金正日総書記の誕生日に合わせて?
サンプロ、3月で終了 田中知事出演で問題も

サンデープロジェクト(テレビ朝日系)でおなじみの田原総一郎氏が今週北朝鮮に行った─という情報が永田町周辺で密かに流れている。
それによると、田原氏は14日のサンプロ生放送終了後、16日の金正日総書記の68歳の誕生日に合わせるかのように北朝鮮に行ったのだという。
この情報は1月下旬ごろから永田町周辺の一部の情報通の間でささやかれていた。元共同通信記者の青木理氏が田原氏に同行するようだ─という情報もある。青木氏は田原氏の番組にしばしば出演している。


なお、サンデープロジェクトは3月いっぱいで終了する─と高野孟氏がブログで書いている。
サンプロが終わって何が残るのか?
 2009年12月27日
http://g502m.tk

サンプロは、多くの有力政治家が出演し、田原氏の巧みな話術によって本音が引き出され、それによって政治が変わった─とまで言われたことがよくあった。

だが、その一方で田中康夫に関しては片寄った番組づくりをしていた。田中康夫には何度も出演させて言いたい放題言わせたが、反論は形だけのものしか放送されなかった。
多くの長野県政関係者や私が何度も抗議のメールや電話をしたが、まともに対応することは一度もなかった。

驚くことに、このようなこともしていた。

田中知事VS浜県議サンプロ出演 2002/7/14
スタジオ別々出演の真相
http://ai8ib.tk
前日の夜になって急遽、田中康夫が「一緒じゃいや」と駄々をこね、浜県議だけ別スタジオ出演


田原氏とサンプロの功績を否定はしないが、特に政権交代後、民主党の若い政治家と田原氏が同じ画面に出ていると違和感を感じる。あまりに年齢差がありすぎると、共通の認識に立って会話ができているのだろうか?と疑念を抱く場面がある。

田原氏は、自民党の古だぬきのような政治家相手に底意地の悪い質問をする時に力を発揮する。古い政治家をやっつけるのには向いているが、若い政治家とあすのビジョンを語るのは向いていないような気がする。

番組が終わるのは局や番組内の事情があるのだろうが、それとは別に田原氏がこの番組を仕切る時代は終わったのではないかと思う。政権交代したのだからテレビも大きく変わってほしい。いまのテレビのキャスター、コメンテーターは自民党時代に自民党の顔色を見ながら決められたものが大半なので見なおした方がいいのではないか。今あまりテレビに出ていない人の中に新時代に適した人がいるのではないだろうか。

以前この番組によく出ていた大前研一氏は自分が出なくなった理由をネット上の動画で語っている。これを見るとこのサンプロの裏の部分がよくわかる。

大前研一 サンプロに出なくなった理由を動画で語る。
http://1ah7p.tk
「銀行が百ぐらいつぶれる」
「真実を封印する、ショー化するテレビ。裏でシナリオを作り、その通りにやってくれる人を求める」

拍手をクリックすると簡単にメッセージ(非公開)ができます。拍手だけでもOKです。