追撃コラム&取材メモ

マスコミにない情報を独自取材して書いています。タレント性の強い政治家などに関連したものが多いです。初期の記事は田中康夫長野県知事に関したものが主です。

2005年07月

「たけしのTVタックル」に、02年知事選候補 市川周氏が出演

「たけしのTVタックル」に、02年知事選候補 市川周氏が出演   テレ朝系 8月1日 午後9時35分から放送

2002年の知事選に出た市川周氏が「たけしのTVタックル」にコメンテーターとしてビデオ出演する。同日の番組テーマは「8月政変に石原慎太郎の国政復帰はあるか?」というものだが、これについて石原都知事のブレーンの一人として、その胸の内を忖度する形でコメントするようだ。

市川周 ホームページ  http://www.ichikawashu.com/

「たけしのTVタックル」 テレビ朝日
8月1日(月) 午後9時35分から10時半頃まで 
可決か解散か!?壮絶!小泉総理VS自民反乱軍ハマコー&三宅(秘)予測あの人が新党結成か!? 
出演者/ビートたけし 阿川佐和子 大竹まこと 浜田幸一 三宅久之 など

市川氏は02年9月に塩尻市で行われた長野県知事選の合同演説会で、選挙最中にもかかわらず、田中康夫候補にエールを送るような発言をしている。普通は考えられないことで、当時報道され話題にもなっている。
このように奥床しい人柄なので、自分から石原都知事との関係を吹聴するようなことはけしてしないが、石原氏が「あんな奴ブレーンじゃない。後輩の一人だ」と、辛口コメントしているのは親しいからこそなのだ。当時マスコミは市川氏の出馬を、石原都知事のブレーンの代理戦争などと報道していた。

石原氏は表でこんなことを言いながら、裏では告示日にこっそり100万円のカンパをしている。いかに石原氏とはいえ100万円ものカンパはなかなか出来ることではない。ただの後輩の一人でないことは明らかだ。市川氏も選挙最中のことであれば、これを宣伝に利用すればよさそうなものだが、そういうことはしなかった。私はずっと後になってこれを知ったが、じれったい思いがするほどだ。

もし、石原氏が国政を見切って地方に目を転じ、数年前の借りを市川氏に返そうーと考えればたちまち台風の目になることは間違いない。浜渦東京都元副知事への対応を見ても分かるように、男、石原慎太郎は人一倍義理堅いのだ。

石原氏は田中康夫など歯牙にもかけていないが、快く思っていないのも事実。なにしろ石原都知事に”カワード”などと難癖をつけたことがあるからだ。うじ虫を踏み潰しても後味がよくないので今は無視しているだけのようだが、有り余った力の持って行き場所がなくなったとき、その矛先が田中康夫に向けられたらひとたまりもないだろう。

03年の都知事選で300万票を集めた慎太郎パワーは長野県でも十分影響力を発揮するだろう。石原氏がいったん決断すれば、鉄の結束を誇る石原軍団もフル回転して長野県に旋風を巻き起こす可能性は大だ。

今回のテレビ出演は、市川氏が06年8月の田中知事任期切れを睨んで蠢きだす予兆なのかもしれない。

恥知らず!信濃毎日新聞、週刊新潮広告から「田中知事」の文字削り取る

    恥を知れ!信濃毎日、それでも新聞か!

メルマガ記事パクリの次は、週刊新潮広告から「田中知事」の文字削り取る。


週刊新潮8月4日号が、きょう長野県内でも発売されたが、信濃毎日新聞に載ったその広告に、ななな、なんとぉ〜、肝心要の「田中知事」の見出しが載っていないのだぁー!
このような処置はもちろん信濃毎日新聞だけ。県内で販売されている他の全国紙の週刊新潮の広告にはちゃ〜んと「田中知事」関連記事の見出しが載っている。

田中康夫が裏で手を回したに違いないのだが、それに屈する信毎もだらしない。それでも新聞かと言いたい。詳細についてはこれから調べて報告する。とりあえずは、信毎に載ったものと、中吊り広告、それと全国紙を並べてアップしておく。

 左が信毎に載った広告。  中央のカラーが中吊り。右は全国紙に載ったもの。

信毎に載った、週刊新潮 広告週刊新潮 中吊り広告

全国紙の週刊新潮広告2

 

 

 

 

画像をクリックすると大きくなる。中吊りと、全国紙広告の真ん中あたりには”「田中知事」の百条委「暗闘」”の見出しが載っているが、左の信毎にはない。信毎広告左に写っている「9・11衆院選」見出しは、隣に掲載された週刊文春のもの。

情報提供のお願い

      情報提供のお願い
百条委員会をにらんで、なお一層の情報提供をお願いします。
「こんなことは大して役に立たないだろう」とか「どうせ知っているだろうから」
と眠っている情報は結構あるものです。そういう情報をお寄せください。
私は深く広く取材していますが、すべてを知っているわけではありません。
メルマガ記事の中には読者からの情報提供に基づくものが少なくありません。

情報の価値は集積してみて分かるものです。一見関係ない情報を重ね合わせることによって1+1=2以上のものになることがしばしばあります。
同じ情報が多く来れば、その情報の確度が高いという判断が出来ます。

どんなささいなことでも結構です、お知らせください。
もちろん秘密は厳重に守ります。情報の使い方についても提供者の意向を尊重します。
メルマガ記事のネタとして利用するだけでなく、私を中継点にして様々な活用の仕方を考えます。百条委員会委員とも密接に連絡を取り合っています。
こういうやり方はどうだろうーというアイデアでも結構です。
情報によっては電話でやり取りすることも可能です。取り合えず下記メールアドレスにメールいただければ、私の電話番号お知らせします。

                    tuigekiml@infoseek.jp

ペテン師に乗っ取られた、老残の雑誌「世界」

雑誌「世界」8月号に田中知事のインタビュー記事が載っている。
http://www.iwanami.co.jp/sekai/2005/08/directory.html
【インタビュー】
天動説から地動説へ――「おばさん的発想」が日本を変える
  田中康夫(長野県知事)

細かな嘘がちりばめられ、知らないものが読めば騙されてしまうものだ。
その中に、「給料も僕が3割、職員も平均10%カットした。」という記述がある。これを県職労が事実と違うと抗議している。

知事の誌上発言「事実と異なる」 県職労が抗議 信毎 (7/26)
http://www.shinmai.co.jp/kensei/200507/05072601.htm

 県職員労働組合(高橋精一委員長)は25日、記者会見し、県に同日、本年度の要求書を提出した際、知事が雑誌のインタビューに答えた内容が事実と異なる−などとして、松林憲治・経営戦略局長らに口頭で抗議した、と明らかにした。
 県が職員給料を5−10%削減していることについて、知事は月刊誌で「平均10%カットした」とし、「それでも多くの県民からすれば恵まれている」と発言。県職労は「意図的なうそで、職員の生活実態をまったく無視した発言だ」とした。
 また、県が来年4月実施を目指す組織再編案を紹介した23日付新聞掲載の「広報ながのけん」について「既に決まった内容のごとくの記載内容だ」と指摘。9月県会に組織再編のための条例改正案を提案する前に、内容について組合側と交渉するよう求めた。
 要求書では、精神疾患で長期療養者や休職者が増えていることへの総合的対策、昨年12月から敷地内全面禁煙にした県有施設で分煙を実施することを求めた。
(2005年7月26日 信濃毎日新聞掲載)

本当は一般職員は6割で、部長職が10割だ。県職労としては知事がこういう認識だと今後の交渉に影響が出るため、県当局との交渉の中で松林憲治経営戦略局長に抗議した。
信毎記事ではこの抗議のために会見したようになっているが、ちょっと違う。もともとあった交渉内容を説明する会見の中で、こういうことがあったと話したことを抜き出して記事にしている。
信毎は記事中で「月刊誌」とだけ書いているが分かりにくい。なぜ「世界」と書かないのか。愚かしくも悪しき慣習だ。


「世界」の田中知事インタビュー記事の後には、内山卓郎さんという長野市在住のルポライターが
【検  証】
知事と議会と報道と――長野県政の「混迷」を検証する
  内山卓郎(ジャーナリスト)

こういった記事を書いている。内山さんは県庁内でたまに見かける。70歳ぐらいの人。
だいぶ前に「田中知事に電話してもすぐ切られてしまう」と話しかけたことがあるのだが、「田中さんは忙しいのでしょう」という返事が返ってきた。
私としては、「えっ!それはどういうことですか?詳しく聞かせてください」という返事を期待していたのだが、そうではなくて失望した。
内山さんは「浅川ダム中止」の立場から発言したり本も書いているが、それらの客観性に疑問が湧いた。自分に都合の悪い情報には耳を傾けない人ではないのか。

内山さんはこの記事の中で、マスコミと田中知事の関係は「険悪とも思える」と書いているのだが、私がネット上で田中知事がマスコミ記者と裏で通じているのを暴いているのは知らないのだろう。いや、知ったとしてもなにかしら別の解釈をするのだろうか。

「世界」は私が青春期に「朝日ジャーナル」や「展望」などと共によく読んだ雑誌だが、しばらくぶりに読んでがっかりした。昔、胸を熱くして読んだ論文はどれほど正しいものだったろうか?という疑問が湧いた。己の幼稚な知的好奇心を、ペテン師に乗っ取られた「世界」に嘲笑われたような気がした。

同号には樺嶋秀吉さんの記事も載っている。
【ル  ポ】
市川市「1%条例」は“地域づくり”を変えるか
  樺嶋秀吉(ジャーナリスト)

樺嶋さんは地方政治をテーマにしている方で、ネット上でも活動している。「田中県政追撃コラム」も読んでいるようだ。
ブログ版「チホウ政治じゃーなる」
http://kabashima.exblog.jp/

いつだったか樺嶋さんが、自身のメルマガで田中県政のことを書くと読者が減るので書きたくないーとネット上でボヤいているのを見た。
「世界」では、田中県政の実態を知っている人が書かないで、ペテン師と勘違いライターが書いていることになる。

「朝日ジャーナル」や「展望」はとっくに廃刊しているが、「世界」は生き残っている。老残ーという言葉を思い出す。

週刊新潮が、今週発売号で田中県政の問題点を大特集

週刊新潮が、今週発売号で田中県政の問題点を大特集。


全国マスコミで初の本格的田中県政批判を展開。


東京28日(木)、長野29日(金)発売。


買いもらさないように、早めに予約をー。

書店関係者は、普段の5倍は仕入れをー。

なお、これには私も大いに取材協力させて頂きました。(笑)

本日中に、メルマガ発行予定。ーでしたが、パソコンの不調などあって

翌日(27日)夕方にずれ込みます。

* 予定より早く 14:40ごろ配信しました。

* 【訂正】

本日配信したメルマガの下記見出し記事中
● ペテン師に乗っ取られた、老残の雑誌「世界」

<本当は一般職員は六割で、部長職が十割だ。>は
<一般職員は6パーセントで、部長職が10パーセント>に訂正します。

信濃毎日新聞、当メルマガ記事を堂々のパクリ

 信濃毎日新聞、当メルマガ記事を堂々のパクリ
   新米記者がメルマガ見て取材に来ました─と言っているのに
   パクリでないーと宮坂キャップはしらばっくれ
 

信濃毎日新聞が当メルマガの記事をパクっている。

県が職員の新聞購読調査 県職労「思想調査の恐れ」
http://www.shinmai.co.jp/news/20050713/mm050713sha4022.htm
この見出しで、7月13日(水)付けで信毎が書いているが、これは7月8日 23:32
ごろに配信した田中県政追撃コラム記事、
● 自宅で取っている新聞を教えろーと県が調査
の完全なパクリ。

信毎の新米記者、小松恵永クンが「田中県政追撃コラムに載っていた記事を見て
ー」と言って県職労に取材に行っている。これ以上ない分かりやすいパクリなの
だが、信濃毎日新聞県政担当キャップの宮坂重行クン(38)はこれを認めず、
「パクリではない」と私と一度面談した際、言い張った後、逃げ回っている。

宮坂記者は部下の管理責任を問われる当事者でもあるので、その上の責任者と話
がしたい。そもそもこれはネタの盗用であり、事柄の重大性に鑑みてキャップ風
情でなく、社の幹部が対応するのが適当ーとこれまで何度も信毎本社に電話した
が、願いはかなわない。

ちなみに私はマスコミ関係者、特に長野県庁に出入りする方については田中県政
追撃コラムの無断購読お断りーと以前から何度も書いている。信毎小松記者につ
いて私は購読を承知していない。見るなというのではない、見るなら断ってから
にして欲しい。ネタのパクリなどを防止するためだーと言っているのだが、今回
それがものの見事に踏みにじられていることが分かった。

この際、あらためて書いておくが、購読を申し出ていないマスコミ関係者は連絡
いただきたい。

写真は今年初めごろ完成した信濃毎日新聞社屋。左のものは最近撮影。 右は新旧社屋が同時に写っている去年暮れごろのもの。手前が旧社屋。今は取り壊されてない。信毎には一足遅れてバブルが訪れたらしい。何倍もの大きさの社屋を建ててどう使うつもりなのか、他人ごとながら気になるところだ。空いている階もあるらしい。この右、百メートル程のところに県庁がある。
信濃毎日新社屋信毎新旧社屋

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は6月30日夜、読者からのメールでこの情報を掴み、翌日の7月1日に県職
労と広報チームに取材して、事実を確認した。すぐ書いてもよかったのだが、ど
うせどこも気づかないだろうし、書きもしないだろうー、後日ゆっくり書けばい
いと思っていた。どこも取材すらしていないーというのは私ぐらいになるとすぐ
分かる。だから呑気にしていた。

この記事のひとつのポイントは県職労が広報チームに申し入れをしていること。
ただ購読紙の調査をしただけでなく、県職労という公の組織が、広報チームに抗
議の申し入れをしたーことによって事態は公的性格を強め、報道すべき価値がよ
り高まった。

その日は6月29日であり、新聞記事としては外せない日付でもある。私のメル
マガ記事にはその日付が書いてあるが、信毎記事にはない。
代わりに、信毎記事では「12日分かった。」と書いている。これは遅れたとき
によくやる新聞記事を書くときのテクニック。

本当は29日に申し入れをしているのに、12日にそう書くといかにも遅いこと
が読者にバレバレ。そこで、29日に申し入れをしたことには敢えて触れずに、
実際記者が分かった時点のことを「12日に分かった」とだけ書く。なんでわか
ったかといえば、このメルマガを見てなのだがそれは書いてない。嘘ではないが
際どい手口だ。

気をつけて見ているとこういう記事は結構ある。ははーん、キャッチするのが遅
れて書いたなーというのが私などにはすぐ分かる。読者もこれから気をつけて見
ていれば分かるはずだ。「○○までに分かった」などというのも同じ。

信毎小松記者は8日深夜配信の追撃メルマガを見て、「これはいける」と考え、
土日を挟んで週明けの11日に取材し、13日の紙面に記事が載ったーと考える
のが自然。


この件について宮坂キャップを体育館の裏、じゃなかった県庁県民ホールに呼び
出した。
すんなり認めて謝るかと思ったのだが、驚いたことに「パクリじゃない」と言い
張る。書いた記者によく聞いて、後で電話をよこしなさいーと言ったのだが、な
しのつぶて。こちらから電話すると「はぁ?なんのことですか」などと、とぼけ
る。何度も説明したことなのに、空いた口がふさがらない。おトボけは彼の常套
手段。思わず怒鳴りつけた。

信濃毎日は紙面では一流紙を気取っているが、一皮めくればこの有り様。唖然呆
然。こういう人間が書くから田中県政の実態が世間になかなか伝わらないのかな
ぁー、と一人合点。

説教しているときも大股おっぴろげてへらへら笑っていることが多かった。態度
が悪いと注意したのだが、「いつもこう」だというので「社長の前でもか?」と
聞くと一瞬間が空いた後、「そうだ」と虚勢を張るので、そうまで言われれば処
置なし。
あーいえば、こう言う、という感じで話がかみあわない。まるで田中康夫と話し
ているみたい。朱に交われば赤くなるというが、いつの間にか田中康夫に感化さ
れてしまったのか、生来のものかは不明。

田中県政の信毎記事についての批判をすると、
田中知事を支持している人たちがいるので、その人たちに反発されないように書
いているーみたいなことを言っていたが、そりゃまーそういうことも必要だろう
が、それにしても、やり過ぎたら媚びていることになる。

信毎本社に5回ぐらい電話してやっと会えた。ひどい態度の社員がいた。名前を
聞いても名乗らないのでキミと呼んだら、知らない人にキミ呼ばわりされる覚え
はないーと来た。黄色い幼い声の、おそらく新入社員だろう。
名乗らないのだから他に呼びようがないだろうーと言うと返事に詰まり電話を切
った、ように見せかけて受話器をそのまま放置した。向こうのざわめきが聞こえ
てくる。携帯電話だったら料金が跳ね上がる。それを狙っての対応か?やり方が
汚い上に慣れている。こんな会社が世間にあるだろうか。

そんなこんながあって、宮坂記者が私の前に姿を現したのは最初に電話して二時
間ほど経ってからだった。何度も電話したんだけどーと経緯を話すとケンカ腰だ
と言われた。どっちが?と思うのだが、泣く子と信毎には勝てず。信毎は天動説
ではないのか。

私としては、仁義を通したかっただけ。信毎が書いてくれたのは有難いことでも
ある。ひと言挨拶して貰えばすんだこと。それを居丈高になって知らぬぞんぜぬ
を押し通す。
私は信毎をけなしてはいるが、気持の底には信頼感があった。それがきれいに吹
き飛んだ。宮坂クンにも「そういう人だとは思わなかった、がっかりした」と言
ったが、「はぁー?」ととぼけられてチョン。言葉が届かない感じ。気持が通じ
ない人間だ。


なお、信毎パクリ記事をここに添付した。ネタ元は私なので信毎に著作権はない
と考える。文句があるなら掛かって来い!
_____________________________

県が職員の新聞購読調査 県職労「思想調査の恐れ」7月13日付け

 県が本庁と現地機関の各課で公費で定期購読している新聞、雑誌と、このうち
課の複数の職員が個人で定期購読している新聞、雑誌はどれかを調べていること
が12日分かった。県職員労働組合(高橋精一委員長)は同日までに「個人で購
読している新聞、雑誌を調べることは、思想信条調査につながる恐れもある」と
口頭で申し入れた。

 県経営戦略局が6月下旬に調査票を配布した。各課ごとに公費で購読している
新聞、雑誌とそれぞれの部数や年間購読料を調査。同時に、「複数の職員の個人
的購入の有無」を○×で記入する欄を設けている。これに答えるには課員が自宅
で購読している新聞、雑誌を調べなければならない。

 県職労は、職員から「思想信条調査につながるのではないか」との声が複数寄
せられたため、担当する経営戦略局の秘書広報チームに申し入れ、調査の目的や
強制かどうかをただした。

 秘書広報チームは「事務事業見直しの一環。新聞購読などは恒久的に見直しが
行われていないため行った」と説明。個人で購読している新聞、雑誌を調べるこ
とになる点については「思想信条調査ではない。任意であり、調査しなくても不
利益な扱いはしない」との見解を示した。

 調査票は現在回収中。秘書広報チームは取材に対し「集計結果をどのように事
務事業見直しに生かすかは決まっていない」としている。

田中知事、信大講演でNBS社長を牽制 「報道2001」出演に抗議の声殺到

 
田中知事、信大講演でNBS社長を牽制 「報道2001」出演に抗議の声殺到
続きを読む

百条・田中知事”疑惑”関連の問題文書2つ入手!!

                 ☆彡 近々公開予定 

 百条・田中知事”疑惑”関連の問題文書2つ入手!!


メルマガ購読登録してお待ちください。

http://tinyurl.com/7opem

【百条委員会情報】 意外とタイトなスケジュール

c8adde6b.JPG写真は自民党控え室内のスケジュール表

証人の日当はタダみたいなもの 改善の見込み

第一回の百条委はきょう、7月15日開催される。
議会側の予定はすでに書いたとおり既存のスケジュールが入っていて、かなりタイト。このあと空いているのは今月は27日、8月に入って、お盆前の8、9、10、11、12日となっている。県庁にお盆休みはなく、カレンダーどおり営業しているが、11、12日に開催するのは実際上ムリがある。となると8、9、10日のあたりで行われることになる。

きょうは百条委の運営方針などが話し合われる。4項目の内どれを誰が担当するのか、どの案件から調査するのか、などが話し合われる。

証人の日当に関して意外なことが分かった。
県の規定では、県が主催する各種委員会委員には一人一日最高13500円が謝金として支払われることになっているが、私はてっきりこれと同額程度のものが証人にも支払われるものと思っていたが、それはないというのだ。

これは、県が主催する委員会と、議会が主催する委員会では規定が違うため。
県主催の委員会委員の日当は、学識経験のあるもの、つまり大学教授クラスを念頭に置いてのもの。13500円という金額は最高の場合ということで、普通の人だともっと少ないこともある。意外と、セコイ。

百条委では「知っていることを来て話していただく」だけ、なのでほとんどタダということらしい。
しかし、今回大事なのはこの「知っていることを来て話していただく」こと。旅費は支払われることになっているが、日当がほとんどタダか、2〜3千円というのは常識的にいかがかということになる。

これまで行われた知事疑惑がらみの総務・警察委員会集中審議でも、何人かの証人が出席しているが、謝金に匹敵する金額の金銭は支払われていない。2〜3千円が支払われているだけ。

私は何人かの証人を議会側に提案している。その際、日当は支払われるのだろうか?と思って念のため議会事務局に問い合わせて分かった。
議員もこの実態をほとんど知らなかった。
「それでは証人もお願いしにくいだろう」と支払える方向で検討される。

百条委の実際の審議は、普通の委員会と違って、委員長、副委員長が各委員の意見を事前に取りまとめて、それに基づき証人に質問していくような形になる。15人(正副委員長を除き)いる議員が一人づつ質問していくと、それだけで大変な時間がかかる。質問の重複にもつながる。
小委員会方式は取らない方向。議会が他県も含めた、過去のいろいろな百条委について調べた結果、こういうことになるのではないかと思われる。

百条委、今週後半にも第一回開催か?

百条委、今週後半にも第一回開催か?

6月議会終了後の今週後半にも第一回目の百条委が開催される模様。
議会筋は、百条委設置を決めた以上、何もしない期間が長く続くのは好ましくないーと考えている。これはもっともなことで、設置したまま動きがないようでは、何のためにすったもんだしたのか?という批判を招きかねない。お盆前に何回か開かれる見込み。

議員は、夏はそれぞれいろんな予定が入っている。お盆などもあり、意外と忙しい時期でもある。
逆算すると、月に2〜3回のペースで開かれるのでは?といった見方がある。結構忙しいことになる。議会にとって、暑く長い夏になりそうだ。田中知事にとっては、寝苦しい夜が続くことになりそうだ。
田中知事はアトピー体質だが、体調が悪くなるとアトピーもひどくなる。アトピーは精神的なものもかなり影響する。

田中知事は意外と小度胸で、02年7月5日に不信任決議をされたときも顔面蒼白だった。
不信任決議の後の会見では、質問には上の空で頓珍漢な答えをしていた。いつもの多弁はなく、自分から早々と切り上げていた。
不信任時には議会側が一方的に悪者だったが、今回の百条委では田中知事側に問題点があることが広く理解されている。

Macky![マッキー]でメルマガ「田中県政追撃コラム」を登録していた方へのお知らせ

 Macky![マッキー]でメルマガ「田中県政追撃コラム」を登録していた方へのお知らせ。
7月から [RanSta] に移行することになっていましたが、うまく発行されていないようです。特に、フリーメールのアドレスで登録していると配信されないようです。

移行時期に、6月28日、7月1日と配信しています。7月8日号が配信されていれば問題ありませんが、これが届いていないようなら、
こちらからmelma! [メルマ] 新たに登録されることをお勧めします。

インターネット今昔

続きを読む

田中知事、ラジオで”大うその墓穴発言”元幹部のことを知らなかったーと

ミエミエの大うそドジ発言!心証真っ黒け

田中知事が隔週月曜日に準レギュラーで出演しているTBSのラジオ番組「アクセス」の7月4日放送分で百条委員会のことについて喋っているのだが、この中でとんでもない大うそのドジ発言をしている。
その音声が作家の大石英司氏のホームページに載っている。このページの一番上にある。「音声ファイル」をクリック。
http://www.ne.jp/asahi/eiji/home/main/bookmarks.htm

ここをクリックすると田中康夫がラジオでしたウソ発言が聞ける。

下に会話を文書化したものもある。

ここで、問題となっている下水道業者の田中知事後援会元幹部について奇妙なことを話している。

田中知事はこの元幹部が「自民党の県会議員の後援会員だった」ことを初めて公の場で認め、しかもそれをいままで知らなかったーと言っているのだ。
これはあまりに奇異なことだ。元幹部が「自民党の県会議員の後援会員だった」ことは関係者の間ではよく知られたことで、私もメルマガで何度か書いている。この県会議員とは石田治一郎議員のこと。
▼ 県庁内をかっ歩していた知事の”私設秘書” 05年01月28日号 
http://blog.melma.com/00060168/20050128  最下段
一般新聞でも書かれているはずのことではないのか。いまさら田中知事が知らないと言い出すのも奇妙過ぎる。

続きを読む

田中知事、本会議答弁でブログ引用、報道被害について語る


これは本日2本目の記事です。下の記事とも関連があります。下の記事もお読みください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

田中知事がブログについて長野県議会本会議の場で触れている。ブログというのは簡易型ホームページと訳されている。最近、インターネット上で大流行で、利用者はうなぎ登りだ。私も利用しているー、って分かってますよね。

触れたのは、団藤保晴さんという朝日新聞大阪本社の記者らしいひとがやっている「ブログ時評」
T記者名暴露:新時代象徴なら貧しすぎる [ブログ時評23]
http://dando.exblog.jp/2781311/  2005-05-22

北山早苗議員の「報道被害110番」を設けるつもりはないかーとの質問への答弁だった。
田中知事は同ブログにあった下記の部分を読み上げた。
「地方支局で駆け出し記者を始めたとき「たいていの取材対象者は人生でその一度きりしか新聞に出ない。あんたがどう書くかで、その人の人生が変わる」と言われたことがある。」


その映像はここの、1:32 あたりから。
7月4日(月)  一般質問・質疑等  北山 早苗議員(あお空)
http://www.pref.nagano.jp/gikai/tyousa/movie/library.htm

このあたりのことを信濃毎日新聞は下記の記事で伝えているのだが、ブログのことにはまったく触れていない。知事がブログについて触れ、その中の記事の一節を本会議の答弁の中で引用して読むーというのはそれ自体ニュースなのだが、信濃毎日はそこをネグっている。いったいどういうセンスしてるのかと思う。
「報道被害」の相談窓口設置 知事「検討すべきだ」
http://www.shinmai.co.jp/news/20050705/mm050705sha2022.htm

続きを読む

言葉のTPOを知らない馬鹿作家

「オストラシズム」という言葉をご存知だろうか?
聞き慣れない言葉なので辞書で引いてみたらこう書いてあった。
オストラシズム【ostracism】 大辞泉
紀元前五世紀、古代ギリシアで行われた僭主(せんしゆ)出現防止のための市民投票。僭主の可能性のある者の名を陶片(オストラコン)に書いて投票したためこの名がある。票が一定数に達すると、指名された者は一〇年間追放された。陶片追放。オストラキスモス。
まだ不分明な言葉があるのでさらに辞書を引いた。
せんしゅ 【僭主】
1 帝王の名を僭称する者。 大辞林
2 〔(ギリシヤ) tyrannos〕古代ギリシャの諸ポリスにみられた非合法的手段で支配者となった者。多く貴族出身で平民の不満を利用し、その支持を得て政権を掌握。
 
これは7月4日午前の本会議の、北山早苗議員の質問に対する田中知事の答弁の中で出てきた言葉だ。北山議員はいまや数少なくなった田中知事シンパ議員だ。新しい読者のために付け加えておくと、県議選に出るにあたって、それまで払っていなかった自治会費を慌てて払った人である。出馬会見のとき私が名刺を差し出すと「いいです」といってバックしていった人でもある。
この件の過去号
http://www.melma.com/mag/68/m00060168/a00000045.html
議会質問映像はここにある。1:40あたりから見るといい。
7月4日(月)  一般質問・質疑等  北山 早苗議員(あお空)
http://www.pref.nagano.jp/gikai/tyousa/movie/library.htm
続きを読む

【速報】百条委設置、議会本会議で正式に決まる

百条委、正式設置決まる!
 
【速報】
きょう行われた長野県議会本会議で、田中知事の後援会元幹部が県の事業に関係した問題などを調査する百条委員会の設置が先ほど正式に決まった。
 
 ── どこより速い追撃情報 ──
 
● 松葉前出納長が傍聴にー。
ところでこの日、傍聴席に松葉謙三前出納長の姿があった。
松葉氏は5月31日付けで退職し、6月17日には『偽オンブズマン』発言で、柳田清二議員を名誉毀損だと訴えていた。詳細は06月25日付けブログで。そういえばあの訴えはどうなったのだろう。
何をしに来ていたかは不明。いま話題の人物だけに傍聴席でも気づいたひとが何人かいた。
オンブズマンでもやりに来ていたのではーとある議員。議員のアラを探して、次なる訴えのネタ探しに来ていたのさーという声もある。

田中知事、議会中に一橋大学同窓会 講演45分間オーバーの大顰蹙

田中知事、またまた議会中に県外へ
   一橋大学同窓会に出席 講演45分間オーバーし、顰蹙
   とめられると、「私はかまわない」「官僚的な対応だ」
   県会議員は「あんなのいらないよね」と参加者に

☆ 百条委、議会側に秘策あり!

──────────────────────────────

当メルマガ 2004年08月31日号で
<議会そっちのけで女子大生パーティーに出席した田中知事> 
http://blog.goo.ne.jp/tuigeki/e/87eb09ab87587e13e13f0763d300f9d2
と報じたが、またまた、田中知事が議会開会中に県外に行っていたことが分かっ
た。

2月議会初日の2月16日夜、田中知事は東京で行われた一橋大学の同窓会
「平成卒業生の集い」に行っていた。
ここに、その時の模様が写真つきで載っている。
平成17年(2005年)2月16日水曜日 19:00〜
講師:田中康夫氏(昭和56法)
http://jfnsites.mercury.ne.jp/class/heisei/Heisei17-Feb/index.html

続きを読む
▼問題別に分類した記事をプルダウンで選択→表示できます
追撃コラム 記事検索
Twitter ツイッター
携帯&PC・追撃コラム無料購読登録
メルマガ登録・解除
 
   ブログの説明
最新トップ記事は最上部の「 追撃コラム&取材メモ」←タイトルをクリック
mail ⇒ a7k6i5-tuigeki@@yahoo.co.jp
【上のメールアドレスは@を一つにして送信してください】

▼ロッキード事件などの取材経験豊富な元記者による、かったるい話ヌキの独自情報発信ブログ。田中康夫関連ではマスコミを出し抜く情報で評判。改革偽装派の田中知事を引きずり降ろした陰の立役者、などと噂されている─らしい(笑)
田中康夫参議院当選後は、国政ネタから社会時評、マスコミ批判は好評。石原都知事、そのまんま東知事などタレント色の強い面白政治家も対象。

最初はメルマガとしてスタート。登録は上から。
ここに掲載される記事は、順次更新されることがある。メルマガで配信された時点で一応確定。

*「追撃コラム」に掲載されている記事の無断使用を禁じます。
見出しと、記事の要約5行程度は出典「追撃コラム」と明記しURLを記載すれば容認しています。
それ以上の利用は事前に承諾を得てください。

    © 発行人 奥秋昌夫
  追撃コラム購読料の
携帯アクセスQRコード
QRコード
PC版追撃コラム無料購読
メルマガ登録・解除
追撃コラム
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
  コ メ ン ト
  Track Backs
足利事件 (エディソンチャン 流失画像 まとめ)
足利事件─国全体のシステム機能不全
そんなことかなとは薄々感じていたが・・・ (WEBライター ルータンの2・0→3・0的生活)
地検特捜部事情聴取で県参事自殺
ブログランキング

人気blogランキング
BLOKING
アクセス
yahoo
  • ライブドアブログ