003a



接続はAU-X1111MOS VINTAGE(パッシブプリCM-1000)⇔SX-V1にしました。

オーディオテクニカの大昔のケーブルAT6S27(500円/mぐらい)からの変更になります。

まず、音が出た瞬間に思ったのは、中音域の温度感が高めだということですね。
あったかい質感です。

そして、Jennifer Warnes「The Hunter」の2曲目、男性ボーカルとJenniferとの距離感が一層はっきりしました。男性ボーカルのほうが明らかに後ろです。(囁き声とは別ですよ)
前後の奥行きはよく出る方だと思います。

あと、高域が綺麗に出るようです。
きらめく感じです。が、派手ではありません。以前神奈川に住んでいた時、同じくSX-V1でAT6S27からゾノトーン6NSP-2200S Meisterに変えたときほどの高域の特徴はありません。(現在6NSP-2200SはSB-M01に使用中)
それから、6NSP-2200Sに変えたときはものすごく違和感があり、それからたっぷり30時間ほどかかってエージングが済んだのですが、EXIMA CONCEPTはそういう違和感はありませんね。
スッと音楽が耳に入って来ます。

音の広がりは、ソースによってスピーカーの外側までよく広がるものと、それほどでもないものがあります。
Craig Chaquicoのアルバム「Acoustic Highway」はそれほど広がりません。

今日つないだばかりですので、感想はまた変わるかもしれないですが、とりあえずの印象はこんな感じです。エージングでどれほど変わるか、または変わらないかですね。


スピーカーブック2013 (CDジャーナルムック)
音楽出版社 サイクス
音楽出版社 (2013-06-03)
売り上げランキング: 9,263


・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

久々にSB-M01で聴いてみました。その2

去年の11月以来、久々にテクニクスSB-M01で聴いてみました。
前回の記事はこちらです。

Phile-Webコミュニティをご覧の方はご存知の通り、岐阜の家に別システムがあり、このGWに少し時間があったので、あちらに置いてあるAU-α607NRA2でどのように鳴るのか興味が湧いたため、SB-M01を持ちこんで聴いてきました。
PICT0014


スタンドは、普段はDS-66Zに使用中のDK-77HR(DS-77HR専用台)です。
PICT0008


まず、試したのがJennifer Warnes「The Hunter」の1曲目。

出だしから5秒ほどのドラムスの音の余韻が全く感じられません。
ドラムスの音自体も、「ボン」ではなく「ポン」みたいな感じ。
愛知のシステムでは、重量感と余韻のある鳴り方をするのに、607NRA2ではかなり軽い音になります。


次は、Danny Wilsonの「Mary's Prayer」
http://www.youtube.com/watch?v=7hqgC3W9GUI

音を出した瞬間、SP後方1メートルの空間に音場が展開しました。
とても驚きました。愛知のシステムではこんな鳴り方はせず、奥行的にはSPのライン~手前に展開します。音の厚みが少し足りないかな?

つづいては、Craig Chaquico「Acoustic Highway」
http://www.youtube.com/watch?v=m-_lEZ3JV7M
(ライブバージョンしか見れませんでした)

高域が非常に綺麗に出ます。アコースティックギターがきらびやかです。とても気持ちいい音質です。


他にも何曲か試しましたが、そこそこ高域から低域までそつなく出ていたようです。
しかし、愛知の家のセパレートアンプシステムと比較すると、今一つ力強さや厚みが足りません。

SPケーブルは1000円程度の左右セット品、RCAケーブルも1000円程度の製品なのでこれらの影響も多少はありそうです。

今回は妹夫婦と姪っ子ちゃんも来てたりして、じっくり音楽を聴く時間が無く、この程度の試聴しかできませんでした。


そして、愛知の家に戻って、こちらのシステムにも久々につないで聴いてみた次第です。
スタンドは前回と同じく、Contour1.1に使用中のサウンドマジックです。
RIMG0004


Jennifer Warnesの「The Hunter」1曲目最初の5秒間のドラムスの低音の出方は以下のような感じです。プリアンプにはフェーズメーションのCM-1000を使用しています。

B-2105&Contour1.1≧AU-X1111(パワー)&Contour1.1>B-2105&SX-V1
≧AU-X1111(パワー)&SX-V1>B-2105&SB-M01≧AU-X1111(パワー)&SB-M01
>>>607NRA2&SB-M01

明らかに出方が違います。余韻と重量感です。


SB-M01の音質は明るい傾向と感じます。SX-V1の音質に近いものがあるようです。
非常に溌剌と、爽やかに鳴ってくれます。

それに比べると、Contour1.1はやはり陰影を感じますね。
Contour1.1は去年の10月に導入してますから、ここに来ていろいろと特徴もつかめて来たようです。


愛知の家のほうのセパレートシステムでは、わずか8センチのウーファーとは思えない非常にどっしりした重量感のある低音が出ます。高域についても、非常にきらびやかな高音が綺麗に出ますね。
ボーカル帯域については、特に女性ボーカルがとても色気のある表現をしてくれます。


SB-M01はペアで定価10万円でした。
ですから、組み合わせるアンプはやはり10万クラスか、7~8万クラスのものを選ぶ人が多いでしょう。
ですが、それだと、今回の結果から判断するに、あまり鳴らない可能性があります。
定価11万8000円の607NRA2ですらこの結果です。607NRAの電源強化版ですから、それなりに駆動力はあるはずにもかかわらず、です。

今はネットも発達して、かつての高級機がいくらで手に入るのかもすぐわかりますし、SB-M01が発売された当時の高級アンプを入手してつないでみるのも良いと思われます。

SB-M01の能率は79dBと極端に低く、これがアンプ食いの一因になっているかもしれません。
なんにしても、SB-M01をうまく鳴らすにはなるべくいいアンプ、できればセパレートアンプで鳴らすぐらいの気合が無いといけないようです。
アンプを奢れば奢るだけ、それに応える懐の深さを持っています。

比較するまで、ここまで差が出るとは思ってもいませんでした。

SB-M01、恐るべしです。


・ブログランキングに参加中!クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
プロフィール

タグボ~ト(タグゾ...

当ブログへの迷惑行為の対応について
管理人の判断によりアクセスログを各プロバイダへ提出します。 こちらの記事をご覧ください。
使用機材
【オーディオ】
<愛知の自宅>
アンプ:SANSUI AU-X1111
    Pioneer A-2050
CDP:Accuphase DP-11
DAC:CREATIVE SB-DM-PHD
SP:Victor SX-V1
   Technics SB-M01
  DYNAUDIO CONTOUR1.1
  DALI ROYAL SCEPTER
AV AMP:MARANTZ NR1603
ANALOG:KENWOOD KP-7010
TUNER:SANSUI TU-α707EXTRA
CASSETTE:CR-70 XK-S9000
      TC-WR965S

<岐阜の家>
AMP:SANSUI AU-α607NRA2
SP:DIATONE DS-66Z
CDP:SANSUI CD-α607
TUNER:ONKYO T-425AT
CASSETTE:CassetteDeck1


【カメラ】
KONICAMINOLTA α-7DIGITAL
SONY α700
MINOLTA 17-35mm F3.5G
KONICAMINOLTA 28-75mm F2.8
SONY 70-300mm F4.5-5.6G SSM
MINOLTA 5600HS

月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
zenback
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ