2004年11月24日

ケースメソッドとは 続編「学びの共同体を作る」

こんにちは。岡嶋@TUGです。

前回は、「ケースメソッドとは」ということで、ケースメソッドの授業スタイルについて、その特徴と共に簡単な紹介をさせていただきました。
http://blog.livedoor.jp/tugjapan/archives/8316163.html

再度、手短にまとめますと、
ケースメソッドは、その特徴として、1.講師の役割、2.ケースを教材として使う、という点で、伝統的な講義形式の授業スタイルと異なります。
また、実践学問を学ぶのに適し、討議を重ねて思考の訓練をする授業スタイルです。
  続きを読む

Posted by tugjapan at 22:08Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月20日

ケースメソッドとは

こんにちは。岡嶋@TUGです。

現在、私は慶應ビジネススクールの自由科目として「ケースメソッド教授法」という授業を履修しています。この授業では、ケースメソッドを教える立場として、どのような事に注意をし、どのような準備をして、どうクラスをリードするか、などを勉強しています。

ケースメソッドといえば、慶應ビジネススクールの基礎科目全てに取り入れられている授業スタイルなのですが、これまでに、このケースメソッドを紹介する機会がなかったので、今日はケースメソッドとはどのようなものかについて簡単に触れたいと思います。
  続きを読む
Posted by tugjapan at 23:17Comments(0)TrackBack(0)

2004年10月19日

チームを活性化させる組織心理学

こんにちは。岡嶋@TUGです。

会社におけるチームないしプロジェクトが成功するためには、リーダーが自らを奮い立たせ、チーム全体で活気づくことが非常に大切です。
実は心理学では「3つの欲求」を満たすことが、自ら進んで行動を起こさずにはいられない状態(内発的動機づけ)を作り出すことに大きな効果があると言われています。これは、米国の組織心理研究の分野においても実証されており、様々な業種における企業経営や問題解決の経験からも、この理論の正しさを非常に実感することが多いようです。  続きを読む
Posted by tugjapan at 23:42Comments(0)TrackBack(0)

2004年09月08日

ティッピング・ポイント・リーダーシップ

こんにちは。岡嶋@TUGです。

今回は、数多くあるリーダーシップ論のなかでも、私自身が最近面白いと感じた、「ティッピング・ポイント・リーダーシップ」について、ご紹介したいと思います。

ティッピング・ポイント・リーダーシップとは、ティッピング・ポイント(臨界点。ティッピングは「傾く」の意)という疫学に由来する用語を用いた理論で、「ある組織において、信念や内的エネルギーの強い人の数が一定の臨界点を超えると、その瞬間、組織全体に新しい考えが急速に広がり、きわめて短期間で抜本的な変化が起こる」という考え方です。  続きを読む
Posted by tugjapan at 02:00Comments(0)TrackBack(0)

2004年07月27日

スタディツアー in シリコンバレー レポート その2

8d032746.JPGこんにちは。岡嶋@TUGです。

昨日の国保さんに引き続き、アメリカ・シリコンバレーへのスタディツアーで見聞きしたことをご紹介したいと思います。

昨日、国保さんよりソーシャルベンチャー関連とSF観光の紹介がありましたので、本日私からは、訪問した企業6社の中から、次の2社をご紹介します。
  続きを読む
Posted by tugjapan at 23:26Comments(1)TrackBack(0)

2004年05月29日

人材マネジメントとブランド 事例:パタゴニア

岡嶋@TUGです。

 「社員の満足なしに、顧客の満足は実現できな」という考えの下、社員のモチ
ベーションおよび私生活の充実を積極的にサポートしている企業があります。
 それは、環境問題に熱心なことで知られる世界屈指のアウトドアウェアメーカー、
パタゴニアです。そこでは、社員のロイヤリティが顧客への満足感につながると考えているのです。
  続きを読む
Posted by tugjapan at 11:54Comments(0)TrackBack(0)

2004年04月26日

競争力の源泉としての「知識」

岡嶋@TUGです。

 1990年初頭から、「知識」に関する議論が活発になり、またこの不況下において、再び「知識」が注目を浴びています。なぜ「知識」なのか。

 ピーター・ドラッカーは、知識が重要な役割を果たす社会を「知識社会」と呼んで、それまでの社会と区別し、著書『ポスト資本主義社会』では、新しい経済においては、知識は単に伝統的生産要素としての労働、資本、土地と並ぶもう一つの資源というより、ただ一つの意味ある資源であると論じています。知識が一つのというより唯一の資源であるということが、新しい社会の特徴だというのです。  続きを読む
Posted by tugjapan at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2004年03月19日

ビジネスモデルの「妥当性」と「正当性」

岡嶋@TUGです。

あるビジネスモデルについて考えてみる際に、ひとつの尺度として「妥当性」「正当性」の観点から覗いてみることができます。
これに関して、慶應ビジネススクールの2学期授業であった『経済・社会・企業』における「Nike」のケースに照らして考えてみたいと思います。

  続きを読む
Posted by tugjapan at 02:02Comments(0)

2004年03月03日

限界効用の時間活用術

岡嶋@TUGです。

今日の現代社会では、ますます多様化・スピード化・情報化していき、私たちには、仕事を含めてやるべきことが山ほどあります。
特に、企業はリストラを経て組織をスリム化する一方で、競争に打ち勝つために業績を上げねばならず、優秀なビジネスマンほど仕事が集中しやすい状況になっています。
  続きを読む
Posted by tugjapan at 19:52Comments(0)

2004年02月25日

コーチング

2004/01/07

こんばんは、岡嶋@TUGです。

皆さんは、コーチングというものをご存知でしょうか?
  続きを読む
Posted by tugjapan at 00:44Comments(0)